2019年11月30日

統合失調症と双極性障害の共通する特徴

統合失調症については、先週、原因遺伝子と発症の仕組みが解明されたとの記事を紹介しましたが、約3千人の「拡散強調MRI」による脳検査の結果、統合失調症と双極性障害(躁鬱病)と診断された人に共通する特徴(脳内の情報伝達の効率指標の低下など)が見つかったそうです。客観的な診断基準や治療法の開発に繋がる可能性があるようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191129-OYTET50013/?catname=news-kaiset..
posted by スタッフ at 10:38

2019年11月13日

病床数と高額医療機器の数(OECDの中でトップ)

一昨日、OECD(経済協力開発機構)の2019年版の医療に関する報告書から、女性医師についての記事を紹介しましたが、同じ報告書によると、日本の医療機関の病床数(1000人あたり13.1;平均4.7)や高額な医療機器の数が、加盟国中で最多だったそうです。CTは100万人あたり112.3台、MRIは55.2台と、いずれも加盟国平均の3倍以上だそうです。後発薬(ジェネリック)の利用も平均より低いそうです。さらに医療費を抑制するためにも、さらに効率を高める必要があると指摘されているそ..
posted by スタッフ at 08:12

2019年10月16日

脳のMRI画像を見つけるAIシステムが医療機器として承認

東京大学発のベンチャー企業が、AI(人工知能)によってディープラーニングの技術を使って、脳のMRI画像から病気を見つけるシステムを開発し、医療機器として承認されたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191015/k10012131931000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www...
posted by スタッフ at 08:19

2019年07月06日

脳脊髄液減少症の新しい診療指針

脳脊髄液減少症について、厚労省の研究班が、研究に基づく診療指針を秋にも公表するそうです。平成28年には、漏れを自分の血液で止める「ブラッドパッチ」は、保険適用されています。ただし、漏れが少ないと画像(MRI)による判断がしにくいそうで、医師ごとに診断のばらつきがあるとの指摘があったそうで、新しい指針では、詳細な解説や検査の画像例を盛り込むなどして、平成23年の診断基準を具体化するそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190706/..
posted by スタッフ at 09:02

2019年07月05日

インスリンの効き方に影響(内臓脂肪より脂肪肝)

BMIが正常(21以上25未満)の範囲に収まっている男性87人を対象にした研究で、MRIで内臓脂肪や肝脂肪の量を調べたところ、インスリンの効き方との関係では、脂肪肝の方が大きく影響していることが分かったそうです。今後、メタボ健診でも、糖尿病予防の指標として、この点が重視されるようになるかもしれませんね。 https://www.asahi.com/articles/ASM6X3R93M6XULBJ003.html?iref=com_api_med_mednewstop ..
posted by スタッフ at 07:57

2019年03月23日

脳梗塞(t−PA療法の指針変更)

脳梗塞の初期の患者の治療で使われる血栓溶解剤のt−PAを使った「t−PA療法」について、より多くの患者が受けられるように、日本脳卒中学会が治療指針を変更したそうです。具体的には、MRI検査で脳の血管の状態が良ければ、医師の判断でこの治療を実施できるようにしたそうで、実施できる患者数が、年間で数千人ほど増えると見られているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190322/k10011857041000.html?utm_int..
posted by スタッフ at 10:49

2018年12月04日

ADHD(脳に特徴的な形態)

ADHD(注意欠陥・多動性障害)の子どもの脳をMRIと人工知能(AI)を使って解析したところ、眼窩前頭皮質の厚みが増加しているなど、脳のおよそ20箇所で特徴的な形態が見られたそうです。自閉症など他の障害と症状が類似していることもあり、こうした手法で正確な診断ができるようになる可能性があるようです。医療分野での画像解析へAIの応用が進んでいますが、こうした分野でも活用されそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181203/k10..
posted by スタッフ at 08:19

2018年10月05日

人工知能で乳がんを早期発見

人工知能(AI)を使って、日本人約3万人分の乳房のエックス線撮影画像と磁気共鳴画像(MRI)約3500枚を学習して、早期に乳がんを見つけ出すシステムの共同開発が始まるそうです。以前も関連記事を紹介しましたが、日本人は、体格や乳腺濃度の特徴などから、画像診断が難しいそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181004-OYTET50029/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomi..
posted by スタッフ at 08:32

2017年11月21日

人工知能で軽度認知障害の早期発見

軽度認知障害(MCI)についての記事は6月に紹介したことがありますが、MCIの早期発見を目的とした人工知能(AI)を用いた画像診断法(MRIによる脳血流の画像解析)の産学共同開発が始まるそうで、先行して実施された実証研究では良い結果が得られているようです。早期発見で、認知症へ進むのを抑制するきっかけになることが期待されます。 https://this.kiji.is/305169853867279457?c=39546741839462401 (http://www...
posted by スタッフ at 06:13

2017年05月10日

体内埋め込み機器のMRI適用可否の検索システム

心臓ペースメーカーや人工関節など体内埋め込み型の医療機器3620種(型番の違いも含めると約50万製品)についての情報をデータベース化し、MRI検査が可否についてネット上で検索できるシステムが完成し、無償公開されているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170509/lif1705090031-n1.html (http://www.sankei.com/) MRI: http://kumw-me.seesaa.net/p..
posted by スタッフ at 08:26

2017年04月25日

AIで脳動脈瘤を診断

MRIなどの画像から脳動脈瘤を見つけるAI(人工知能)が開発されたそうです。その際、「ディープ・ラーニング(深層学習)」によって、発見率を9割超に高められたそうで、年内にも事業化を目指しているそうです。人手不足を補いつつ、早期発見、早期治療に役立ちそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170424-OYTET50041/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiu..
posted by スタッフ at 06:51

2016年10月20日

医療分野にAI導入を提言

厚労省の懇談会は、検診のMRI画像や診療データなどを人工知能(AI)で分析し、がんの診断や治療法の選択に役立てる仕組みなどを国が整備するよう求めたそうです。そして、2020年度からは段階的に運用を始められるよう求める提言をまとめたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161019/k10010735631000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://..
posted by スタッフ at 00:10

2016年09月14日

心臓ペースメーカー

臨床工学技士も関わることのある心臓ペースメーカーについての解説記事が出ていました。現在、高齢者を中心に約40万人に使われているそうで、MRI対応型も急速に普及してきているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/160913/lif1609130012-n1.html (http://www.sankei.com/) 心臓ペースメーカー: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/..
posted by スタッフ at 14:34

2016年07月21日

脳の詳細地図

アメリカの研究チームが、MRIで脳(大脳皮質)を詳細に調べ、構造や働きなどに基づいて180の領域に分けた“詳細な地図”を作成したそうです。これは、オバマ政権が推進する人間の脳機能を解明する研究プロジェクト(Brain Initiative)の一環だそうです。 http://this.kiji.is/128544459203198981?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 07:48

2016年04月15日

人工知能で自閉症の診断

人工知能(AI)のニュースが続きます。人工知能を使って、機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で得られた脳活動のデータを基に、自閉スペクトラム症を判定する手法が開発されたとのニュースが出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/160414/lif1604140028-n1.html (http://www.sankei.com/) http://this.kiji.is/93281118348705795?c=395467418..
posted by スタッフ at 08:53

2016年02月03日

PETとMRIの組合せで

PETとMRIの組合せで、不安定プラークの状況を精密に把握する方法が開発されたそうです。心筋梗塞や脳梗塞の早期診断、早期治療に繋がることが期待されます。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20160203-047109.php (http://www.minyu-net.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83v%83%89%81%5B%8..
posted by スタッフ at 13:40

2016年01月08日

テレビゲームの脳の発達への悪影響

MRIで脳を調べたところ、テレビゲームで長時間遊ぶ子どもは、物事を認知・記憶する領域の発達が遅れていたそうです。また、意欲を司る領域にも悪影響があったそうです。その他にも言語能力が低い結果が出たようです。3年後の再調査では、テレビゲームが習慣化している場合は、さらに脳の発達が遅れていたそうです。スマホのゲームにはまっている人達も要注意でしょう。 http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201601/20160107_13015.html ..
posted by スタッフ at 06:30

2015年12月17日

閉所苦手な人でも大丈夫

MRI検査の経験がある人は分かると思いますが、狭い空間で恐怖や不安を感じるために検査ができない場合があり、それを軽減するため仮想映像装置が開発されたそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=128164 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82l%82q%82h ..
posted by スタッフ at 18:15

2015年08月11日

パーキンソン病の画像診断

パーキンソン病のマウスの脳のMRI画像から、脳の異常領域が突き止められたそうです。将来、MRIによる診断の可能性が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015081001002096.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015081100001.html (http://apital.asahi.com/) ht..
posted by スタッフ at 07:11

2015年05月27日

映像酔いの仕組みの一端解明

映画やテーマパークなどで「映像酔い」を経験したことがある人がいると思いますが、fMRIを使った研究で、その仕組みの一端が明らかになったそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015052600021.html (http://apital.asahi.com/) http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052501001729.html (http://www.47news.jp..
posted by スタッフ at 06:40

2015年05月23日

医療機器開発の重点分野

政府は、医療機器開発の強化策の一環として、以下の5つの重点分野を指定するそうです。 〈1〉手術支援ロボット・システム 〈2〉人工心臓や人工関節 〈3〉出来る限り身体に負担をかけない放射線治療や血管内治療など 〈4〉磁気共鳴画像装置(MRI)などの「画像診断装置」 〈5〉酸素濃縮装置などの「在宅医療機器」 開発の中心的な役割は、先月発足した「日本医療研究開発機構」が担っていくようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/p..
posted by スタッフ at 09:04

2015年05月13日

短時間で撮影可能なMRI

従来の3分の1の時間で撮影できるMRIが発売されたとの記事。子どもなどじっとしているのが難しい患者にも使いやすいとのこと。 http://www.47news.jp/feature/medical/2015/05/post-1292.html (http://www.47news.jp/)
posted by スタッフ at 06:02

2015年01月13日

木製車いす

医療現場ではMRIなど高磁場が発生する場所があり、事故も起きているそうです。そうした事故防止にも役立つ木製の車いすの開発についての記事が出ていました。ストレッチャーや点滴用スタンドなどの開発も進められているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/150112/lif1501120022-n1.html (http://www.sankei.com/)
posted by スタッフ at 06:26

2014年08月20日

四肢専用МRI

本学科の学生の臨床実習でもお世話になっています倉敷中央病院に四肢専用MRIが導入されたとの記事。経験された方はよくわかると思いますが、普通は大きなトンネル状の機器ですが、写真の通り手足を入れるだけになっていて、患者の心的ストレスが軽減されそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014082000001.html
posted by スタッフ at 06:01

2014年04月15日

MRIでプラーク検出

MRIで動脈硬化の不安定プラークを検出する方法が開発されたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014041501001923.html
posted by スタッフ at 22:38

2014年04月11日

MRI対応

最近、装着していてもMRI検査が受けられる「MRI対応」の医療機器(ペースメーカーなど)の紹介の記事。患者さんのメリットが大きくなります。 http://www.47news.jp/feature/medical/2014/04/post-1066.html
posted by スタッフ at 19:14

2013年05月27日

がん放射線治療の効果

がんの放射線治療の効果の確認は、現状では短くても数週間かかるそうですが、造影剤とMRIを使って、約1日で確認できる方法が開発されたそうです。より効果の上がる治療を進める上で役立ちそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130527-OYT1T00667.htm
posted by スタッフ at 18:01

2013年04月05日

夢のある話

夢の内容がある程度解読できるようになったとのニュース。脳の活動(fMRIで解析)と内容のパターンとの対応から、場合によっては70%以上の高確率で当てられたそうです。将来は、その技術を応用して、念じただけで、、、となるかもしれませんね。まさに”夢のある話”です。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130405/t10013690171000.html http://mainichi.jp/select/news/20130405k0..
posted by スタッフ at 07:08

2013年02月26日

思い込み

「自分は平均より優れている」と思い込みが誰でもあるそうですが、放医研のfMRIとPETを使った研究で、抑うつ状態ではこれが弱くなるそうです。いずれ診断などにも応用されそうです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130226-00000013-jij-sctch その思い込みも自分で自分をやる気にさせる意味では大切と思います。4年生の皆さんも(昨日の記事の通り)いい風も吹いていることだし、いいイメージを描きつつ、最後の5日間を..
posted by スタッフ at 09:21