2019年06月29日

ゲノム編集食品(販売前の届け出の義務化)

先週、「ゲノム編集食品」について、表示の義務化は困難という内閣府・消費者委員会が、認識を示したとの記事を紹介しましたが、国(厚労省)は開発者に対し、遺伝子をどのように改変したかなどの情報を、販売前に届け出させることを求め、その情報(開発者の名前や品目など)をホームページで公表するそうです。従わない開発者は、場合によっては、そうした事実を開発者の情報とともに公表する方針を決めたそうです。厚労省は、1ヶ月の間、パブリックコメントを実施した上で決定し、関係団体に通知する予定だそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011971721000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008
https://www3.nhk.or.jp/

https://mainichi.jp/articles/20190630/ddm/013/040/012000c
https://mainichi.jp/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190702/k10011979451000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004
https://www3.nhk.or.jp/

http://kumw-me.seesaa.net/article/467335483.html

ゲノム編集:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW

posted by スタッフ at 08:45| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする