2019年07月31日

トミー・ジョン手術(4割が高校生以下)

プロ野球選手が、肘を痛めた時に行われる「トミー・ジョン手術」を聞いたことがあると思いますが、この手術を行うある医療機関によると、手術を受けた人の約4割が高校生以下の子どもだそうです。野球指導者の意識改革をして、防止していくことの重要性を訴えています。投球数制限についての議論も活発にされていますが、先日も夏の高校野球の岩手県予選で、佐々木朗希選手を決勝戦で起用しなかったことについての議論もありましたね。怪我をしないようにすることが大切で、アメリカでは18歳以下のアマチュア投手のけが防止のためのガイドライン「ピッチ・スマート」があるそうです。これから、日本でもこうした対応がされてくると思われます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190731/k10012014821000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_016
https://www3.nhk.or.jp/

posted by スタッフ at 08:29| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする