2019年10月30日

てんかん発作の仕組み

てんかん発作についての研究で、発作に伴って生じる脳内(てんかん原性域)の温度上昇で、体温調節に関係しているタンパク質(TRPV4)が異常に活性化して、症状を悪化させる仕組みが判明したそうです。冷却装置やTRPV4阻害薬などの治療法がこれから開発されていくと期待されます。 https://mainichi.jp/articles/20191030/k00/00m/040/016000c (https://mainichi.jp/) https://www.jomo..
posted by スタッフ at 07:58

2019年03月31日

犬がてんかん発作を嗅ぎ分け

フランスなどの研究チームが、てんかんの発作時に生じるわずかなにおいをイヌが嗅ぎ分けられることを発見したそうです。今後、においを分析して、発作や予兆を感知できる可能性があるとのことです。以前、がん探知犬の記事を紹介したことがありますが、科学的に解明されることが期待されます。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190331/k10011867571000.html?utm_int=news-culture_contents_list-it..
posted by スタッフ at 06:40

2018年05月08日

オンライン診療

オンライン診療の紹介記事が出ていました。先月の診療報酬改定で導入されましたが、情報通信機器を使い、患者と医師がリアルタイムのコミュニケーションを取れることなどが条件となっています。そして、初診は原則として直接の対面診療で、他に3カ月に一度は対面診療をすることなどが求められています。対象となるのは生活習慣病、てんかん、難病外来に通う人、精神科の在宅患者などとなっています。 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/2018..
posted by スタッフ at 19:04

2017年11月22日

iPS細胞(アルツハイマー病の治療薬の候補3種類を発見)

iPS細胞の最初の発表から10年という記事を紹介しましたが、iPS細胞を使って、アルツハイマー病の原因物質の一つとされる「アミロイドベータ」を減らす3種類の薬の組み合わせが、見つけられたそうです。パーキンソン病の薬「ブロモクリプチン」、ぜんそくの薬「クロモリン」、てんかんの薬「トピラマート」だそうで、全て既存の薬ですが、ターゲットが異なるので、今後、動物実験や臨床試験が必要となるそうです。 先月末に脳に薬を運べる超小型のカプセルの記事を紹介しましたが、もしかするとこうし..
posted by スタッフ at 09:43

2017年11月08日

腰痛薬をALSの治療薬に

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬として、神経痛や腰痛の薬として使われている「メコバラミン」の治療効果を確かめる医師主導の治験が始まったそうです。開発元による臨床試験では、発病後1年以内の患者では、人工呼吸器の装着までの期間、あるいは亡くなるまでの期間を600日以上延伸する効果が認められているそうです。 これまでにも、慢性骨髄性白血病の治療薬「ボスチニブ」や抗てんかん薬「ペランパネル」で、治療効果の可能性が報告されていましたね。 http://www.asahi..
posted by スタッフ at 06:43

2016年10月02日

指定難病(24疾患を追加)

7、8月にも関連記事を紹介しましたが、厚労省の検討委員会が、新たに以下に挙げる24疾患を指定難病に追加する方針を了承したそうです。これまで306疾患が指定されていて、今回222疾患の中から選定を検討していたそうです。これで対象が合計330疾患となります。 先天性GPI欠損症▽βケトチオラーゼ欠損症▽三頭酵素欠損症▽シトリン欠損症▽セピアプテリン還元酵素欠損症▽非ケトーシス型高グリシン血症▽芳香族アミノ酸脱炭酸酵素欠損症▽メチルグルタコン酸尿症▽大理石骨病▽進行性ミオクロ..
posted by スタッフ at 00:10

2016年08月30日

指定難病(新たに8疾患を追加)

厚労省の委員会は、これまでに選定されている306の指定難病に加えて、「進行性ミオクローヌスてんかん」「先天性三尖弁狭窄症」「先天性僧帽弁狭窄症」「先天性肺静脈狭窄症」「左肺動脈右肺動脈起始症」「カルニチン回路異常症」「前眼部形成異常」「無虹彩症」の8疾患を新たに追加することでほぼ合意したそうです。また、「先天性両側性傍シルビウス裂症候群」「ヘルマンスキーパドラック症候群合併肺線維症」「シュバッハマン・ダイアモンド症候群」「先天性角化不全症」の4疾患を既に指定難病になっている疾..
posted by スタッフ at 06:38

2016年06月29日

抗てんかん薬でALSの進行抑制

細胞内へのカルシウム流入抑制作用のある抗てんかん薬(ペランパネル)で、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を抑制できる可能性がわかったそうです。細胞内へのカルシウムの過剰流入による細胞死を抑制することによる効果のようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ6X3W0PJ6XULBJ002.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 筋萎縮性側索硬化症: http://kumw-me...
posted by スタッフ at 00:20

2015年07月18日

持病による免許取り消し・停止

運転に支障を及ぼす持病のある場合の申告を義務付けた改正道路交通法の施行から1年間で、免許取り消しや停止などの処分を受けたのが、7711件に上ったそうです。主な理由は、てんかん、認知症、統合失調症、再発生の失神などだそうです。そうした場合の交通手段についての援助も重要になりそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=121193 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 13:35

2014年07月29日

てんかんの発作の予知

心電図の計測データから「てんかん」の発作を予知する装置が開発されたとのニュース。来月から臨床研究を始める予定だそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140729/t10013367871000.html http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014072901001842.html
posted by スタッフ at 12:59

2013年05月02日

細胞レベルでの再現

てんかん患者の細胞から作製したiPS細胞を神経細胞に変化させたところ、てんかんの状態を細胞レベルで再現できたとのニュース。重いてんかんの治療薬の開発などに役立つものと期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130502/k10014320511000.html
posted by スタッフ at 09:26