2018年08月17日

有効な抗がん剤を予測する手法

大腸がんの患者で、肝臓や肺などの別の臓器へのがんの転移が見つかった場合、「がん幹細胞」を使って、どの抗がん剤が有効かを予測する手法が開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180814-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 抗がん剤: http://kumw-me.seesaa.net/pages/..
posted by スタッフ at 07:28

2018年05月07日

宇宙望遠鏡技術でがん幹細胞を見つける

宇宙望遠鏡の超高精度センサー技術を応用をして、がん幹細胞を見つける顕微鏡の開発が、先月から進められているそうです。 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018050690065916.html (http://www.tokyo-np.co.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASL3V5TZQL3VULBJ00D.html (https://www.asahi.com/) 顕微鏡..
posted by スタッフ at 13:38

2016年09月27日

iPS細胞(がん幹細胞が血管を形成)

iPS細胞を使った実験で、がん幹細胞が、がんの成長のために必要な血管も作っていることがわかったそうです。このがん幹細胞は2年あまり前に開発され、それが今回の成果に結びついたようです。 http://this.kiji.is/153092522574495747?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sanyonews.jp/article/422199/1/?rct=syakai (htt..
posted by スタッフ at 07:24

2016年09月05日

がん幹細胞の働きを抑制

がんの再発や転移の原因と考えられている「がん幹細胞」の働きを抑制する化合物(NCB―0846)が発見され、大腸がんの幹細胞の大半を死滅させることに成功したそうです。1〜2年のうちに臨床試験を始める計画だそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160904/k10010668271000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_007 (http://www.nhk.or.jp/..
posted by スタッフ at 06:38

2016年02月12日

がん幹細胞が生き残る仕組み

抗がん剤に対して、がん幹細胞が死滅せず生き残る仕組みの一端が解明されたそうです。細胞内のポリアミンの量が関係しているそうで、増えると細胞死に繋がるところが、生き残った細胞内では減っていたそうです。その仕組みが解明されると治療法の開発に繋がると期待されます。 http://www.sankei.com/west/news/160211/wst1602110054-n1.html (http://www.sankei.com/) http://this.kiji.i..
posted by スタッフ at 00:30

2014年07月10日

ヒト大腸がん幹細胞作製

一昨日、iPS細胞(マウス)から悪性の脂肪肉腫になり得る「がん幹細胞」の作成に成功したとの記事を紹介しましたが、ヒト大腸がん細胞からiPS細胞の誘導法を用いて人工的に大腸がん幹細胞の作製に成功したとの記事。治療法などへの応用が期待されます。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140710eaac.html http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070901001669.html htt..
posted by スタッフ at 08:28

2014年07月08日

iPS細胞からがん幹細胞

岡山大でiPS細胞(マウス)から悪性の脂肪肉腫になり得る「がん幹細胞」の作成に成功したとの記事。いろいろながん細胞を作成できることで、メカニズムの解明や治療法の開発にも活用できると期待されます。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020140708eaaf.html
posted by スタッフ at 08:23

2013年10月04日

新薬開発

がん幹細胞をターゲットにした新薬開発の現状報告が、今日から横浜で始まった日本癌学会でされたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131003/k10015017991000.html (国試まで149日)
posted by スタッフ at 00:01

2013年07月05日

日本発の抗がん剤

がん治療についてのニュースが相次いでいますが、日本で開発されたがん治療薬がアメリカで治験されることになったそうです。がん幹細胞の維持に作用しているタンパクの働きを抑える薬が日本で開発され、それをアメリカで患者に使って安全性などを確認するそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130703-OYT1T00307.htm
posted by スタッフ at 06:29

2013年03月20日

新しい治療法(2)

昨日、九州大学などの研究チームが、がん幹細胞を攻撃する方法を開発したとのニュースが出ましたが、千葉県の国立がん研究センター東病院で胃がんの患者を対象にがん幹細胞を死滅させる治療の臨床研究をスタートさせたそうです。根本治療につながる可能性があり注目されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130319/k10013312071000.html
posted by スタッフ at 09:38

2013年03月19日

新しい治療法

がん幹細胞を標的にした新しいがん治療法が開発されたそうです。まだマウスを使った研究段階のようですが、再発や転移の原因になっていた幹細胞を攻撃することで、より効果的な治療ができるようです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130319-00000008-jij-sctch
posted by スタッフ at 06:55

2013年01月24日

注目の新薬

がん幹細胞を直接攻撃できると考えられている新薬の臨床試験の申請がされたとのニュース。がん再発を防ぐ特効薬になる可能性もあり注目されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130124/k10015026331000.html
posted by スタッフ at 17:04

2012年12月03日

がん細胞の検出方法

今朝のニュースで、京都大学の研究グループが「がん幹細胞」を見つけ出す方法をマウス実験で開発したと報道されていました。大腸がん治療などで活用できる可能性があるということで、進展が期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121203/k10013908251000.html http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012120300022
posted by スタッフ at 07:26

2012年11月16日

イベント目白押し

今朝はまた一層冷え込みが厳しいですね。明日は、数学検定、保護者懇談会、岡山透析懇話会とイベントが目白押しです。生憎、明日は雨模様の予報ですが、それぞれ頑張りましょう。 今日は、国会も衆議院解散、総選挙としばらく大変な状況になりますね。 糖尿病治療薬が、がん幹細胞を再発しない細胞に変化させるメカニズムを明らかにしたとのニュースが出ていました。既に使われている薬ですから、比較的早くに治療薬として使われる可能性がありますね。 http://mainichi.jp/..
posted by スタッフ at 06:27