2019年10月28日

免疫細胞の暴走を抑制する物質

自己免疫性疾患やアレルギーを引き起こす免疫細胞は、体内でその働きが暴走することによるとされていますが、こうした免疫細胞を「制御性T細胞(Tレグ)」に変化させて、これらの病気の発症を抑制する治療薬の候補物質(A2863619)が発見されたそうです。

https://www.asahi.com/articles/ASMBR5SLRMBRPLBJ00C.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191028-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

制御性T細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%A7%8C%E4%90%AB%82s%8D%D7%96E

免疫細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%96%C6%89u%8D%D7%96E

自己免疫疾患:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%8E%A9%8C%C8%96%C6%89u%8E%BE%8A%B3

アレルギー:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8C%83%8B%83M%81%5B

posted by スタッフ at 09:11| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする