2019年12月13日

翌年流行するインフルエンザウイルス株の予測法

「ダイレクトPCA」によるDNA配列の関係性から、翌年流行するインフルエンザウイルス株の予測を、より正確に行う方法が確立されたとの記事が出ていました。

https://www.sankei.com/life/news/191212/lif1912120034-n1.html
https://www.sankei.com/l

インフルエンザ:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83C%83%93%83t%83%8B%83G%83%93%83U

posted by スタッフ at 08:27| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする