2020年05月21日

ES細胞(新生児に肝細胞を世界初の移植)

国立成育医療研究センターで、ES細胞から作製した肝細胞(約1億9000万個)を難病「尿素サイクル異常症」の生後6日の新生児に移植(肝臓の血管内に注射)、治療に成功したそうです。肝臓への移植は世界初だそうです。血中アンモニア濃度は平常値になり、9週間後に退院できたそうです。その後、父親から肝臓移植を受けて、順調に成長しているそうです。つまり、生体肝移植までのbridge useとしての応用ですね。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200521/k10012438171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_028
https://www3.nhk.or.jp/

https://www.asahi.com/articles/ASN5N6HSXN5MULBJ011.html
https://www.asahi.com/

https://www.news24.jp/nnn/news890222304.html
https://www.news24.jp/

https://www.sankei.com/life/news/200521/lif2005210008-n1.html
https://www.sankei.com/

https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200521-OYTEW519295/?catname=news-kaisetsu_news
https://yomidr.yomiuri.co.jp/

https://www.ncchd.go.jp/press/2020/pr_20200521.html

ES細胞:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82dS%8D%D7%96E

posted by スタッフ at 08:24| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする