2019年04月29日

東日本大震災の原因

2011年に起きた東日本大震災が、地震発生時のプレート(岩板)同士の摩擦によって、500℃以上の熱が生じて、断層内部の水が膨張し、その結果、隙間を押し広げる力が働いて、断層が浮く状態になり、境界の断層が滑りやすくなったそうです。この原因解明によって、今後発生すると言われている南海トラフ地震などでも、断層の性質を調べれば、津波の規模や地震の特徴の予測などを可能にし、減災への貢献が期待されると見られているようです。

https://mainichi.jp/articles/20190429/k00/00m/040/136000c
https://mainichi.jp/

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44350350Z20C19A4CR8000?n_cid=TPRN0011&s=0
https://www.nikkei.com/

東日本大震災:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%8C%93%FA%96%7B%91%E5%90k%8D%D0

地震:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92n%90k

津波:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%C3%94g

posted by スタッフ at 23:48| 岡山 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする