2019年12月19日

大腸がんのリスクを下げる遺伝子変異を発見

大腸がんの発症リスクを低くする遺伝子変異(NFKBIZ遺伝子)を潰瘍性大腸炎の患者から見つけたそうです。大腸がんの治療薬の開発に繋がる可能性があるそうです。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/102339
https://www.kyoto-np.co.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASMDM5FX2MDKPLBJ009.html?iref=com_api_med_medicalnewstop
https://www.asahi.com/

大腸がん:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%91%E5%92%B0%82%AA%82%F1

潰瘍性大腸炎:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%92%D7%E1%87%90%AB%91%E5%92%B0%89%8A

posted by スタッフ at 08:39| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする