2020年02月05日

iPS細胞(移植後のパーキンソン病3人の経過順調)

iPS細胞から作製した神経細胞を移植する臨床試験が、京都大学で進んでいますが、これまでに移植を受けた3人の患者は、目立った副作用は見られず、順調な経過を辿っているそうです。来年度にはさらに4人の患者に移植する予定で、保険適用のための国の承認を目指しているそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200205/k10012272871000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008
https://www3.nhk.or.jp/

iPS細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%89%82o%82r%8D%D7%96E

パーキンソン病:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83p%81%5B%83L%83%93%83%5C%83%93%95a

posted by スタッフ at 08:27| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする