2020年06月24日

狂犬病(予防注射接種率が約7割)

狂犬病の予防注射は、年1回の実施が義務付けられていますが、厚労省によると、接種率が犬の登録総数の約7割に留まっているそうです(平成5年度頃には99%以上だったそうです)。行政に飼い犬として届け出ていない未登録犬を含めると、実質4割程度との見方もあるそうです。発症後の致死率がほぼ100%ですが、国内では撲滅したとされているそうで、危機意識が薄いようです。今月13日に愛知県豊橋市の病院で、外国籍の男性が狂犬病のため亡くなりました。昨年9月頃にフィリピンで左足首を噛まれた時に感染した可能性があったそうです。今年は、新型コロナウイルスの影響もあり、接種の延期や中止が相次いだそうです。

https://www.sankei.com/life/news/200624/lif2006240013-n1.html
https://www.sankei.com/

犬の登録と狂犬病予防注射(倉敷市):
https://www.city.kurashiki.okayama.jp/3367.htm

posted by スタッフ at 18:29| 岡山 ☁| 医療系・技術系ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする