2019年10月18日

ゾフルーザ(12歳未満への投与を慎重に検討)

抗インフルエンザ薬の「ゾフルーザ」について、耐性ウイルスが相次いで出現したとの記事を3月に紹介しましたが、この問題に対して、日本感染症学会が、12歳未満に投与するのを慎重に検討すべきだとする提言をまとめたそうです。12歳以上と成人については、データが不足していて、推奨か非推奨か決められないそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASMBK3402MBKUBQU001.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191017/k10012135391000.html
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51067390X11C19A0000000/
https://www.nikkei.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191017-OYTET50015/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

ゾフルーザ:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%5D%83t%83%8B%81%5B%83U

抗インフルエンザ薬:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8DR%83C%83%93%83t%83%8B%83G%83%93%83U%96%F2

posted by スタッフ at 08:09| 岡山 ☔| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする