2019年11月30日

統合失調症と双極性障害の共通する特徴

統合失調症については、先週、原因遺伝子と発症の仕組みが解明されたとの記事を紹介しましたが、約3千人の「拡散強調MRI」による脳検査の結果、統合失調症と双極性障害(躁鬱病)と診断された人に共通する特徴(脳内の情報伝達の効率指標の低下など)が見つかったそうです。客観的な診断基準や治療法の開発に繋がる可能性があるようです。

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191129-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://www.yomiuri.co.jp/science/20191129-OYT1T50134/
https://www.yomiuri.co.jp/

https://www.amed.go.jp/news/release_20191129.html

統合失調症:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%93%9D%8D%87%8E%B8%92%B2%8F%C7

精神+疾患:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90%B8%90_+%8E%BE%8A%B3

MRI:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82l%82q%82h

posted by スタッフ at 10:38| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする