2019年09月06日

喘息治療薬で抗がん剤の副作用を軽減

九州大学の研究グループによると、抗がん剤(ドキソルビシン、シスプラチン)の副作用の一つである筋肉の萎縮に対して、喘息の治療薬(イブジラスト)が軽減効果を持つことが、マウスの実験でわかったそうです。今後、臨床試験を経て、5〜10年ほどでの実用化を目指すそうです。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/540744/
https://www.nishinippon.co.jp/

抗がん剤:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8DR%82%AA%82%F1%8D%DC

喘息+薬:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%9Ab%91%A7+%96%F2

ドラッグリポジショニング:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83h%83%89%83b%83O%83%8A%83%7C%83W%83V%83%87%83j%83%93%83O

posted by スタッフ at 07:49| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする