2020年01月06日

手術支援ロボットの今後

手術支援ロボット「ダヴィンチ(ダビンチ)」の特許が、2019年に期限切れを迎え始め、今年には、その技術を応用した次世代ロボットの開発競争が激化すると予想されているそうです。患者にその恩恵が届くのは、もう少し先になるようですが、今後、注視していく必要がありそうです。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/202001/0013012013.shtml (https://www.kobe-np.co.jp/) 手術支援ロボット: ..
posted by スタッフ at 12:47

2019年12月08日

ロボット手術(前立腺がん)

手術支援ロボットのダヴィンチ(ダビンチ)による手術が、保険適用されるがんには、前立腺がん、腎臓がん、縦隔がん(悪性腫瘍、良性腫瘍)、肺がん(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)、食道がん、胃がん、直腸がん、膀胱がん、子宮体がんがありますが、シリーズで解説記事が出ています。まず、前立腺がんについて解説されています。 https://www.asahi.com/articles/ASMCJ4S6GMCJULBJ001.html?iref=com_apitop (https:/..
posted by スタッフ at 08:18

2019年09月27日

先端技術を駆使した見守りシステム(高齢者施設での実証実験)

NTT西日本は、高齢者施設でのプライバシーに配慮した見守りシステムの実用化を目指して、老人ホームで、センサーやロボットを導入した実証実験を行っているそうです。10部屋にベッドの寝起きを把握する「布型離床センサー」や、熱中症対策として温度、湿度などを把握する環境センサーを設置していて、入退館や浴場の出入りを顔情報で把握するロボットも置いているそうです。それを、職員が専用アプリで把握できるシステムだそうです。来年度からのシステムの販売を予定しているそうです。医療施設にも応用されそ..
posted by スタッフ at 08:38

2019年09月04日

ダヴィンチの体験

横浜市の病院で手術支援ロボットのダヴィンチ(ダビンチ)の操作体験が行われたとの記事が出ていました。本学科の臨床実習でも、ダヴィンチの実習が入っていますし、川崎医科大学総合医療センターでのイベントでも、中高生の皆さんにダヴィンチの操作体験をして頂いています。 https://www.asahi.com/articles/ASM913PWCM91ULOB002.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) ダヴィンチ: ..
posted by スタッフ at 07:44

2019年09月02日

遠隔手術のガイドライン

7月にも関連記事を紹介しましたが、ダヴィンチ(ダビンチ)によるロボット支援手術の公的保険の適用範囲が広がりつつあり、さらには遠隔地の患者を手術する遠隔手術に活用しようと、関係学会がガイドラインを作成しているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM814WVLM81ULBJ009.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) ダヴィンチ: http://kumw-me.sees..
posted by スタッフ at 06:23

2019年08月28日

がん検査や治療のための医療ロボット

岡山大学で、がんの検査や治療を行うための医療ロボットの臨床試験を実施し、安全に終了したそうです。CTの画像を見ながら病理検査(生検)や治療(がんを焼き切る、凍結させる)をするにあたり、CTから離れた場所で施術するため、被曝が避けられる利点があるそうです。来年度から実用化に向けて治験が始まるそうです。 https://www.sanyonews.jp/article/932821/ (https://www.sanyonews.jp/) がん+ロボット: htt..
posted by スタッフ at 08:27

2019年07月16日

遠隔手術実施推進委員会を設置

先月にも関連記事を紹介しましたが、日本外科学会が、手術支援ロボット「ダヴィンチ(ダビンチ)」による遠隔手術を行うための「遠隔手術実施推進委員会」を設置したそうです。来月にも、対象患者や手術の適応、安全性の確保などを定めたガイドラインの作成を開始して、年度内に方向性をまとめていくそうです。なお、ガイドラインの作成にあたり、法律や生命倫理の専門家や関係省庁、通信事業者、ロボットメーカー、他学会などからも意見を聴いて、まとめていくそうです。そして、同時に実際の患者を対象とした臨床研..
posted by スタッフ at 08:14

2019年06月13日

遠隔手術のガイドラインの作成に着手

内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ(ダビンチ)」の記事を時々紹介してきましたが、日本外科学会が、来月にも遠隔手術のガイドラインの作成に着手するそうです。環境が整備され次第、数年以内に実際に手術を実施して安全性の確認を行うそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM675VHLM67ULBJ011.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) ダビンチ: h..
posted by スタッフ at 07:49

2019年06月11日

ダビンチ

内視鏡手術支援用ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」の導入についての記事が出ていました。全国各地の医療機関で導入が進んでいますね。本学科の臨床実習でも、現物を見ながらダビンチの管理も学ばせて頂いています。 https://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20190609000094 (https://www.kyoto-np.co.jp/) ダビンチ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sea..
posted by スタッフ at 08:09

2019年05月04日

オンライン診療(指針の改定、現状と課題)

昨年導入されたスマホなどを使った「オンライン診療」について、不明瞭な点などがあり、そうしたことへの対応も含めて、厚労省は今月指針を改定することにしていて、その全容が明らかになり、紹介した記事が出ていました。初診の定義、緊急避妊薬の処方と3週間後の受診、手術支援ロボットによる遠隔手術などが含まれているようです。 https://www.sankei.com/life/news/190503/lif1905030032-n1.html (https://www.sanke..
posted by スタッフ at 08:10

2019年05月03日

ダビンチ没後500年

ダビンチ(ダヴィンチ)というと手術支援ロボットを思い浮かべる人もいると思いますが、イタリアのルネサンス期の巨匠、レオナルド・ダビンチが亡くなってから500年になるそうで、記念のイベントが催されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190503/k10011904291000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (http://www.nhk.or.jp/)..
posted by スタッフ at 09:30

2019年04月24日

ロボット麻酔システム

全身麻酔に使う鎮静薬など3種類の薬の量を自動で調整する「ロボット麻酔システム」が開発されたとの記事が出ていました。臨床工学技士も関係するところですので、今後、どれだけ導入が進むか注目されます。 https://www.asahi.com/articles/ASM4J6GVXM4JULBJ00W.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) 麻酔: http://kumw-me.seesaa...
posted by スタッフ at 07:45

2019年03月06日

手術支援ロボットを県北で初めて導入

手術支援ロボットのダビンチ(ダヴィンチ)を、津山中央病院が県北で初めて導入したそうです。川崎学園でも川崎医科大学総合医療センターで導入されていますね。本学科でも臨床実習で見学をさせて頂いています。 https://www.sanyonews.jp/article/877039/ (https://www.sanyonews.jp/) http://medica.sanyonews.jp/article/10418 (https://www.sanyonews...
posted by スタッフ at 08:13

2019年02月17日

手術支援ロボットで東北地方初の手術

東北地方では初めての手術支援ロボット「ダ・ビンチ」を使った呼吸器外科分野の縦隔腫瘍手術が行われたという記事が出ていました。 http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190215-351271.php (http://www.minyu-net.com/) http://www.minpo.jp/news/detail/2019021560294 (http://www.minpo.jp/) 手術支援ロボット: ht..
posted by スタッフ at 10:18

2019年01月21日

手術支援ロボットで肺がん手術

手術支援ロボット・ダビンチ(ダヴィンチ))についての記事がまた出ていました。岡山大学病院で、肺がんの手術を保険診療で始めたそうです。臨床工学技士も関わる業務範囲がさらに拡大していきます。 http://www.sanyonews.jp/article/855377 (http://www.sanyonews.jp/) ダビンチ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83_%83r%83%9..
posted by スタッフ at 08:21

2019年01月11日

ダビンチで直腸がん手術

手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」についての記事を先週紹介しましたが、また別の病院の記事が出ていました。 https://www.sankei.com/life/news/190110/lif1901100009-n1.html (https://www.sankei.com/) ダビンチ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83_%83r%83%93%83%60
posted by スタッフ at 13:01

2019年01月05日

ロボット手術の現状

ダビンチ(ダヴィンチ)を使ったロボット手術について、日本における現状を紹介した記事が出ていました。本学科の臨床実習でも川崎医大総合医療センターでダビンチを見る機会があります。 https://www.nishinippon.co.jp/nnp/medical_news/article/476647/ (https://www.nishinippon.co.jp/) ロボット手術: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sea..
posted by スタッフ at 09:59

2018年12月05日

人工関節の手術支援ロボット

人工関節置換術に使用する手術支援ロボット「Mako」についての記事が出ていました。これが、国内2基目ということです。ナビゲーションシステムを使っている施設は多いと思いますが、ロボットの制御によって設置角度の誤差は1度以内に抑えられるそうで、より確実性が増すようです。 https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201812/0011872246.shtml (https://www.kobe-np.co.jp/) 人工関節: ht..
posted by スタッフ at 08:18

2018年12月03日

aiboの癒し効果を検証

長期入院中の子ども達が、犬型ロボット「aibo」でどれだけ癒されるかを科学的に検証する研究が始まり、2021年3月まで行われるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181203-OYTET50057/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) ロボット: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sea..
posted by スタッフ at 19:25

2018年11月10日

ダビンチの事例紹介

内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」を使った手術の紹介記事が出ていました。ダビンチの管理も臨床工学技士の大切な業務に入ってきていますので、こうした記事も紹介して行きます。 https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/97414 (https://www.shimotsuke.co.jp/) ダビンチ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83..
posted by スタッフ at 08:38

2018年06月14日

医療用ロボによる病理検査の臨床試験

岡山大学で開発した医療用ロボットを使って針を操作し病理検査を行う臨床試験が行われたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/20180613/4020000476.html (https://www.nhk.or.jp/) 医療用ロボット: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E3%97%C3%97p%83%8D%83%7B%83b%83g..
posted by スタッフ at 08:39

2018年06月02日

ダビンチの適用範囲の拡大(胃がん、膀胱がん)

本学科の講義の中でも時々登場する手術支援ロボットのダビンチ(ダヴィンチ)ですが、先週、保険適用範囲の拡大についての記事を紹介しました。そして、近隣の岡山大学病院で、胃がんと膀胱がんの手術を保険診療で始めるそうで、それについての記事が出ていました。患者の体への負担が少ない方法として注目されます。 http://www.sanyonews.jp/article/725391 (http://www.sanyonews.jp/) ダビンチ: http://kumw-..
posted by スタッフ at 09:25

2018年05月31日

人の腕のように動かせる筋肉ロボット

ラットの細胞から作製した筋肉を使って、人間の腕に似せて電気刺激で動かせるロボットが開発されたそうです。筋肉に関する基礎的な研究から、義手や義足の開発など幅広い応用が期待されているようです。 http://www.sankei.com/life/news/180531/lif1805310003-n1.html (http://www.sankei.com/) 筋肉: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?ke..
posted by スタッフ at 08:07

2018年05月23日

ロボット手術の保険適用範囲の拡大

内視鏡手術用支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」などのロボット技術による内視鏡手術を公的保険で受けられる病気の対象が、この春から拡大しましたが、それに関する解説記事が出ていました。写真には臨床工学技士と思われるスタッフも写っていますね。 https://www.asahi.com/articles/ASL5Q7DSXL5QUBQU01M.html (https://www.asahi.com/) http://tech.nikkeibp.co.jp/dm/at..
posted by スタッフ at 09:20

2018年01月22日

医療・介護分野でのロボットの導入

ある調査会社によると、団塊世代が全て75歳以上になる2025年に向けて、高齢者や障害者の自立支援ロボット(移乗支援のロボットスーツや、コミュニケーションロボット、入浴支援機器など)などの市場が急速に拡大するとの予測が出されたそうです。このブログでも、病院内にもロボットが導入されてきている記事を紹介していますが、2025年にはどのくらい変わっているのでしょうか。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180122-OYTET5003..
posted by スタッフ at 16:59

2018年01月12日

ALSの微弱信号で文字入力

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者向けに体を動かそうとする時に生じる微弱な信号を読み取って文字入力ができる装置が、装着型ロボット「HAL」を開発した企業によって開発されたそうです。今春の販売を予定しているそうです。ALSの患者さんは、2016年度末時点で、約9500人おられるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180111-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_news (https:..
posted by スタッフ at 08:51

2017年12月08日

人型ロボットによる創薬支援事業

日本医療研究開発機構(AMED)などが、人型ロボット「まほろ」を使って、人手が少ない大学での創薬研究を支援する事業を始めたそうです。新薬候補の効果を試験する工程に、ロボットを導入して、時間の短縮とコスト削減を狙っていて、希少難病の治療薬の開発などが進み易くなることが期待されているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171207-OYTET50012/?catname=news-kaisetsu_news (http..
posted by スタッフ at 08:50

2017年11月29日

病院内でロボットが薬や検体を搬送

名古屋大学病院で自走ロボットが、外科系集中治療室(SICU)と検査部、薬剤部の間で、薬や検体を搬送するようになるそうです。 https://this.kiji.is/308191266062009441?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASKCY0J56KCXOIPE03C.html?iref=com_apitop (http://www.asa..
posted by スタッフ at 07:35

2017年10月16日

AIとロボットで創薬用細胞の製造技術の開発

AI(人工知能)とロボット技術を組み合わせて、創薬用の細胞(抗がん剤用のがん細胞など)を自動作製する技術開発が始まり、2024年度の実用化を目指すそうです。 https://this.kiji.is/291839640063247457?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankeibiz.jp/business/news/171016/bsc1710160500003-n1.htm ..
posted by スタッフ at 08:32

2017年05月07日

医療用ロボットによる治療用医療保険

医療用ロボットを使った歩行訓練などの治療ですが、ALSなど8つの難病に公的医療保険が適用されますが、それでも自己負担もあり、そうした治療費を保障する国内初の医療保険(特約)が販売されるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170507/k10010972461000.html?utm_int=news_contents_news-main_006 (http://www.nhk.or.jp/) http://www3.n..
posted by スタッフ at 07:01

2017年04月13日

リハビリ支援ロボット

リハビリテーション支援ロボットは以前にも紹介しましたが、トヨタ自動車も産学共同で支援ロボット「ウェルウォーク WW―1000」を開発したそうです。9月から医療機関への貸し出しを始めるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170412/k10010946141000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (http://www.nhk.or.jp/) http:..
posted by スタッフ at 07:25

2016年12月14日

ALS患者向けのBMIの臨床研究

「BMI」と言ってもbody mass indexではなく、brain machine interfaceという技術の略名で脳の信号を機器で操作する技術だそうです。ALS(筋萎縮性側索硬化症)の患者の脳の表面に電極を置き、読み取った脳波を無線で転送し、パソコンやロボット義手を操作する世界初の臨床研究が来年度にも行われるそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJDD4WF9JDDPLBJ004.html?iref=com_apitop ..
posted by スタッフ at 12:25

2016年12月14日

見事キャッチ+無事ドッキング

先週打ち上げられた「こうのとり6号」をISS(国際宇宙ステーション)に滞在中の宇宙飛行士がロボットアームで無事キャッチしたそうです。食料、飲料水、超小型衛星、先日紹介したリチウムイオン電池など搭載しているようです。 http://this.kiji.is/181361799429881862?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161213/k..
posted by スタッフ at 00:28

2016年11月10日

AIやロボット治療に診療報酬を

最近関連した記事がたくさん出てきましたが、AI(人工知能)やロボット技術を使った医療行為に対して、2020年度から診療報酬の対象とする方向で検討に入ったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161108-OYTET50033/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) AI: http://kumw-me.seesaa.net/pag..
posted by スタッフ at 00:05

2016年10月09日

人の臭い感知する自走ロボット

蚊の触角にある人の臭いを感知する受容体を組み込んだセンターを使った小型自走ロボットが開発されたそうです。災害現場での不明者の捜索などへの応用を目指しているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/161007/lif1610070032-n1.html (http://www.sankei.com/) センサー: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Z..
posted by スタッフ at 08:38

2016年10月03日

最先端技術で社会保障費を抑制

安倍総理が、国際会議でのあいさつで、ロボットスーツなど最先端技術を生活習慣病予防や介護負担軽減などに応用し、社会保障費の抑制に繋げていく考えを示したそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161002/k10010714651000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (http://www.nhk.or.jp/) 社会保障費: http://kumw-me..
posted by スタッフ at 00:10

2016年10月01日

ロボットスーツ(脳卒中リハビリ用の医療機器を目指して)

ロボットスーツ「HAL医療用」は既にALSなど8つの疾患で、歩行機能改善のための医療機器として承認されていますが、脳卒中患者のリハビリ用としての臨床試験が始められるそうです。 http://this.kiji.is/154403914317121015?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161005-OYTET50013/?catn..
posted by スタッフ at 00:10

2016年09月20日

ロボットスーツ(貸し出し事業)

ロボットスーツについての記事は、最近も何度か紹介していますが、貸し出し事業についての記事が出ていました。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160919/k10010692121000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (http://www.nhk.or.jp/) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/252821.html#..
posted by スタッフ at 08:38

2016年09月08日

ロボットスーツに保険適用しての治療開始

ロボットスーツが、医療機器として承認され、健康保険が適用されるようになりましたが、保険適用して初めての治療が、新潟の病院で始まったとの記事が出ていました。手すりなどがなければ歩行が困難な患者さんが、660m歩かれたそうです。保険適用によって普及していきそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160907/k10010674401000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_00..
posted by スタッフ at 07:04

2016年08月28日

川崎医科大学総合医療センター

川崎医大附属川崎病院に導入された手術支援ロボット「ダ・ビンチ」の最新鋭機種と12月に開院する「川崎医科大学総合医療センター」についての記事が出ていました。これから臨床実習に行く皆さんは、楽しみですね。 http://medica.sanyonews.jp/article/6296 (http://www.sanyonews.jp/) https://g.kawasaki-m.ac.jp/teaser/ http://kumw-me.seesaa.net/a..
posted by スタッフ at 21:00

2016年08月26日

ALS(発症の仕組みの一端解明)

筋萎縮性側索硬化症(ALS)に関連した記事は何度も紹介してきましたが、その発症の仕組みの一端が解明されたそうです。発症に関係しているとされる遺伝子の一つ「オプチニューリン」を働かないように変異させ、ALSの特徴を再現した細胞を作製・観察したところ、細胞の炎症を起こすタンパク質が活性化し、慢性的炎症、細胞死に至ることを明らかにしたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160825-OYTET50020/?catname=..
posted by スタッフ at 08:41

2016年08月19日

ロボットスーツのレンタル開始

ロボットスーツ「HAL」は昨年11月に医療機器として承認され、今年4月から公的医療保険の適用対象(筋萎縮性側索硬化症:ALS、筋ジストロフィーなど)となっています。その医療用下肢タイプが、今月末から国内向けにレンタルされるようになるそうです。 http://this.kiji.is/138482529268745717?c=41699317457911808 (http://www.47news.jp/) ロボットスーツ: http://kumw-me.see..
posted by スタッフ at 09:06

2016年08月17日

革新的医療機器の早期承認制度

厚労省が、補助人工心臓や装着型の動作支援ロボットなど、高い効果が期待される革新的医療機器を迅速に患者に届けるために、早期に承認する制度を創設する方針を決めたそうです。具体的には、従来より少ない患者を対象にした治験(臨床試験)のデータでも製品を承認できるようにするとのこと。規模が小さいベンチャーが多いので、早期に利益確保が見込め、開発しやすくなるというメリットもあるようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160817-OY..
posted by スタッフ at 17:27

2016年08月04日

慢性期の脊髄損傷に回復の可能性

脊髄を損傷して6週間以上が経過したマウスに神経を作り出す細胞を移植し、8週間、歩行訓練を行ったところ、しっかり歩けるようになったそうです。慢性期の脊髄損傷の患者においても、iPS細胞などを使った神経細胞の移植とリハビリにより、機能回復の可能性があることがわかったとのこと。4月にも関連した記事が出ていましたが、数年後には移植とロボットスーツによるリハビリの臨床研究を始めたいそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160804/k10..
posted by スタッフ at 06:51

2016年06月22日

手術支援ロボットで腎臓がん手術

手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」が、4月から腎臓がんの手術にも保険適用になりましたが、現状についての記事が出ていました。臨床実習でも見学させて頂いた4年生もいますね。 http://www.sankei.com/life/news/160621/lif1606210013-n1.html (http://www.sankei.com/) ダビンチ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keywor..
posted by スタッフ at 07:31

2016年05月25日

日本の医療機器産業の国際展開

アベノミクスの3本の矢の中の一つの「成長戦略」の中に、医療機器産業の成長の後押しがありましたが、国際展開するための基本計画案がまとめられたそうです。手術支援ロボットシステム、人工組織や臓器、在宅医療機器などの分野にターゲットを絞り込み、研究開発を促進する必要性と体制作りを指摘しているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160525/k10010533911000.html?utm_int=news-culture_conten..
posted by スタッフ at 06:17

2016年05月18日

G7茨城・つくば科学技術大臣会合

G7茨城・つくば科学技術大臣会合が、15日から昨日まで開催されていました。高齢社会に対応した研究や取り組み(認知症の研究、脳科学研究の推進、ロボット技術活用、健康で自立した生活、積極的な社会参加など)、感染症の研究、女性研究者の活躍の推進(国際的なネットワーク作りなど)などについて議論され、共同声明「つくばコミュニケ」がまとめられたようです。 http://www.sankei.com/life/news/160517/lif1605170019-n1.html (h..
posted by スタッフ at 09:16

2016年04月21日

生活支援用ロボットにJIS規格

経産省が、高齢者介護などの生活支援用ロボットの安全性確保のため、日本工業規格(JIS)を定めたそうです。 http://this.kiji.is/95417861417500679?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%8D%83%7B%83b%83g+%8Ex%89%87
posted by スタッフ at 00:00

2016年04月19日

iPS細胞とロボットスーツで脊髄損傷治療

脊髄損傷を治療するために、iPS細胞とロボットスーツHALを併用した共同研究を始めるそうです。まず、HALによる臨床研究から始めて、十分な機能回復が認められない場合、iPS細胞を使った治療(+HALによる機能訓練)を検討していくとのこと。 http://www.asahi.com/articles/ASJ4L3W9FJ4LULBJ008.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.nikkei...
posted by スタッフ at 00:03

2016年04月13日

腎臓がん(ロボット手術に保険適用)

以前にも関連した記事を紹介しましたが、手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」を使った腎臓がんの腹腔鏡手術が、今月から保険適用になり、それについての記事が出ていました。患者さんの負担が少なく、メリットが大きそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ4D6HNNJ4DUBQU010.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 12:21

2016年02月24日

人間型ロボット開発への支援策

政府が、災害現場などで活躍する人間型ロボットの開発強化にテコ入れするそうです。具体的には、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)が、3つの産学官のチームに支援していくようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160221-OYT1T50096.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%..
posted by スタッフ at 09:43

2016年02月18日

ロボット手術(特区で外国人医師が手術)

国家戦略特区制度を利用して、九州大学で胃がんのロボット手術を(胃がんロボット手術の第一人者の)韓国人医師がされたそうです。 http://this.kiji.is/72612079661139452?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%8D%83%7B%83b%83g%8E%E8%8Fp
posted by スタッフ at 00:20

2016年01月29日

HAL医療用に保険適用

昨年11月末にロボットスーツ「HAL医療用」の国内販売が承認されたとの記事を紹介しましたが、中医協が保険適用を承認したそうです。4月からの適用になるようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=129608 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82g%82%60%82k..
posted by スタッフ at 06:30

2016年01月19日

ロボット介護機器の開発(現場重視の協議会の立ち上げ)

厚労省は、ロボット介護機器の開発を目的とした協議会をこの初夏までに立ち上げるそうです。協議会の主体は、介護施設の運営者や介護従事者などで、現場のニーズの把握を強化するようです。 https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00371410 (http://www.nikkan.co.jp/)
posted by スタッフ at 18:58

2016年01月15日

半分がロボットやAIで置き換わる?

昨年12月にも関連した記事を紹介しましたが、日英の研究チームが、10〜20年後には日本の労働人口の約半数が人工知能(AI)やロボットに置き換えられてしまうとの分析結果を出したそうです。一方、創造性やコミュニケーション能力が求められる職業は、代替されにくいようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160112-OYT1T50149.html?from=ycont_top_txt (http://www.yomiuri.co.jp/..
posted by スタッフ at 06:30

2015年12月09日

農作業用ロボットスーツ

先日、ロボットスーツ「HAL医療用」の国内販売が正式に承認されたというニュースを紹介しましたが、農業用のロボットスーツについてのニュースが紹介されていました。農作業が楽にできるようになるようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151208/k10010334261000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?key..
posted by スタッフ at 00:10

2015年12月03日

国際ロボット展

昨日から「国際ロボット展」が始まったそうです。人手不足を補うなどいろいろな分野での活用が期待されています。特に人と共同作業が出来るロボットに関心が集まっているようで、過去最多の446の出展があるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010327131000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www.asahi.com/articles/ASHD15WN8HD1UTI..
posted by スタッフ at 08:17

2015年11月26日

ロボットスーツを正式承認

2週間ほど前に関連記事が出ましたが、厚労省がロボットスーツ「HAL医療用」の国内販売を正式に承認したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112501001610.html (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASHCT63PRHCTULBJ013.html?apital (http://www.asahi.com/) http://k..
posted by スタッフ at 08:45

2015年11月10日

ロボットスーツの医療機器承認

今年の3月にロボットスーツ「HAL」を難病治療(ALSや筋ジストロフィーなど)のための医療機器として申請したというニュースを紹介しましたが、この度、厚労省が承認する方針を決めたそうです。今回は優先的に審査が行われ、通常1年のところを8ヶ月に短縮されたそうです。早ければ来春には保険適用されるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151110/k10010300391000.html (http://www.nhk.or.jp) ..
posted by スタッフ at 18:51

2015年09月12日

ダビンチを心臓手術にも

手術支援ロボットの「ダビンチ(ダヴィンチ)」ですが、厚労省の専門家部会が、製造販売の承認を心臓手術にも拡大することを了承したそうです。これまでは前立腺や胃、腸などの手術で承認されていましたが、保険適用は前立腺手術のみでした。今回、心臓手術に適用されるかどうかは不明だそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015091200004.html (http://apital.asahi.com/) http://kumw..
posted by スタッフ at 08:46

2015年08月24日

見事キャッチ・ドッキング

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在中の宇宙飛行士の油井さんが、宇宙輸送船「こうのとり」5号機をロボットアームで見事にキャッチしたそうです。日本人と日本の技術の高さが証明されましたね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k10010200911000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150824/k1001020082100..
posted by スタッフ at 19:43

2015年08月18日

健康長寿支援ロボットセンター

愛知県の国立長寿医療研究センターに、高齢者の介護や体の訓練用のロボット開発を行う「健康長寿支援ロボットセンター」が完成したそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150817/k10010193191000.html (http://www.nhk.or.jp) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83%8D%83%7B%83b%83g
posted by スタッフ at 06:15

2015年05月23日

医療機器開発の重点分野

政府は、医療機器開発の強化策の一環として、以下の5つの重点分野を指定するそうです。 〈1〉手術支援ロボット・システム 〈2〉人工心臓や人工関節 〈3〉出来る限り身体に負担をかけない放射線治療や血管内治療など 〈4〉磁気共鳴画像装置(MRI)などの「画像診断装置」 〈5〉酸素濃縮装置などの「在宅医療機器」 開発の中心的な役割は、先月発足した「日本医療研究開発機構」が担っていくようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/p..
posted by スタッフ at 09:04

2015年03月26日

ロボットスーツを医療機器に

ロボットスーツー「HAL」の難病治療(ALSや筋ジストロフィーなど)のための医療機器としての申請が行われたとの記事が出ていました。つくば市のベンチャー企業「サイバーダイン」社(山海嘉之社長は岡山出身)によるもので、以前からテレビなどでも取り上げられてきたので、ご存知の方もいるでしょう。既に高齢者リハビリ用の福祉機器としては使われてきていますが、医療機器としての申請は初めてだそうです。なお、EUでは既に医療機器として承認されているそうで、アメリカでも医療機器としての承認申請が進..
posted by スタッフ at 08:50

2015年02月13日

ロボット手術指導医の認定制度

ダビンチ(ダヴィンチ)を使った前立腺がんや腎臓がんのロボット手術の記事を紹介したことがありますが、前立腺がんの手術の安全性を高めるために、関係学会が4月からロボット手術指導医の認定制度を発足させるそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112071 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/411388019..
posted by スタッフ at 18:21

2015年01月26日

ロボットオリンピック(2020年、医療分野も)

政府の「ロボット革命実現会議」が「ロボット新戦略」を発表し、2020年の東京オリンピックに合わせて、ロボットオリンピック(仮称)を開催して、それまでの期間に1千億円を投じて国内市場を拡大させる方針だそうです。その中で、医療用ロボットに含まれるようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015012400016.html (http://apital.asahi.com/)
posted by スタッフ at 09:00

2014年12月28日

ダビンチで腎臓がん手術

手術支援ロボットのダビンチ(ダヴィンチ)を使って、腎臓がんの手術をする先進医療が今月から岡山大学病院で始まったそうです。厚労省が全国で11箇所認定施設とし、症例を増やしてこの方法の有効性を検証していくようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014122800001.html (http://apital.asahi.com/) http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/055/c2014..
posted by スタッフ at 06:23

2014年12月23日

介護や医療の現場でロボット

最近、介護や医療の現場でロボットが導入されるようになってきましたが、活用されているロボットの様子が紹介されています。ロボットで対応できることはそちらに任せて、限られた人材を有効に使うことが出来るようになっているようです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014122200011.html (http://apital.asahi.com/)
posted by スタッフ at 00:12

2014年12月11日

手術支援ロボット

先月末に手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」についての記事を紹介しましたが、その会社の最高経営責任者のインタビューが出ていました。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=109473 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/409524265.html
posted by スタッフ at 18:25

2014年11月25日

手術支援ロボット(2万件の実績)

皆さんも講義などで聞いたことがあると思いますが、手術支援ロボット「ダビンチ(ダヴィンチ)」についての記事が出ていました。今年中には手術実績が2万件に達するそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=108698 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 07:39

2014年10月20日

手術支援ロボット

手術中の手ぶれや腕の疲れを軽減する支援ロボットが開発されたとの記事。来年春に発売されるそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=106703 (国試まで残り132日)
posted by スタッフ at 00:05

2014年10月11日

超人スポーツ委員会

「超人スポーツ委員会」が設立されたそうです。と言ってもよくわかりませんが、ロボットなどの先端技術と使って、本来の人間の身体能力を超えた力を発揮する新しいスポーツや観戦方法を開発することを目指すそうです。何だか面白そうですね。 http://www.47news.jp/CN/201410/CN2014101001001845.html http://superhuman-olympic.org/index.html
posted by スタッフ at 00:15

2014年10月03日

作業支援用ロボットスーツ

ロボットスーツで知られるサイバーダイン社が、作業支援用ロボットスーツを開発したとの記事。腰にかかる負担を軽減するそうで、高齢化にともない色々な体を使う作業がきつくなった人達が作業現場で使ったりするようです。 http://www.sankei.com/life/news/140930/lif1409300037-n1.html http://www.cyberdyne.jp/
posted by スタッフ at 06:10

2014年09月08日

2足で走るロボット

人と同じように(マラソンランナー並みの速度で)2足で走るロボットが開発されたとのニュース。まだ耐久性の問題などがあるようですが、注目されそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140907/k10014408131000.html
posted by スタッフ at 08:49

2014年09月01日

ロボット車いす

総務省を中心に、脳波に基づいて自動走行する「ロボット車いす」を開発していくそうです。来年度予算の概算要求の中に開発費を盛り込んでいるそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=104238
posted by スタッフ at 14:04

2014年07月22日

ロボット白書

日本初の「ロボット白書」が作成されたそうです。最先端技術、普及に向けての課題、今後の市場予測などについてまとめられているようです。高齢者や障がい者への活用など医療福祉分野での活用も広がりそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140721/k10013162111000.html
posted by スタッフ at 05:43

2014年07月01日

ロボット手術室

政府が、企業や大学と共同で「ロボット手術室」の開発を始めることにしたそうです。臨床工学技士もいずれこうした環境で仕事をするようになるかもしれませんね。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=100994
posted by スタッフ at 11:08

2014年06月27日

ロボット歩行器

米食品医薬品局(FDA)が、脊髄損傷の患者に装着して歩行を助けるロボットを認可したとの記事。 http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062701001413.html
posted by スタッフ at 09:54

2014年05月03日

エジソン賞

以前、ロボットスーツについての記事を紹介しましたが、この会社の医療用ロボットスールが、アメリカで「エジソン賞」の金賞を受賞したそうです。サイエンス・メディカル部門の治療分野での金賞は日本からは初めてだそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20140501-OYT1T50139.html http://kumw-me.seesaa.net/article/332161480.html http://kumw-me.see..
posted by スタッフ at 07:20

2014年04月22日

ロボット手術

ロボット支援による手術が泌尿器科でよく行われているとの紹介記事。きっかけは、平成24年にロボット支援下での前立腺全摘手術へ保険が適用されたことがあるようです。 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140422/bdy14042210450004-n1.htm
posted by スタッフ at 12:10

2014年03月26日

歩行支援ロボット

台湾で開発された歩行支援ロボットについて、これから臨床試験を経て、1〜2年で実用化を目指すとの記事。 http://www.nnn.co.jp/news/140325/20140325009.html
posted by スタッフ at 09:28

2013年08月06日

医療機器認証

以前、ロボットスーツの「HAL」に日本品質保証機構(JQA、東京)による国際安全規格の認証書が与えられることになったニュースを紹介しましたが、ヨーロッパの医療機器認証を取得したとのニュース。医療機器としての活用に結びつきそうです。 http://mainichi.jp/select/news/20130806k0000e040141000c.html http://kumw-me.seesaa.net/article/332161480.html
posted by スタッフ at 09:00

2013年08月02日

人工筋肉

岡山大学が県内の企業と韓国のサムスンと共同で、直径3ミリの世界最小人工筋肉を開発したとのニュース。ロボット産業や精密機械などで広く応用が期待されているようです。 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2013080109234614/ http://iryo.sanyo.oni.co.jp/hosp/h/055/c2013080109511716
posted by スタッフ at 00:08

2013年07月04日

コミュニケーション能力アップ

ホンダのアシモを使って、自ら状況を判断し、人間とのコミュニケーション能力を高めたロボットを開発し実証試験を始めたそうです。コミュニケーション能力がアップすれば、応用の範囲が広がると期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130703/k10015768361000.html
posted by スタッフ at 00:06

2013年02月27日

ロボットに認証

ロボットスーツ「HAL」に国際安全規格の認証書を与えることが決まり、今日、授与されたそうです。福祉用ロボットとしての安全に対する規格認証ということで世界初だそうです。国際基準での質の保証ということで注目されますね。 http://www.47news.jp/CN/201302/CN2013022701001163.html
posted by スタッフ at 13:02

2013年02月18日

特区

神奈川県の中央部が、介護や医療分野のロボット開発などを行う総合特区に指定されたそうです。医療機器も含まれそうなので、新しい医療機器の開発の活性化に繋がるものと期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130218/k10015585251000.html
posted by スタッフ at 07:08

2013年01月25日

新しいリハビリ

今朝、NHKのニュースの中の特集コーナーで、脊髄損傷患者さんに神経再生能力のある嗅粘膜組織を移植して脊髄を再生させ、ロボットスーツを使いながらリハビリをするというこれまでにない方法で、次第に改善が見られている様子が紹介されていました。ロボットスーツのリハビリへの応用は以前にも紹介されていましたが、患者さん達に希望を与える方法として注目されます。 http://www.nhk.or.jp/ohayou/marugoto/2013/01/0125.html
posted by スタッフ at 06:37

2012年12月03日

新しいツール

ロボットスーツで有名な筑波大学の山海教授のグループが、ALSの患者向けにパソコン操作装置を開発したというニュースも紹介されていました。患者の皆さんのコミュニケーションがよりスムースになるのではと期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121203/k10013907921000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/13976..
posted by スタッフ at 07:31