2020年02月28日

慢性疲労症候群(CFS)のバイオマーカー

慢性疲労症候群(CFS)の患者の血液中の特定のタンパク質(細胞外小胞の成分タンパク質)の濃度が著しく高いことが明らかになったそうです。これがCFSのバイオマーカーとして利用できれば、簡便で確実な診断に繋がる可能性があるようです。CFSは原因不明で治療法が確立しておらず、国内の患者は推定約30万人で、寝たきりの重症患者も多いそうです。 https://www.47news.jp/medical/shinseiki/4544728.html (https://www.47..
posted by スタッフ at 16:33

2019年12月16日

慢性疲労症候群(治療薬の開発に向けた世界初の臨床試験)

筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群(ME/CFS)の患者を対象にした、治療薬の開発に向けた世界初の臨床試験が開始されたそうです。投薬前に改めてPET検査をし、血液や認知機能、自律神経機能などを調べるそうです。そして、脳梗塞の後遺症などに使われている既存薬を計4カ月投与した後、再び各種検査をして炎症や症状が和らいでいるか確かめるとのこと。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201912/0012960770.shtml (https:..
posted by スタッフ at 13:11

2018年04月18日

慢性疲労症候群(脳内炎症状態とバイオマーカーの探索)

慢性疲労症候群(CFS、筋痛性脳脊髄炎)についての記事は、これまでにも何度か紹介してきましたが、PETを使って100人の患者の脳を検査し、脳内の炎症状態を調べて、原因を明らかにして治療薬の開発などに繋げる、あるいは血中のバイオマーカーを見つけて患者の判別手法を開発するという現在進行中の研究の紹介記事が出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/180417/lif1804170012-n1.html (http://www.sank..
posted by スタッフ at 00:10

2016年10月18日

慢性疲労症候群の診断指標物質を特定

慢性疲労症候群(CFS)についての記事は何度か紹介してきましたが、診断指標となり得る血中物質4種類を特定したそうです。CFSは国内に約30万人いると推定されていて、未だ原因不明だそうですが、これらの物質の測定で迅速で高精度な診断や発症メカニズムの解明に繋がることが期待されます。 http://this.kiji.is/160706693956583427?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www..
posted by スタッフ at 00:10

2016年04月27日

疲れの予測部位

「慢性疲労症候群(CFS)」についての記事は、これまでに何度も紹介してきましたが、疲れを予測する脳の仕組みが発見されたそうです。右脳にある背外側前頭前野だそうで、疲れを感じている人ほど、この部分が活発に働いていたそうです。慢性疲労症候群の患者においても、この部分の体積が健康な人達よりも小さいことがわかっているそうです。薬や訓練でこの部分の縮小を抑えることが出来れば、治療に繋がるものと期待されているようです。 http://www.asahi.com/articles/A..
posted by スタッフ at 17:50

2015年10月16日

慢性疲労症候群(脳が過剰活動)

慢性疲労症候群(CFS)の子供達(小児慢性疲労症候群)は、脳が過剰に活動していて非効率的な状態になっていることがわかったそうです。病態解明や治療法開発に繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101501001805.html (http://www.47news.jp/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=125175 (http://www...
posted by スタッフ at 00:15

2015年05月19日

慢性疲労症候群(支援要望)

慢性疲労症候群(CFS)の患者団体が、厚生労働大臣に、疾患への理解、治療法の開発、診断基準の作成などへの支援を求める要望書を提出したとのニュースが出ていました。国内に30万人以上いると見られていて、先日紹介した記事の通り約3割が寝たきりの重症とのこと。しかも難病に指定されていないため、公的支援の対象になっていないそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150518/k10010083491000.html (http://www..
posted by スタッフ at 06:21

2015年05月12日

慢性疲労症候群世界啓発デー

先月慢性疲労症候群(CFS)の最近の状況についての記事を紹介しましたが、今日は、慢性疲労症候群世界啓発デーだそうです。今日はナイチンゲールの誕生日で、CFSを患っていたナイチンゲールに因んで啓発デーになっているそうです。いろいろなイベントが行われるようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015051200003.html (http://apital.asahi.com/) http://kumw-me.seesa..
posted by スタッフ at 08:35

2015年04月23日

慢性疲労症候群(3割が寝たきり)

「慢性疲労症候群(CFS)」については、これまでにも何度か関連記事を紹介してきましたが、全国に30万人以上いると見られている患者の中で、今回の厚労省の実態調査の対象者の約3割が寝たきりの状態であることが初めてわかったそうです。発症メカニズムは未だ解明されておらず、根本的な治療法がなく、(最近話題になっている)難病にも指定されていないそうで、公的支援が受けられていないそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010..
posted by スタッフ at 00:03

2014年05月24日

慢性疲労症候群(CFS)

最近時々耳にする「慢性疲労症候群(CFS)」の患者が感じる痛みについて一因の可能性が高いものが見つかったとの記事。治療法の開発にまで繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014052301002592.html http://sankei.jp.msn.com/life/news/140521/bdy14052110020001-n1.htm http://kumw-me.seesaa.net/art..
posted by スタッフ at 00:06

2014年04月05日

慢性疲労

慢性疲労症候群(CFS)の原因として、脳の中の広い範囲で重い炎症が起きていて、機能低下を引き起こしていることが明らかになったとのこと。診断法や治療法の開発に繋がるものと期待されています。 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014040401002095.html http://apital.asahi.com/article/news/2014040600002.html http://mainichi.jp/select/..
posted by スタッフ at 09:05