2019年11月29日

Bウイルス病(鹿児島の研究施設で国内初)

鹿児島市内の医薬品研究開発会社の施設で、人とサルとの直接接触が原因される「Bウイルス病」を社員1名が発症したそうです。ただし、この社員はサルとの直接接触の機会はなかったそうで、原因はまだはっきりしていないようです。厚労省によると、国内での人への感染確認は初めてだそうで、世界でも50例ほどしか確認されていないそうです。

https://www.yomiuri.co.jp/national/20191128-OYT1T50272/
https://www.yomiuri.co.jp/

https://www.sankei.com/life/news/191128/lif1911280031-n1.html
https://www.sankei.com/

https://www.asahi.com/articles/ASMCX5DP4MCXTLTB00J.html
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191129-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

posted by スタッフ at 08:11| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする