2019年07月09日

iPS細胞(ALSを誘引する遺伝子を特定)

ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者と健常者のiPS細胞を用いた研究で、ALS患者の運動神経細胞(運動ニューロン)に異常を惹起する遺伝子(Fos−B)が、新たに特定されたそうです。病態の解明とともに、治療薬の開発に繋がることが期待されます。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201907/20190709_13024.html (https://www.kahoku.co.jp/) iPS細胞+ALS: http://kumw..
posted by スタッフ at 17:40

2019年03月27日

iPS細胞(既存薬でALSの進行抑制)

iPS細胞を使った研究で、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の進行を抑制する既存薬が発見されたそうです。慢性骨髄性白血病の治療薬として使われている「ボスチニブ」という薬だそうです。今月18日から治療薬として国からの承認を受けるための臨床試験が始められたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190326/k10011862051000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_003 ..
posted by スタッフ at 08:12

2018年10月15日

iPS細胞(既存薬でALSの治療の可能性)

これまでにも関連した記事を紹介して来ましたが、iPS細胞を使った研究で、パーキンソン病の既存薬がALS(筋萎縮性側索硬化症)に有効であることがわかったそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLBF54W2LBFULBJ004.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www.asahi.com/articles/ASLCY6JMPLCY..
posted by スタッフ at 09:21

2017年11月02日

iPS細胞(運動神経細胞の集合体を作製)

人のiPS細胞から運動神経細胞の集合体の作製に成功したそうです。これまで単体の細胞の作製に成功した事例はありましたが、集合体での作製はなかったそうです。学生の皆さんは、講義で習ったように、軸索などから構成され、すなわち集合体で機能していますので、集合体の作製に成功したことで、ALS(筋萎縮性側索硬化症)などの神経難病の原因解明や治療法の開発に繋がることが期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171101-OYTET..
posted by スタッフ at 07:45

2017年07月13日

Muse細胞で腎機能が回復

慢性腎臓病のマウスにヒト由来の「Muse(ミューズ)細胞」を静注したところ、糸球体の細胞に分化し、腎組織が修復されて、腎機能が回復されたそうです。腎不全の新しい治療法に繋がることが期待されます。 Muse細胞は、胚性幹細胞(ES細胞)、人工多能性幹細胞(iPS細胞)に続く第三の多能性幹細胞として知られています。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201707/20170713_13012.html (http://www.ka..
posted by スタッフ at 12:15

2017年05月26日

白血病の薬でALSの進行を遅延

iPS細胞やマウスを使った実験で、慢性骨髄性白血病の薬「ボスチニブ」が、筋萎縮性側索硬化症(ALS;国内に約9千人の患者)の進行を遅らせることが明らかになったそうです。これから詳しい研究が進められるようです。 https://this.kiji.is/240172690552129013?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/170525/lif17..
posted by スタッフ at 08:38

2017年04月02日

脊髄損傷の人の機能回復

アメリカでの研究で、脊髄損傷で手足麻痺の人の脳に電極を埋め込み、脳の信号を専用装置で処理し、右手に信号を伝えるようにして、約1年の訓練の後、フォークで食べ物を口に運んだり、カップのコーヒーを飲めるようになったそうです。iPS細胞などを使った再生医療による機能回復も進められていますが、実用化まではまだ時間がかかりそうですので、どの方法が先に実用化されるでしょうか。 http://www.asahi.com/articles/ASK417223K41UBQU00D.html..
posted by スタッフ at 16:31

2015年12月28日

iPS専門外来

パーキンソン病やALSなどの難病患者が抱く、iPS細胞の研究内容や将来の治療の見通しなどに関する疑問に答える専門外来「iPSコンサルテーション外来」が設置されるとのニュースが出ていました。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=128628 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword..
posted by スタッフ at 22:50

2014年06月27日

ALSとiPS細胞

筋萎縮性側索硬化症(ALS)のマウスにiPS細胞から神経細胞を維持する細胞(グリア系神経前駆細胞)を作り移植したところ、寿命を延長することが出来たとの研究成果についての記事。 http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062601001680.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140627/k10015540841000.html http://www.nikkan.co.jp/ne..
posted by スタッフ at 09:49