2019年03月27日

血中カルシウム濃度と認知症の関係

血中のカルシウム濃度が低いと、軽度認知障害(MCI)からアルツハイマー病へ進みやすいとの研究結果が発表されたそうです。詳しい理由ははっきりしていないようですが、ビタミンDの欠乏の可能性が考えられるそうです。認知症予防に効果があると言われる適切な食事や運動は、カルシウム濃度を高める働きもあるそうですので、こうした研究の進展が期待されます。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190326-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

カルシウム:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83J%83%8B%83V%83E%83%80

認知症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%92m%8F%C7

アルツハイマー:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83c%83n%83C%83%7D%81%5B

posted by スタッフ at 08:19| 岡山 | 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする