2020年06月24日

処方箋の電子化でオンラインでやり取り可能に

厚労省が、3年後の令和5年度に運用開始の予定にしている薬の処方箋を電子化して医療機関と薬局がオンラインでやり取り可能にするシステムについて、前倒しして再来年(令和4年)の夏からの運用を目指すことにしたそうです。今回の新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、医療分野のデジタル化を加速させる必要があると認識しているようです。これに合わせて、患者や医療機関が、医療費や薬に関する情報をオンラインで確認できるシステムについて、手術や透析などの履歴も対象にするそうで、今後、マイナンバーカードを使ってスマホなどで閲覧できるようになる見通しだそうです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200624/k10012481481000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004
https://www3.nhk.or.jp/

医療+オンライン:
http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E3%97%C3+%83I%83%93%83%89%83C%83%93

posted by スタッフ at 15:07| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする