2019年12月13日

民間クリニックの遺伝子治療の法規制

遺伝子を直接体内に入れる治療法について、科学的な根拠が確立していないまま自由診療として実施されており、安全性や倫理面に課題があるとして、厚労省が法規制に向けた作業を進めることにしたそうです。今年に入って、足の血流が悪化する病気の遺伝子治療薬が承認され、保険適用になっているそうです。また、ゲノム編集を応用する場合についても、国への届け出を行った上、国の審議会での了承を要件とする厳格な規制を行うべきだとする考え方も合わせて取り纏められたそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191211/k10012211501000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_013
https://www3.nhk.or.jp/

遺伝子治療:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E2%93%60%8Eq%8E%A1%97%C3

ゲノム編集:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%D2%8FW

posted by スタッフ at 08:35| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする