2019年10月08日

産婦人科・産科が過去最少を更新

厚労省によると、全国の産婦人科や産科のある一般病院が1307施設となり、過去最少を更新したそうです。小児科のある一般病院も2567施設となり、25年連続減だそうです。「出生数が減少する一方、一般病院の統廃合などで大病院に診療科が集約化していることが背景にあるのではないか」と見られているようです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50219780W9A920C1000000/
https://www.nikkei.com/

https://mainichi.jp/articles/20191007/ddm/013/040/020000c
https://mainichi.jp/

posted by スタッフ at 07:57| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする