2019年08月20日

腎不全前の腎臓保護の仕組みを解明

重井医学研究所の研究グループによるマウスの実験で、腎不全の発症前の初期段階で、細胞増殖を抑制する「p21」というタンパク質を増やすことで、ダメージを受けた細胞の増殖を抑制して、組織を保護する機能が、腎臓に備わっていることを明らかにしたそうです。

https://www.sanyonews.jp/article/930220/
https://www.sanyonews.jp/

http://medica.sanyonews.jp/article/11488
http://medica.sanyonews.jp/

附属病院では、本学科の学生達の臨床実習でもお世話になっています。

腎不全:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90t%95s%91S

posted by スタッフ at 11:05| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする