2019年10月30日

てんかん発作の仕組み

てんかん発作についての研究で、発作に伴って生じる脳内(てんかん原性域)の温度上昇で、体温調節に関係しているタンパク質(TRPV4)が異常に活性化して、症状を悪化させる仕組みが判明したそうです。冷却装置やTRPV4阻害薬などの治療法がこれから開発されていくと期待されます。

https://mainichi.jp/articles/20191030/k00/00m/040/016000c
https://mainichi.jp/

https://www.jomo-news.co.jp/news/gunma/society/169906
https://www.jomo-news.co.jp/

https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2019102901002490.html
https://www.tokyo-np.co.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASMBY5GJLMBYUHNB00D.html?iref=com_api_med_mednewstop
https://www.asahi.com/

てんかん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%C4%82%F1%82%A9%82%F1

posted by スタッフ at 07:58| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする