2020年01月04日

アメリカでの電子たばこの規制の方針転換

昨年9月に紹介した記事で、アメリカでは、たばこ風味以外の全ての電子たばこ(加熱式たばこ)の販売を禁止という方針が出されていましたが、今回、方針を転換し、来月から容器交換が可能なカートリッジ型に限っての禁止にするそうです。関連産業での多くの失業者が出ることを懸念しての対応のようですが、骨抜きの規制との反発の声が出ているようです。 https://www.sankei.com/life/news/200103/lif2001030008-n1.html (https://..
posted by スタッフ at 07:49

2019年12月29日

アメリカでたばこ購入を21歳からに制限

アメリカ食品医薬品局(FDA)は、たばこ製品の購入年齢を18歳から21歳に引き上げたそうです。電子たばこ(加熱式たばこ)も含むそうです。4月頃から議論されてきたようです。増大している健康被害への懸念に対処するためということですが、既に19の州と首都ワシントン、500以上の市や町で、同様の年齢引き上げが既に実施されていて、そうした対応を国全体に拡大するということのようです。ただし、これだけでは対策が不十分という批判もあるようです。 https://www.sankei.c..
posted by スタッフ at 07:00

2019年10月04日

電子たばこで組織の損傷

アメリカの医療機関で、電子たばこと関連がある呼吸器系疾患と診断された患者17人の肺などの呼吸器の組織を検査した結果、全ての症例で、有毒化学物質を吸い込んだ時に似た組織の損傷が観察されたそうです。ただし、原因になる化学物質は特定されていないようです。最近、何度か紹介している電子たばこの販売禁止など規制がさらに広がりそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191004/k10012112071000.html?utm_int=new..
posted by スタッフ at 08:09

2019年07月28日

加熱式たばこ(WHOがたばこと同様の規制を呼び掛け)

WHOが喫煙に関する世界各国の規制状況についての報告書を公表し、その中で、最近普及している「加熱式たばこ(電子たばこ)」について、有害物質が少ないことが強調されているものの、必ずしも健康上のリスクを軽減させることには繋がらないと指摘し、従来のたばこと同じように規制するように呼びかけたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190727/k10012010961000.html?utm_int=nsearch_contents_s..
posted by スタッフ at 21:03

2017年12月21日

加熱式たばこも受動喫煙対策の規制対象に

先日、加熱式たばこも増税対象にする見込みとの記事を紹介しましたが、厚労省は、加熱式たばこも受動喫煙対策の規制の対象にする方針を決めたそうです。ただし、紙巻きたばこよりは、緩やかな規準とするそうです。加熱式たばこについては、まだデータが少なく明らかになっていないことも多いようですが、受動喫煙した人の一定の割合に何らかの影響が認められているとのことで、まず当面の措置として実施するようです。 https://www.asahi.com/articles/ASKDP4F4MKD..
posted by スタッフ at 19:13

2017年07月20日

たばこ規制(WHОの報告書)

2005年発効の「たばこ規制枠組み条約」による喫煙規制が広がり、2016年には世界人口の6割に相当する約47億人がたばこの害から守られたとする報告書をWHОが発表したそうです。2007年時点では、約11億人だったそうで、その後、中・低所得国での規制が進んだようです。日本については、まだ法整備や広告規制が遅れていると指摘されたそうです。東京五輪・パラリンピックに向けての対策が注目されます。 https://this.kiji.is/260451455060116982?c..
posted by スタッフ at 07:31

2016年10月16日

加熱たばこも規制対象?

数日前に2020年の東京五輪に向けて、受動喫煙対策の記事を紹介しましたが、「加熱たばこ」も盛り込むかどうか検討されていくようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161015-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news_kenko-news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 受動喫煙: http://kumw-me.seesaa.net/pages/..
posted by スタッフ at 14:58

2016年06月08日

たばこの包装の警告文

先月末にたばこの健康リスクの表示についてのアンケート結果の記事を紹介しましたが、財務省が規制試案をまとめたそうです。包装の警告文を8種類から12種類に拡充することが主で、文字数を減らして文字を大きくするようです。先のアンケートでは賛成意見の多かった写真による警告は、今後の検討課題となったようです。 http://www.sankei.com/life/news/160607/lif1606070026-n1.html (http://www.sankei.com/) ..
posted by スタッフ at 00:05

2015年05月21日

電子たばこ(有害物質)

以前にも電子たばこに有害物質が含まれているとの記事を紹介したことがありますが、厚労省の研究班によると、国内で流通する電子たばこの一部で、蒸気から高濃度のホルムアルデヒドが検出されたとのことです。今後、規制などが検討されていくようです。 http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052101001290.html (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/1505..
posted by スタッフ at 19:39

2015年04月18日

電子たばこ(アメリカ国内の様子)

電子たばこについては、昨年も何度か記事を紹介し、その健康への影響についてWHOも規制を勧告していますが、米疾病対策センター(CDC)によると、アメリカで電子たばこを吸う中高生が急増しているそうで、米食品医薬品局(FDA)などが対策強化を進めているそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015041800005.html (http://apital.asahi.com/) http://apital.asahi.c..
posted by スタッフ at 07:29

2014年11月28日

電子たばこ

厚労省による電子たばこの健康影響評価に向けた動きについての記事。現在、たくさんの種類が出回っているようですが、中には有害物質(発がん性物質)が検出されたものもあるそうです。安全性の評価、規制の必要性の有無など検討されるようです。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112701000933.html (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASGCW5RTK..
posted by スタッフ at 07:12

2014年10月20日

たばこ税の増税

WHOの「たばこ規制枠組み条約」の第6回締約国会議で、だばこの消費を減らすために各国に増税を勧告するガイドラインを採択したそうです。日本でどのような対応になるか注目されます。 http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101801001459.html
posted by スタッフ at 12:05

2014年08月27日

電子たばこの規制

WHOが、「電子たばこ」について健康リスクが否定できないとして、規制を設けるように勧告したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014082601002032.html http://apital.asahi.com/article/news/2014082600014.html http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140827/k10014112471000.html http..
posted by スタッフ at 08:20