2020年02月06日

38種類のがんの遺伝情報を解析

国際研究グループが、約2800人の患者から採取された38種類のがんについて、スーパーコンピューターを使って、すべての遺伝情報を解析し、4600万超の遺伝子に変異などを見つけたそうです。データを活用して、発生の仕組みや治療法の開発が進むものと期待されているようです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200206/k10012274301000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASN256DZFN25ULBJ00K.html?iref=com_apitop
https://www.asahi.com/

https://mainichi.jp/articles/20200206/ddm/012/040/082000c
https://mainichi.jp/

https://mainichi.jp/articles/20200205/k00/00m/040/359000c
https://mainichi.jp/

がん+変異:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1+%95%CF%88%D9

がん+スーパーコンピューター:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1+%83X%81%5B%83p%81%5B%83R%83%93%83s%83%85%81%5B%83%5E%81%5B

posted by スタッフ at 08:00| 岡山 ☀| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする