2019年09月07日

運転をやめた後の要介護リスク

敬老の日が近づいてきました。最近、高齢者による運転ミスによる事故が問題となっていますが、運転をやめると、活動量が減って健康度が下がり、(運転を続けた人に比べて)要介護になる可能性が、約2倍高くなるという結果が出たそうです。ただし、運転をやめても、電車やバスなどの公共交通機関や自転車を使っていた人では、家族による送迎などを利用していた人よりはリスクが低かったそうです。高齢者の運転免許返納のお話もよく耳にしますが、その後の移動手段や日々の活動量にまで目を向けた対応も大切なようです。

https://www.asahi.com/articles/ASM936VTLM93ULZU016.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

高齢者+運転:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8D%82%97%EE%8E%D2+%89%5E%93%5D

posted by スタッフ at 08:36| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする