2020年03月18日

新型コロナウイルス(エアロゾル状態で3時間以上も生存)

アメリカのNIH(国立衛生研究所)やCDC(疾病対策センター)などの研究グループが、新型コロナウイルスについて、5マイクロメートル以下のエアロゾル状態で3時間以上生存できるとする論文を発表したそうです。そのため、エアロゾルが発生しやすい医療現場で働く人などに対し、専用のマスクを着用するなどしたうえで、新型コロナウイルスの感染者に対応するようガイドラインに明記するなど、厳重な対策を求めているそうです。

また、プラスチックや金属、紙などの表面でのウイルスの生存期間も調べた結果、銅の表面では4時間、ボール紙の表面では24時間経つと生存しているウイルスは検出できなかったそうですが、ステンレスでは48時間、プラスチックの表面では72時間にわたり、ウイルスが大幅に減少しながらも生存することが確認されたそうです。

このように、様々な感染の可能性があるので、それぞれに対して、注意が必要になるということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200318/k10012337251000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
https://www3.nhk.or.jp/

https://mainichi.jp/articles/20200319/k00/00m/040/100000c
https://mainichi.jp/

http://kumw-me.seesaa.net/article/473659733.html

新型コロナウイルス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90V%8C%5E%83R%83%8D%83i%83E%83C%83%8B%83X

基本的な予防対策:
https://www.yomiuri.co.jp/topics/20200129-OYT8T50025/
https://www.yomiuri.co.jp/

posted by スタッフ at 10:38| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする