2019年08月23日

医療費削減のための提言(一部の花粉症を公的医療保険対象外に)

健康保険組合連合会が、医療費の抑制のための政策提言をまとめ、その中で医療機関を受診して処方される花粉症薬のうち、同じような効果の市販薬で代わりができる薬については、公的医療保険の対象外とするように求めているそうです。もし、認められると年間約600億円の削減に繋がるそうです。もちろん、服用する人たちの自己負担は増えることになります。その他にも生活習慣病の薬も、ジェネリック医薬品を優先的に処方すれば、3000億円以上も削減できるとの試算も示されているそうです。

https://mainichi.jp/articles/20190823/k00/00m/040/113000c
https://mainichi.jp/

https://mainichi.jp/articles/20190824/ddm/012/040/066000c
https://mainichi.jp/

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019082200648&g=eco
https://www.jiji.com/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190823/k10012046141000.html?utm_int=news_contents_netnewsup_001
https://www3.nhk.or.jp/

こうした動きに対して、反対意見も出ています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190828/k10012053731000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001
https://www3.nhk.or.jp/

医療費+削減:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E3%97%C3%94%EF+%8D%ED%8C%B8

花粉症+薬:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%89%D4%95%B2%8F%C7+%96%F2

posted by スタッフ at 14:43| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする