2019年08月31日

国民生活に関する世論調査

内閣府の「国民生活に関する世論調査」の結果が発表され、政府が力を入れるべきこととして、「医療・年金等の社会保障の整備」が7年連続1位の66・7%で、選挙前に話題になりました年金への関心の高まりが窺える結果となっているようです。そして、これからの生活で力を入れたいこととして、「健康」が66・5%で最多だったそうです。やはり健康維持や健康寿命の延伸などに関心が集まっているようです。

https://www.asahi.com/articles/ASM8Z3VLXM8ZUTFK008.html
https://www.asahi.com/

https://mainichi.jp/articles/20190830/k00/00m/040/202000c
https://mainichi.jp/

https://www.sankei.com/life/news/190830/lif1908300024-n1.html
https://www.sankei.com/

https://survey.gov-online.go.jp/h30/h30-life/index.html

posted by スタッフ at 08:27| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする