2020年03月18日

新型コロナウイルス(別の感染症の薬の効果を検証中)

新型コロナウイルスの治療薬についての記事が、いくつか出ていますが、国内外で別の感染症などに使われている薬が使える可能性があるとして、患者に投与して効果や安全性の検証が行われいる事例をまとめた記事が出ていました。 ▽抗HIV薬「カレトラ」 ▽抗インフルエンザ薬「アビガン」 ▽エボラ出血熱の治療薬として開発が進められた「レムデシビル」 ▽抗マラリア薬「リン酸クロロキン」 ▽ぜんそく治療薬「オルベスコ」 ▽回復患者の「血漿」 https://www3.nhk...
posted by スタッフ at 18:03

2020年02月21日

新型コロナウイルス(WHOが2つの治療方法を検討中)

WHOのテドロス事務局長が、昨日の記者会見で、新型コロナウイルスの治療法として、2種類の抗エイズウイルス(HIV)薬を組み合わせたものと、別の抗ウイルス薬を使った二つの方法について、WHOとして試験中と述べたそうです。その結果は、3週間以内に判明するそうです。 https://www.sankei.com/life/news/200221/lif2002210011-n1.html (https://www.sankei.com/) https://this.k..
posted by スタッフ at 08:14

2020年02月19日

新型コロナウイルス(中国と日本で治療薬の検討、回復した患者の情報)

中国で新型コロナウイルスの患者の治療について、中国の保健当局の専門家チームの代表が、抗マラリア薬(リン酸クロロキン)が効果があり副作用も大きくないとして、治療薬として検討すべきと指摘したそうです。また、先日、紹介した記事の通り、完治した人の血漿を使う治療法(血液製剤)も比較的安全で重症患者に効果があると指摘したそうです。潜伏期間については、14日を超えた人が1099人中、13人いたそうですが、平均は4日で、14日を超えるのは特別なケースとの認識を示したそうです。 htt..
posted by スタッフ at 08:35

2020年02月14日

経カテーテル僧帽弁置換術(国内初の手術に成功)

大阪大学で、僧帽弁閉鎖不全症の患者に、カテーテルを介して人工弁を取り付ける手術「経カテーテル僧帽弁置換術」に国内で初めて成功したそうです。従来の開胸手術に比べて、患者が負担が大きく軽減されるとのこと。今回、「国際共同治験」として実施したそうですが、今後、国内外の患者約1000人を対象に継続されるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200213-OYTET50015/?catname=news-kaisetsu_new..
posted by スタッフ at 08:06

2020年02月07日

新型コロナウイルス(国内の患者3人の経過)

先ほどの記事に関連して、新型コロナウイルスの感染が確認され、国立国際医療研究センターで治療を受けている患者3人についての経過を発表したそうです。その中の一人に対して、感染の診断までに1週間かかり、肺炎の症状が見られるようになったため、抗HIV治療薬を適応外で使用したそうです。その後、熱は下がり、状態も改善したそうです。他の2人については、肺炎で見られる呼吸困難などの症状は出ず、急性上気道炎だったそうです。 https://www.asahi.com/articles/A..
posted by スタッフ at 08:07

2019年12月01日

世界エイズデー

今日は、WHOが定めた「世界エイズデー」です。エイズウイルス(HIV)感染者やエイズ患者に対する差別・偏見の解消や、感染予防を促す研修会、映画の上映会など、様々なイベントが開かれるようです。医療従事者を目指す皆さんも、まず正しい知識を持って、周りの人達にも伝えていきましょう。 https://www.asahi.com/articles/ASMCN4HFXMCNPTIL00G.html?iref=com_api_med_medicalnewstop (https://..
posted by スタッフ at 09:27

2019年10月18日

HIV(論文の撤回)

6月に紹介したHIVにかかりにくい遺伝子変異を先天的に有する人は、寿命が短くなる可能性があるという結果についての論文に関して、データの取り扱いに誤りがあったため、アメリカの研究グループが、この論文を撤回したそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASMBJ4QZBMBJULBJ00J.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://yomidr...
posted by スタッフ at 08:02

2019年09月09日

ノロウイルス(避難所での感染)

先月の九州北部の記録的な大雨に関して、佐賀県武雄市の避難所に避難されている方々の間で、ノロウイルスの感染者が何名か出ているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM963HRKM96TTHB002.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www.saga-s.co.jp/articles/-/423424 (https://www...
posted by スタッフ at 08:31

2019年08月30日

HIV感染者とエイズ患者(2年連続で減少)

厚労省のエイズ動向委員会によると、昨年、国内で新たない方向されたHIV感染者(940人)とエイズ患者(377人)は、合計1317人で2年連続で減少したそうです。感染者は20〜30代が多く、患者は40歳以上が多かったそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM8Y61F0M8YULBJ009.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) https://www..
posted by スタッフ at 08:01

2019年06月04日

ゲノム編集(寿命が短縮の可能性)

昨年末に世界的に話題になりましたゲノム編集で遺伝子改変(CCR5)して誕生した中国の双子に関連して、アメリカの研究チームが、同様の遺伝子変異を先天的に持つ人は、変異のない人より寿命が短いとする研究結果を発表したそうです。CCR5は、HIVへの感染に関与する遺伝子で、これを変異させると感染しにくくなるそうです。この遺伝子に変異があると感染症による死亡率が上がるとの報告もあるそうで、ゲノム編集によって寿命が縮まった可能性があるそうです。今後も遺伝子改変についての議論が広がりそうで..
posted by スタッフ at 08:03

2018年05月21日

ゲノム編集でHIV遺伝子を破壊

ヒトの遺伝子の中に入り込んだHIVの遺伝子(Tat、Rev)を「ゲノム編集」技術(CRISPR/Cas9)で壊すことに成功したそうです。現在はまだ不可能なHIV感染の完治への応用が期待されます。 https://www.asahi.com/articles/ASL5L5DK6L5LPLBJ00C.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) http://www.kobe-u.ac.jp/re..
posted by スタッフ at 08:53

2018年03月20日

エイズ感染者が1407人

厚労省のエイズ動向委員会による速報値が発表され、2017年に新たにエイズウイルス(HIV)への感染が判明した人が、1407人(発症:415人、未発症:992人)だったそうです。前年よりも41人の減少だそうです。抑制ができているのかどうかは、今後の様子を見る必要があるそうです。先日、エイズに対する正しい理解が不足していると言う記事を紹介しました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180319-OYTET50010/?catna..
posted by スタッフ at 09:13

2018年01月30日

エイズ感染予防の臨床研究

エイズウイルス(HIV)の感染リスクの高い人に対して、抗ウイルス薬(ツルバダ)を毎日服用することで感染予防する方法「PrEP(プレップ)」の有用性を調べる国内初の臨床研究が、来月から始まるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180129/lif1801290041-n1.html (http://www.sankei.com/) エイズ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sear..
posted by スタッフ at 06:48

2017年07月21日

エイズ患者数(ピーク時から半減)

国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、昨年のエイズ関連の死者は推計100万人で、2005年のピーク時からほぼ半減したそうです。抗ウイルス薬による治療普及が貢献したとのこと。昨年のHIV感染者は、推計3670万人で、抗ウイルス薬治療を受けた人は、推計1950万人に達したそうですので、まだ半数の患者が抗ウイルス薬治療を受けていないようです。 http://www.sankei.com/life/news/170720/lif1707200027-n1.html (h..
posted by スタッフ at 08:35

2017年07月01日

ヘルプマーク

本学の学生の皆さんなら、内部障害(内部機能障害)の意味を知っていると思いますが、心臓機能障害、腎臓機能障害、呼吸器機能障害、膀胱・直腸機能障害、小腸機能障害、ヒト免疫不全ウイルス(HTV)による免疫機能障害、肝臓機能障害の7つの障害を指しています。それに関連して、義足、人工関節、難病など外見からは分かりにくい障害や病気を抱えた患者さんがいることを周囲に知らせる「ヘルプマーク」を東海地方で導入する動きを紹介した記事が出ていました。 http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 08:52

2017年06月09日

HIV感染者の平均余命

HIV(エイズウイルス)感染者8万8504人の平均余命についての研究で、1996年から2010年までの間に約10年延伸したそうです。治療によって免疫力が維持されている患者では、非感染者とほぼ同じだったそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK5L74VVK5LULBJ00P.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.bbc.com/japanese/3988..
posted by スタッフ at 10:04

2017年05月30日

エイズウイルスの潜在的感染者

エイズウイルス(HIV)の潜在的感染者が、3830人(男性3740人、女性90人)いるとの(研究による)推計値が発表されたそうです。この研究グループによると、把握されている感染者数は2万2840人と算出しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170529-OYTET50038/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) エイズ: ..
posted by スタッフ at 08:38

2016年06月04日

日本橋に生命科学の社団法人

東京の日本橋には、大手製薬会社をはじめとして関連企業が約400社集まっているものの、研究機関との連携が不十分だったそうです。そこで、生命科学分野の発展を後押しするため、製薬会社や大学の研究機関などが加わる団体(一般社団法人「ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK‐J)」)が設立されたそうです。大学が開発した先端技術と製薬会社の技術を結びつけることで産業を盛り上げ、関連企業を集積させた街づくりを目指すとのこと。 http://www.nikke..
posted by スタッフ at 06:57

2016年03月01日

国内のHIV感染者数とエイズ患者数

厚労省のエイズ動向委員会によると、昨年新たに報告されたHIV感染者とエイズ患者は1413人(速報値)で、一昨年(1520人)から大きく減少していたようです。検査受診や感染予防の啓発活動の効果と見られているようです。ただし、女性の感染者数は増加傾向にあるようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ2Y5582J2YULBJ00R.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http:/..
posted by スタッフ at 09:08

2015年12月12日

4K映像でカテーテル治療の遠隔指導

カテーテルによる血管内治療の手技を4K映像を使って遠隔指導するシステムの産学共同研究が締結され、2年後の実用化を目指すそうです。 http://www.nikkei.com/article/DGXMZO95028730R11C15A2000000/ (http://www.nikkei.com/) http://www.eizo.co.jp/press/archive/2015/NR15_032.html https://www.nikkan.co.jp/..
posted by スタッフ at 16:32

2015年11月24日

HIV感染力を低下させるタンパク

エイズウイルス(HIV)の感染力を大幅に低下させる働きを持つたんぱく質「MARCH8」が、ヒトの体内に存在することがわかったそうです。治療薬の開発に繋がることが期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151124/k10010317861000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/232497.html#more (http..
posted by スタッフ at 18:04

2015年10月29日

世界の結核患者数

WHOによると、2014年に新たに結核に罹患した患者が推定で960万人、死者が約150万人いたそうです。なお、死者のうち4人に1人は、結核とHIVの二重感染によるものだったそうです。 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015102801001342.html (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/151029/lif1510290003-n1.html ..
posted by スタッフ at 08:48

2015年10月16日

HIV感染者(全員に抗ウイルス薬)

薬の話題が続きます。WHOは、国連が2030年までにエイズの流行を終息させるとの目標を設定したのを受けて、HIV感染者全員に抗ウイルス薬による治療を実施するように新たな勧告を出したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015101501001376.html (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82g%..
posted by スタッフ at 05:53

2015年07月16日

世界のHIV新規感染者数

国連合同エイズ計画(UNAIDS)によると、2014年のHIVの新規感染者数が2000年と比べて約35%減の約200万人になったとのこと。 http://www.sankei.com/life/news/150715/lif1507150029-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG15H1C_V10C15A7CR0000/ (http://www.nikk..
posted by スタッフ at 00:05

2015年04月09日

HIV感染者数(東京都で増加)

昨年の東京都で新たに確認されたHIV感染者数は、前年より増加しており、特に20代の感染者数は過去最多だったそうで、エイズ予防の知識が不足していると見られているようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015040900008.html (http://apital.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82g%82h%82u..
posted by スタッフ at 07:23

2015年02月25日

HIVの感染者数

厚労省のエイズ動向委員会によると、昨年1年間で新規にHIVへの感染が判明した人は、1520人だったそうで、過去5番目に多かったそうです。 http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022401002253.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015022400041.html (http://apital.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 00:17

2015年02月15日

1年前

1年前に国家試験向けにどんな記事だったか見たところ、羽生選手がソチオリンピックで金メダルを獲得していたのですね。直前に雪も降っていたということで、今年はまだ穏やかな天候です。1年前にも先輩達が同じような気持ちで頑張っていたんですね。 http://kumw-me.seesaa.net/archives/20140215-1.html
posted by スタッフ at 12:10

2014年12月03日

HIVで認知障害

HIVの話題が続いていますが、HIVの長期感染者に認知症のような症状が増えていることが世界中で問題となっているそうです。日本国内でも調査を始めたそうです。例えば、薬の飲み忘れがあるとエイズ発症に繋がる可能性が出てくると言った問題です。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=109029 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/art..
posted by スタッフ at 18:19

2014年11月19日

HIVの母子感染(完治は困難)

今朝、国連のエイズ対策の新目標の記事を紹介しましたが、イタリアでHIVに母子感染した子供について、誕生直後から抗ウイルス剤で治療をするとHIVは検出されなくなったようですが、治療を中止すると再びHIVが検出されたとのこと。 http://www.sankei.com/life/news/141119/lif1411190010-n1.html 1年ほど前にもアメリカで同様のことがニュースになりました。 http://kumw-me.seesaa.net/ar..
posted by スタッフ at 16:54

2014年11月19日

エイズ対策の新目標

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が新しい目標を発表し、2013年比で2020年までに年間の新規の成人HIV感染者を7割以上減らして50万人に減らすしていくそうです。日本でもそれに応じた活動が出てくるものと思われます。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111901000724.html (国試まで102日)
posted by スタッフ at 06:06

2014年07月17日

2030年までに封じ込め

国連合同エイズ計画(UNAIDS)が、対策を急げば2030年までにHIV感染の封じ込めが可能との報告書を出したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071701000771.html
posted by スタッフ at 12:13

2014年07月12日

HIV感染の新生児(2)

昨年の10月末に生後30時間で抗ウイルス薬投与によりHIVが消滅した事例があったことが大きなニュースになりましたが、残念なことに再びHIVが検出されたとの記事。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014071101002028.html http://kumw-me.seesaa.net/article/378583757.html
posted by スタッフ at 08:21

2014年04月23日

救急救命士

こんな記事も出ていました。臨床工学技士を目指す皆さんも同じような思いがあるのではないでしょうか。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=96941 先日、救急救命士の処置範囲拡大についての記事を紹介しました。 http://kumw-me.seesaa.net/archives/20140413-1.html
posted by スタッフ at 06:20

2014年03月04日

細胞シート

再生医療でよく耳にする細胞シートを自動制御で製造する装置が開発されたとの記事。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140303-OYT1T00686.htm http://kumw-me.seesaa.net/archives/20131210-1.html http://kumw-me.seesaa.net/article/381985546.html http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 08:07

2013年11月29日

スマホ依存

スマホ依存の問題についてのニュースが続きますが、依存度が高いほど問題行動も多いとの警視庁のアンケート結果が出ているようです。中高生対象のアンケートのようでしたが、大学生でも同様のことは言えるのかと思います。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131129/k10013432211000.html http://kumw-me.seesaa.net/article/372388754.html http://kumw-me.s..
posted by スタッフ at 18:15

2013年11月21日

テレビの影響

東北大の研究で、テレビ視聴の脳の発達や言語能力への影響を調べた研究で、長時間テレビを見る子供の方が、脳の成長が遅くなる傾向が見られたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013112001002084.html http://sankei.jp.msn.com/science/news/131121/scn13112100080000-n1.htm ネットやスマホの影響の問題もありますが、昔からテレビの影響も言われて..
posted by スタッフ at 14:00

2013年10月26日

HIV感染の新生児

HIV感染の新生児に生後30時間で抗ウイルス薬を投与し始めたところ、HIVが完全に消滅したとのニュース。エイズ撲滅に繋がる可能性があり注目されます。 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102501001361.html (国試まで127日)
posted by スタッフ at 11:18

2013年09月26日

感染者数の減少

国連合同エイズ計画(UNAIDS)の報告で、HIV感染者数が減少傾向にあるとのニュース。予防対策や治療薬の普及のおかげのようです。しかし、アフリカを中心に世界中で約3500万人の感染者がいるそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130924-OYT1T00411.htm
posted by スタッフ at 00:09

2013年08月05日

ES細胞利用で

ES細胞を使って、従来よりも効率的に精子を作る方法を開発したとのニュース。不妊治療などに繋がる可能性がありそうです。iPS細胞のニュースの方が多くて、目立ちにくかったですが、ES細胞のニュースも時々紹介してきました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130805/k10013539941000.html http://kumw-me.seesaa.net/archives/20130604-1.html http://ku..
posted by スタッフ at 08:26

2013年07月30日

食物アレルギー

文科省は、食物アレルギーによる死亡事故の再発を防ぐために、アレルギーのある生徒への学校の対応(方針)の調査をするそうです。対応策のガイドラインもあるそうですが、周知されていなかったりと不備もあるようです。 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013072901001837.html http://kumw-me.seesaa.net/article/357108566.html http://kumw-me.seesaa.ne..
posted by スタッフ at 08:58

2013年07月04日

骨髄移植で消滅

がん治療のため骨髄移植したHIV患者からウイルスが消滅した可能性が高いとのニュース。世界中にいるHIV患者の治療に繋がるのではと期待されます。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130704-00000047-reut-asia 以前、HIVに感染した新生児に出生後すぐに抗ウイルス剤の投与し続けると、HIVがほぼ消滅したとのニュースがありました。 http://kumw-me.seesaa.net/article/342..
posted by スタッフ at 17:32

2013年06月30日

腸内細菌とノロウイルス

ノロウイルスを大量に吸着して除去する腸内細菌(SENG−6)が見つかったとのニュース。ノロウイルス感染の治療などに繋がることが期待されています。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130629-OYT1T00048.htm http://mainichi.jp/select/news/20130629k0000m040026000c.html 数日前には、肝がんの発症に関係する腸内細菌のニュースを紹介しました。 ..
posted by スタッフ at 00:03

2013年06月15日

スマホ中毒

韓国でスマホの利用者の中で、10代の利用者の18%が日常生活に支障の出る”スマホ中毒”とのニュース。利用時間もかなり長いようです。学生の皆さんも気をつけてください。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130615-00000019-jij-kr でも逆に待ち時間の暇つぶしに役立っているのでは?とのニュース。しかし、暇つぶし程度の範囲ではいいですが、日常生活に支障が出てくると困りますね。それから、学習時間が減ってしまっているのも..
posted by スタッフ at 12:35

2013年06月07日

達成度テスト

先月半ばに紹介した自民党の教育改革提言案を受けて、政府の教育再生実行会議の議論が始まったそうです。高校生の「達成度テスト」が議論の中心ですが、いろいろと課題もあり慎重に検討が進められていくようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130607/k10015133431000.html http://kumw-me.seesaa.net/archives/20130516-1.html
posted by スタッフ at 07:37

2012年11月22日

まだまだ多いです。

昨年までの統計で世界のHIV感染者数が3400万人に達したそうで、昨年AIDSで亡くなった人数は170万人ほどとのこと。まだまだとても多いです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=68355 日本国内の状況は、国立感染症研究所からの報告があります。 http://www.nih.go.jp/niid/ja/aids-m/aids-iasrd/2274-kj3888.html
posted by スタッフ at 07:31