2019年08月10日

博士号取得者が減少傾向

主要7カ国の博士号取得者数についての記事が出ていました。2016年度、人口100万人当たり118人で、日本だけが減少傾向が続いているそうです。これも日本の研究力の低下の一因になっているものと指摘されているそうです。海外では、博士号取得前から給料をもらいながら研究するシステムや奨学金制度などが充実していますが、日本ではそうした取り組みが少ないことも影響していると見られているようです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190809/k10012029831000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_010
https://www3.nhk.or.jp/

https://mainichi.jp/articles/20190809/k00/00m/040/146000c
https://mainichi.jp/

本学でも、社会人に対応した制度を設けていて、働きながら修士課程と博士後期課程で学べるようにしています。

posted by スタッフ at 08:42| 岡山 🌁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

大学院学位記授与式

本日、大学院学位記授与式が行われました。臨床工学専攻からも1名が授与されました。

修士課程:
 佐々木慎理氏
 修士論文題目:「体外式膜型人工肺(ECMO)における遠心ポンプ入口圧推算法の考案とその有用性の検討」

臨床工学技士としての臨床業務と並行しての社会人大学院でしたので、時間的にも体力的にも大変だったと思いますが、立派な論文をまとめ上げ、学会発表も行い、無事に修了されました。誠におめでとうございました。

なお、本研究の一部は、第8回中四国臨床工学会(2018年9月29日、徳島市)で発表し、Best Presentation Award(一般演題)の「奨励賞」を受賞しました。それに対し、本学の声望を高めたとして、本年度創設された本学の「学修賞」が授与され、本日、表彰されました。

posted by スタッフ at 11:29| 岡山 ☀| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

専攻交流会

今夜、大学院専攻交流会があり、4名から研究紹介のショートプレゼンテーションがありました。プレゼンの後は、軽食を取りながらの歓談の時間でした。普段は交流することのない専攻の院生の研究内容を知ることは、また新しい発想や刺激のチャンスでもありました。大学院に興味を持たれている皆さん、一緒に研究しましょう。

posted by スタッフ at 22:10| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

大学院(論文発表)

本学科には、大学院(修士課程、博士後期課程)があります。年末に大学院生の研究で論文を発表しました。

Makoto Ando, Tomota Suminaka, Noriaki Shimada, Kenichiro Asano, Jun-ichi Ono, Kazuaki Jikuya, Seiichi Mochizuki, "Body water balance in hemodialysis patients reflects nutritional, circulatory, and body fluid status," J Biorheol (2018) 32(2):46–55.

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jbr/32/2/32_46/_pdf/-char/en

今週、別の大学院生の修士論文の審査も行われます。

臨床現場で課題になっていて解決したいこと、医療技術に関係したアイデアがあるけど研究テーマにならないかと思っていることなど、テーマは様々ですが、是非、一緒に研究してみましょう。

posted by スタッフ at 09:49| 岡山 ☀| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月14日

大学院学位記授与式

本日、大学院の学位記授与式がありました。最近は、社会人の大学院が増えました。社会人の皆さんが、受講しやすいように、長期履修制度や一部、夕方以降の講義などの対応をしています。研究に興味のある皆さんの入学をお待ちしています。

posted by スタッフ at 17:30| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

大学院入試2期

本学科の大学院課程:臨床工学専攻では、高度な専門知識を有する臨床工学の専門職業人と教育者、研究者の育成を行っています。次の大学院入試日は、来年2月28日(水)です。社会人の皆さんでも、科目によっては、夕方以降、土曜日などでの対応が可能な場合がありますし、長期履修制度を設けています。もちろん、仕事との両立は大変ですが、その分得るものは多いと思います。興味のある皆さんは、詳細についてのお話など対応しますので、ご連絡ください。

https://w.kawasaki-m.ac.jp/exam/

posted by スタッフ at 09:21| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

大学院入学式

本日、大学院入学式がありました。学部からの進学の方だけでなく、社会人の方なども多く熱気を感じました。本学科の学部生の皆さんの中からも、大学院でもっと研究に没頭して学会発表や論文発表をする、またいずれは臨床工学技士を目指す学生を指導する立場に着くという人たちも出てきて欲しいと思います。

posted by スタッフ at 11:24| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月07日

専攻交流会

今日は、大学院の専攻交流会がありました。今回から全専攻を対象とした交流会で、他の研究科の大学院生の皆さんの発表は、普段の研究分野と全く異なっていましたが、その分新鮮で大変興味深いものでした。こうした形で勉強をさせてもらえるのも、本学の特徴です。

posted by スタッフ at 20:06| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

大学院入試、編入学試験

本日は、大学院入試1期と編入学試験があります。本学科にも大学院修士課程、博士後期課程があります。社会人の方も仕事と両立できるように対応していますので、研究に関心のある方は検討してみてください。2期入試は来年2月28日(火)です。

posted by スタッフ at 06:36| 岡山 ☀| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月26日

大学院中間研究発表会

本夕、大学院臨床工学専攻(修士課程)の中間研究発表会がありました。皆さん、しっかり準備して発表に臨んでいました。先生方からたくさんのコメントや質問事項がありましたので、今後の研究や修士論文の中に反映してください。お疲れ様でした。

posted by スタッフ at 19:23| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

大学院中間発表会

大学院生の中間発表会がありました。それぞれ1年目ですので、まさに研究の途中経過の発表でしたが、今後が期待される内容でした。皆さん頑張ってください。

●定本 紀代美(修士課程1年)
機械的刺激の負荷による細胞核構造変化メカニズムの解明

●小川 麻衣(修士課程1年)
細胞核−アクチンフィラメント結合の細胞形態形成における役割

●吉田 圭介(博士後期課程1年)
在宅血液浄化療法の普及に関する研究
―治療スケジュールによる透析効果への影響の検討およびシングルニードル透析の在宅血液浄化法への導入の検討―

posted by スタッフ at 20:00| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月07日

入学式

今日は大学院の入学式がありました。修士課程に2名、博士後期課程に1名が入学されました。2年、3年と短いですが、密度の濃い時間となると思います。素晴らしい学位論文が出来るよう頑張ってください。

posted by スタッフ at 10:25| 岡山 | 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

修士論文発表会

昨日、大学院修士課程(2期生)の論文発表会がありました。2年間の研究の成果が発表され、大変活発な質疑応答が行われました。皆様、ご苦労様でした。

・吉田圭介さん
 論文題目「安全な在宅血液透析の実現を目的とした患者情報連携システムの開発」

・片岡真吾さん
 論文題目「交流磁界環境を用いたカイワレダイコンの成長促進装置の開発に関する研究」

posted by スタッフ at 08:55| 岡山 ☀| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

中間研究発表会

本日、大学院修士課程2年生の中間研究発表会が開かれました。2年目ですので、2人ともしっかりとした発表をされていました。参加の先生方からたくさんの質問やコメントが出ていました。修士論文提出まで残り数ヶ月ですが、今日頂いたご意見を参考に立派な論文が完成するのを期待しています。

 片岡真吾 「中間周波数磁界環境を用いたカイワレダイコンの効率的な成長促進方法の検討」
 吉田圭介 「在宅血液透析の患者情報管理システムの開発」

posted by スタッフ at 16:09| 岡山 ☀| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月14日

大学院学位記授与式

大学院の学位記授与式も終わりました。今回、臨床工学専攻の修士第1号の藤原千尋氏が学位記を授与されました。社会人大学院生で仕事との両立で大変なことも多かったかと思いますが、見事2年間で修了し、今日の授与式を迎えました。おめでとうございます!

P1010274.JPG

posted by スタッフ at 15:52| 岡山 ☁| 大学院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする