2019年08月17日

誤嚥性肺炎(食べ方との関係)

よく噛まないで食べる習慣のある高齢者は、肺炎になるリスクが高いことが明らかになったそうです。この調査結果によって、誤嚥性肺炎の予防には、嚥下機能の低下だけでなく、その前の咀嚼の仕方とも関係があることがわかったということです。

https://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20190817102.htm
https://www.hokkoku.co.jp/

誤嚥性肺炎:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8C%EB%9A%8B%90%AB%94x%89%8A

posted by スタッフ at 08:33| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする