2020年01月30日

iPS細胞(NKT細胞でがん治療)

理化学研究所と千葉大学の研究グループが開発を進めているiPS細胞から作製した免疫細胞(NKT細胞)を使った、がん細胞を攻撃する治療法の治験の計画が、千葉大学の審査委員会に提出されたそうです。委員会の了承後、PMDA(医薬品医療機器総合機構)による内容の調査があり、順調に了承されると、この夏頃には移植が始まるそうです。対象は、頭頸部がんの患者で、3人に対して、数千万個ずつ移植して、2年間かけて安全性や効果を確認するそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012264661000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_020
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.sankei.com/life/news/200130/lif2001300029-n1.html
https://www.sankei.com/

https://www.asahi.com/articles/ASM5S5V93M5SULBJ01D.html
https://www.asahi.com/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 13:22| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする