2019年12月05日

ゲノム編集(規制の在り方を検討)

ゲノム編集の技術を使ったヒトの受精卵から、子どもを誕生させる行為の規制について、厚労省の専門家会議が開かれ、法的な規制が必要という意見が大勢を占めたそうです。現在は、指針で研究行為が禁止されているものの、罰則はない状況にあります。今後、具体的な規制の在り方を検討していくそうです。なお、ゲノム編集だけでなく、遺伝子組み換えなど受精卵の遺伝子を制御する全ての技術について規制の対象としていくようです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191205/k10012202351000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASMCF03LCMCDULBJ01G.html?iref=com_api_med_medicalnewstop
https://www.asahi.com/

https://www.asahi.com/articles/ASMD47FB4MD4ULBJ00M.html?iref=com_api_med_medicalnewstop
https://www.asahi.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191205-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

ゲノム編集:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW

遺伝子組み換え:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E2%93%60%8Eq%91g%82%DD%8A%B7%82%A6

posted by スタッフ at 07:56| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする