2020年04月18日

新型コロナウイルス(PCR検査体制の改善取り組み)

新型コロナウイルスのPCR検査について、東京都内の厳しい状況についての記事が出ていました。検査が必要と判断されてから、長い場合には4、5日程度、最長では1週間を要しているそうです。感染対策として要になる検査が、なかなか受けられない厳しい状況にあるようです。各地域での対応の様子も紹介されています。

〈PCR検査の現在のしくみ〉
1)ウイルスに感染したかもしれない人は、「帰国者・接触者相談センター」に自分で連絡、あるいはかかりつけ医などから連絡してもらう。
2)「相談センター」で必要と判断されたら、(一般公開されていない)「帰国者・接触者外来」(全国で1136か所)を受診して検体を採取
3)検体は、自治体の研究所や民間の検査会社などに送られ、PCR検査を実施

ただし、感染の拡大に体制が追いつかず、かかりつけ医や患者が「検査を受けさせてほしい」と「相談センター」に依頼しても検査までたどりつけないケースが出てきているそうです。

〈厚労省が促す新スキーム〉
検査体制を強化しようと、現在の「帰国者・接触者外来」に加えて、新たな専門外来「地域外来・検査センター」を設置する枠組みを示しているそうです。これまでと異なり、かかりつけ医が必要と判断したら、「相談センター」を介せずに、PCR検査が受けられるようになるそうです。すでに、東京都では「PCRセンター」を都内47カ所に設置する方向で検討されているそうです。その他、先進的な取り組みも進められているところがあるようです。「医療提供新宿モデル」というシステムが紹介されています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200417/k10012393541000.html?utm_int=news_contents_news-main_004
https://www3.nhk.or.jp/

新型コロナウイルス:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%90V%8C%5E%83R%83%8D%83i%83E%83C%83%8B%83X

基本的な予防対策:
https://www.yomiuri.co.jp/topics/20200129-OYT8T50025/
https://www.yomiuri.co.jp/

posted by スタッフ at 08:32| 岡山 🌁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする