2019年04月30日

インフルエンザ(ウイルス研究用の細胞を開発)

また、インフルエンザの感染が広がっていますが、インフルエンザのウイルスを、あまり変異が起こらないようにしながら、効率良く増やせる研究用の細胞が新たに開発されたそうです。イヌの腎臓の細胞に、ヒトのインフルエンザに感染しやすくする遺伝子を入れて作製した、「hCK細胞」という細胞だそうです。これにA香港型のインフルエンザウイルスを感染させても、変異がほとんど生じず、これまでよりも効率的に増殖できたそうです。これによって、効果的なワクチンの生産などに繋げられると期待されるそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011900951000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
http://www.nhk.or.jp/

インフルエンザ:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83C%83%93%83t%83%8B%83G%83%93%83U

posted by スタッフ at 06:07| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする