2019年03月27日

iPS細胞(既存薬でALSの進行抑制)

iPS細胞を使った研究で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の進行を抑制する既存薬が発見されたそうです。慢性骨髄性白血病の治療薬として使われている「ボスチニブ」という薬だそうです。今月18日から治療薬として国からの承認を受けるための臨床試験が始められたそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190326/k10011862051000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003
http://www.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASM3V3S6PM3VPLBJ001.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190327-OYTET50011/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

去年10月にも、iPS細胞を使った研究で、パーキンソン病の既存薬が治療効果があるとの記事を紹介しました。iPS細胞が創薬に活用されていますね。

http://kumw-me.seesaa.net/article/462189449.html

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%60%82k%82r

iPS細胞+ALS:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E+%82%60%82k%82r

posted by スタッフ at 08:12| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする