2020年02月13日

岡山県内でもマスク不足

新型コロナウイルスの感染のニュースが相次ぎ、県内のドラッグストアなどでも品薄や在庫切れの状況が続いていますね。マスク以外の予防法の励行とともに、数に余裕のある人たちが可能なら融通するようにでもして、凌いでいくしかなさそうです。

https://www.sanyonews.jp/article/984189/
https://www.sanyonews.jp/

こうした状況への対応も出てきているようです。医療用マスクは、普段は1ヶ月あたり全国で約1億枚の需要があるそうですが、大半が中国からの輸入だそうで、現在は中国での生産が停滞している状況のようです。厚労省によると、医療機関で医療用マスクが不足した際に都道府県から供給する備蓄分が全くないというところもあることが分かり、都道府県に対し、十分な備蓄を確保するよう求める通知を出したそうです。また、政府は、(国内の生産工場と思われますが)24時間生産など態勢を強化することで、一般用のマスクなども、例年以上の枚数となる毎週1億枚以上を供給できる見通しになっているそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200213/k10012283081000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
https://www3.nhk.or.jp/

新型コロナウイルス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90V%8C%5E%83R%83%8D%83i%83E%83C%83%8B%83X

posted by スタッフ at 08:36| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする