2019年04月30日

アルツハイマー病(ポリフェノールで抑制効果)

ポリフェノールの一種のタキシフォリンに、アルツハイマー病の患者の脳内のアミロイドβの蓄積抑制や炎症を抑える効果があり、認知機能も維持されることがマウスの実験で明らかになったそうです。ただし、毎日、大量投与という条件下での結果のようです。今後、人での効果が出るかどうか検討されていくようです。

https://www.asahi.com/articles/ASM4V6F9KM4VPLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

アルツハイマー:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83c%83n%83C%83%7D%81%5B

ポリフェノール:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%7C%83%8A%83t%83F%83m%81%5B%83%8B

炎症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%8A%8F%C7

認知機能:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%94F%92m%8B%40%94%5C

posted by スタッフ at 05:58| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする