2020年06月05日

iPS細胞(アルツハイマー病の治験)

iPS細胞を使った実験で見つけた治療薬として候補になっている薬の臨床試験(治験)が開始されるそうです。家族性アルツハイマー病の患者を対象に、パーキンソン病の治療薬として使われている「ブロモクリプチン」を投与するそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200605/k10012458561000.html (https://www3.nhk.or.jp/) https://mainichi.jp/articles/2020..
posted by スタッフ at 08:00

2019年12月11日

アルツハイマー病の治療薬

アメリカの製薬会社が、2020年の承認申請を目指しているアルツハイマー病の治療薬(アデュカヌマブ)について、治験(臨床試験)として使用1年半後に認知機能の低下が約2割抑制できたという結果を公表したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191211-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www...
posted by スタッフ at 11:40

2019年11月06日

アルツハイマー病を血液1滴で診断

アルツハイマー病を1滴の血液から診断できる可能性のあるマーカー(フロチリン)が発見されたそうです。軽度認知障害(MCI)の診断も可能になるようです。 https://mainichi.jp/articles/20191106/ddm/012/040/092000c (https://mainichi.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191106-OYTET50005/?catname=news-kaiset..
posted by スタッフ at 08:27

2019年09月01日

認知症(根本治療薬の開発の現状)

認知症の中で7割ほどを占めるとアルツハイマー病について、根本治療薬の早期の開発が待ち望まれていますが、ここのところ、開発中止が相次いでいるとの記事が出ていました。根本治療薬とは、アミロイドβの蓄積を防いだり、除去したりして進行を抑制するものだそうですが、未だに承認に至った薬はなく、中止に至った理由としては、期待した効果が見られなかった、逆に認知機能が低下した、脳に浮腫が起きるなどの副作用がみられたなどだそうです。開発が進まない理由としては、アミロイドβが蓄積し始めてから、発症..
posted by スタッフ at 07:48

2019年08月26日

アミロイドーシス専門の研究室

透析やアルツハイマー病などに関係するアミロイドーシスの治療薬を開発する研究室(長崎国際大学)についての記事が出ていました。 https://this.kiji.is/538175074942420065?c=39546741839462401 (https://this.kiji.is/-/units/39079921310139892) アミロイド: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%..
posted by スタッフ at 08:10

2019年07月20日

歯周病(細胞シートで治療)

この前、AIによる歯周病の簡易検査についての記事を紹介しましたが、歯周病の患者で、抜歯した親知らずなどから採取した細胞から細胞シートを作製し、患部(歯周ポケット)に移植して治療する治験(臨床試験)が開始されたそうです。歯周病は、脳梗塞や心疾患、誤嚥性肺炎、アルツハイマー病など色々な疾患との関連も知られており、健康な歯の維持は大切です。記事の中で予防法も紹介されています。 https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201..
posted by スタッフ at 08:35

2019年04月30日

アルツハイマー病(ポリフェノールで抑制効果)

ポリフェノールの一種のタキシフォリンに、アルツハイマー病の患者の脳内のアミロイドβの蓄積抑制や炎症を抑える効果があり、認知機能も維持されることがマウスの実験で明らかになったそうです。ただし、毎日、大量投与という条件下での結果のようです。今後、人での効果が出るかどうか検討されていくようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM4V6F9KM4VPLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop (https..
posted by スタッフ at 05:58

2019年04月11日

COPD(歯周病でリスクが大幅に増加)

COPD(慢性閉塞性肺疾患)の危険因子については、たばこや大気汚染がよく知られていますが、歯周病が進むとCOPDになるリスクが3.5倍になることがわかったそうです。歯周病がアルツハイマー病に関係していることなども知られていますが、口腔ケアの大切さがさらに注目されそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM3N3RKDM3NTIPE00P.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.as..
posted by スタッフ at 08:12

2019年03月27日

血中カルシウム濃度と認知症の関係

血中のカルシウム濃度が低いと、軽度認知障害(MCI)からアルツハイマー病へ進みやすいとの研究結果が発表されたそうです。詳しい理由ははっきりしていないようですが、ビタミンDの欠乏の可能性が考えられるそうです。認知症予防に効果があると言われる適切な食事や運動は、カルシウム濃度を高める働きもあるそうですので、こうした研究の進展が期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190326-OYTET50009/?catname=n..
posted by スタッフ at 08:19

2019年01月09日

忘れた記憶を回復する薬

薬で記憶を回復させることに成功したとの論文が発表されたそうです。めまいの治療薬(メリスロン)で、写真を使った記憶のテストの結果がかなり改善されたそうです。この薬はヒスタミンの放出を促すそうです。この結果を受けて、アルツハイマー病などの治療法に繋がる可能性もありそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190108/lif1901080033-n1.html (https://www.sankei.com/) https://s..
posted by スタッフ at 13:02

2018年10月09日

アルツハイマー病(遺伝子治療でマウスの記憶力が回復)

アルツハイマー病の遺伝子治療の研究で、マウスの実験で低下した記憶力が回復したそうです。神経細胞を死滅させる「アミロイド βベータ 」が蓄積し始める前に、シナプスの産生を促進するタンパク質が減少することを突き止め、このタンパク質を作る遺伝子をアルツハイマー病のマウスに投与したところ、シナプスが作られ、記憶力が回復したそうです。今後、治療法として開発が進むことが期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181009-OYT..
posted by スタッフ at 22:28

2018年06月22日

アルツハイマー病の脳内にヘルペスウイルス

アルツハイマー病について、一昨日、超音波を使った治療法についての記事を紹介しましたが、アルツハイマー病患者の脳には、そうでない人の脳と比べて、2種類のヘルペスウイルスが多く見られ、脳の遺伝子に影響を与え、発症や進行に関わっていると見られているようです。今後、治療法の開発に繋がる可能性も期待されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180622/k10011490541000.html?utm_int=news-cultu..
posted by スタッフ at 19:33

2018年06月20日

超音波によるアルツハイマー病の治療

アルツハイマー病の患者の脳に超音波を照射して、悪化を防止する新しい治療法の臨床試験(治験)が始まるそうです。超音波照射で、血管新生が促進され、血流が改善されて、アミロイドベータの生成も抑制され、症状の進行を抑えてくれるようです。 http://www.sankei.com/life/news/180619/lif1806190023-n1.html (http://www.sankei.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/art..
posted by スタッフ at 08:16

2018年05月10日

アミロイド βの蓄積でMCIから認知症へ

数日前に白内障と軽度認知障害(MCI)との関係についての記事を紹介しましたが、アルツハイマー病の原因物質である「アミロイド β (Aβ)」が蓄積していてMCIと判定された日本人の6割が、3年以内に認知症に進行したとの研究結果が発表されたそうです。アメリカでも同様の結果が得られているそうですので、世界的に共同で治療薬や治療方法の開発を進めるべきとのコメントが出ています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180509-OYTET..
posted by スタッフ at 08:30

2018年02月01日

アルツハイマー病(微量血液で判定)

アルツハイマー病に関する分析技術の開発は、これまでにもいくつか関連記事を紹介してきましたが、微量の血液中のアミロイドベータと他2種類のアミロイドを計測して比率を求め、脳内蓄積の有無を早期に高精度で判定できる技術が開発されたそうです。この方法で、アミロイドの蓄積がある人を9割以上の精度で検出できたそうです。予防や診断、治療法開発などに活用されることが期待されます。 http://www.sankei.com/life/news/180201/lif1802010002-n..
posted by スタッフ at 08:34

2018年01月06日

歯周病によるアルツハイマー病悪化の仕組み

歯周病とアルツハイマー病(アルツハイマー型認知症)の関係については、これまでにも関連記事を紹介してきましたが、症状の悪化の仕組みが解明されたそうです。歯周病菌の毒素が、アルツハイマー病の原因となるアミロイドβを増やすことが原因になっているそうです。歯周病に関する記事は、その他にもたくさん紹介してきましたが、歯の健康はとても大切ですね。 https://www.asahi.com/articles/ASKDW651YKDWOIPE019.html?iref=com_api..
posted by スタッフ at 10:08

2017年11月22日

iPS細胞(アルツハイマー病の治療薬の候補3種類を発見)

iPS細胞の最初の発表から10年という記事を紹介しましたが、iPS細胞を使って、アルツハイマー病の原因物質の一つとされる「アミロイドベータ」を減らす3種類の薬の組み合わせが、見つけられたそうです。パーキンソン病の薬「ブロモクリプチン」、ぜんそくの薬「クロモリン」、てんかんの薬「トピラマート」だそうで、全て既存の薬ですが、ターゲットが異なるので、今後、動物実験や臨床試験が必要となるそうです。 先月末に脳に薬を運べる超小型のカプセルの記事を紹介しましたが、もしかするとこうし..
posted by スタッフ at 09:43

2017年10月30日

脳に薬を運ぶ超小型カプセル

ヒトの脳に薬を運べる超小型のカプセル(直径:数十nm)が開発されたそうです。カプセルの表面をブドウ糖で覆って取り込まれやすくしたそうで、マウスの実験でこれまでの薬の100倍ほどの効率で取り込ませることに成功したそうです。血液脳関門(BBB)を介して、アルツハイマー病などの薬を脳まで届けるのが大きな課題になっているので、注目される技術です。必要な場所に薬を送り届ける薬物送達システム(DDS)の最先端技術ですね。 http://www3.nhk.or.jp/news/htm..
posted by スタッフ at 06:06

2017年09月07日

アルツハイマー病を採血で診断

採血して血中の異常なたんぱく質「リン酸化タウ」の量を測定することで、アルツハイマー病の診断ができる方法が開発されたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170905/lif1709050008-n1.html (http://www.sankei.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170905-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news..
posted by スタッフ at 06:29

2017年06月04日

歯と口の健康週間

今日は、6月4日(む、し)で、「虫の日」、そして、今日から1週間が「歯と口の健康週間」です。かなり昔には、「虫歯予防デー」だったそうです。学生の皆さんは、あまり意識していないかもしれませんが、歯は大切です。以前、歯周病と脳出血やアルツハイマー病との関係についての記事も紹介したことがありました。 https://www.jda.or.jp/enlightenment/poster/ 歯周病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user..
posted by スタッフ at 22:02

2017年04月05日

アミロイドベータの蓄積抑制物質

アルツハイマー病の原因となるアミロイドベータの脳内蓄積を抑制する野草のアザミの成分「タキシフォリン」という物質が、明らかにされ、今年度中に治験を開始し、2025年頃を目途に臨床応用を目指すそうです。 https://this.kiji.is/221900669068903925?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170405-OYT..
posted by スタッフ at 00:05

2017年02月04日

アルツハイマー病(初期のアミロイドベータ除去が有効)

初期のアルツハイマー病について、原因物質をされるアミロイドベータ(β)の集合体を除去すると、脳神経細胞の異常を回復できる可能性があることが初めてわかったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170204/k10010864361000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://www.nhk.or.jp/) アミロイドベータ: http://ku..
posted by スタッフ at 10:36

2016年12月03日

脂質接種でアルツハイマー病改善

細胞膜の成分である脂質「プラズマローゲン」を摂取することで、アルツハイマー病の改善が期待できることが臨床試験でわかったそうです。 http://this.kiji.is/177330232038588418?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) アルツハイマー病: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83c%83n%83..
posted by スタッフ at 07:37

2016年11月19日

血管脳関門を越えて脳に薬剤

BBB(blood-brain barrier、血管脳関門)を越えて、中枢神経に薬剤を届ける技術が開発されたそうです。まず、ムコ多糖症2型の治療薬を作製したそうですが、アルツハイマー病など様々な脳神経疾患の治療薬に応用できる可能性があるそうです。ムコ多糖症2型の治療薬は来年3月から臨床試験を始める予定だそうです。 http://this.kiji.is/172469453444399107?c=39546741839462401 (http://www.47news...
posted by スタッフ at 08:27

2016年09月01日

アルツハイマー病の新薬でアミロイドβ減少

アメリカとスイスの研究チームが、初期のアルツハイマー病患者165人を対象にした新薬「アデュカヌマブ」の治験で、脳内のアミロイドβを減らすことができたそうです。現在進行中の大規模な治験で効果を確認していくようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ80659KJ80ULBJ00T.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/html..
posted by スタッフ at 08:41

2016年05月10日

アルツハイマー病(アミロイドベータの繊維構造の変化)

アルツハイマー病の原因物質のアミロイドベータが、脳内で集積して繊維になる時、螺旋状から直線状などに構造変化することが確認されたそうです。この繊維構造の違いが病状や進行の速さに影響するそうで、治療法や予防法の開発に繋がることが期待されます。 http://this.kiji.is/102480312214913032?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) アルツハイマー病: http://kumw-me.sees..
posted by スタッフ at 12:10

2016年03月17日

アルツハイマー病の記憶回復

マウスを使った実験で、脳神経細胞に光刺激を加えて働かせることによって、アルツハイマー病の初期に失われた記憶を取り戻すことに成功したそうです。アルツハイマー病の物忘れの仕組みの解明に繋がる成果として注目されます。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG16H7M_W6A310C1CR8000/ (http://www.nikkei.com/) http://this.kiji.is/82896577431291387?c=39..
posted by スタッフ at 06:05

2016年01月19日

がん治療薬がアルツハイマー病に有効?

皮膚がんや肺がんの治療薬にも応用されている抗体(抗PDI抗体、ニボルマブ)が、アルツハイマー病に効果がありそうとの動物実験の結果が出たそうです。 http://this.kiji.is/61847584180092936?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%82%AA%82%F1%8E%A1%97%C3%..
posted by スタッフ at 07:00

2015年12月29日

ネコでもアルツハイマー病

ネコでもヒトと同じようにアルツハイマー病になる事例があることがわかったそうです。詳しい病態の解明に繋がることが期待されます。 http://www.asahi.com/articles/ASHDC3DMYHDCULBJ00H.html (http://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83%8B%83c%83n%83C%83%7D%81%5B%95a..
posted by スタッフ at 06:43

2015年12月17日

不整脈治療薬で認知症治療の可能性

不整脈治療薬の「イソプロテレノール」が、アルツハイマー病による脳神経細胞の減少を抑制する可能性が示されたそうで、認知症治療薬になる可能性が出てきたようです。 http://this.kiji.is/49825452063311354?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=128148 (http://www.yomidr.y..
posted by スタッフ at 00:20

2015年12月11日

脳内アミロイドβと歩く速度

フランスで高齢者128人を調査した結果、アルツハイマー病患者の脳で多く見られるアミロイドβと歩く速度との間に相関が見られたそうです。正確な仕組みの解明はこれからのようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=127683 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83..
posted by スタッフ at 06:40

2015年11月14日

iPS細胞(神経細胞の作製)

ヒトのiPS細胞から大脳皮質や脊髄など様々な部位の神経細胞を簡単に作製する方法が開発されたそうです。アルツハイマー病のメカニズムの解明などへの応用が考えられているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151114/k10010305081000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/231720.html#more (http:..
posted by スタッフ at 08:19

2015年10月23日

レム睡眠と学習促進脳波

レム睡眠とノンレム睡眠のうち、レム睡眠の増減で学習や記憶の形成に関わる脳波(ノンレム睡眠時に出るデルタ波)が増減することがわかったそうです。アルツハイマー病やうつ病など脳波の低下が見られる病気と睡眠との関連を明らかにするのに役立つとのこと。 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO93146270S5A021C1CR8000/ (http://www.nikkei.com/) http://www.47news.jp/CN/201..
posted by スタッフ at 05:09

2015年08月20日

アルツハイマー病が栄養不足で悪化

アルツハイマー病は、これまでに過度のカロリー摂取で症状が悪化することが知られていたそうですが、過度の食事制限によって栄養不足になった場合も悪化させる可能性があることがわかったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150820/k10010195781000.html (http://www.nhk.or.jp) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/225474.html#more ..
posted by スタッフ at 05:56

2015年06月24日

歯周病菌がインフルエンザ感染を助長

歯周病の原因となる「ジンジバリス菌」が作る酵素が、インフルエンザウイルスに感染能力を持たせることがわかったそうです。また、抗ウイルス薬の効き目を低下させることもあるようで、口腔内のケアの重要性がさらに注目されることになりそうです。 http://mainichi.jp/select/news/20150624k0000m040051000c.html (http://mainichi.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20..
posted by スタッフ at 08:41

2015年05月29日

光で健忘症の記憶回復

健忘症状態になったマウスの脳の神経細胞に光を当てる治療「オプトジェネティクス」を施すと、記憶を取り戻すことが出来たそうです。アルツハイマー病などの患者の治療法に繋がると期待されているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150529/k10010095081000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www.47news.jp/CN/201505/CN2015052801001811...
posted by スタッフ at 19:44

2015年02月03日

アミロイドベータの掃除役

アルツハイマー病の原因物質「アミロイドベータ」を脳内で掃除するタンパク「sorLA」の構造が解明されたとの記事。新しい治療法に繋がる可能性がありそうです。 http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015020201002234.html (http://www.47news.jp/)
posted by スタッフ at 07:38

2015年01月10日

アルツハイマーの原因タンパクを減らす抗体

アルツハイマー病の原因タンパク(タウ)を減らす抗体が開発されたそうです。マウスの実験で改善効果が認められ、治療薬の開発に繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015010901002290.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150109/k10014583761000.html (http://www.nhk.o..
posted by スタッフ at 06:27

2014年11月11日

アルツハイマー病の前兆を血液検査で

認知症の症状が出る前に血液検査でアルツハイマー病の前兆(アミロイドベータの蓄積の有無)を掴む方法が開発されたとの記事。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014111001002100.html http://apital.asahi.com/article/news/2014111100002.html http://www.asahi.com/articles/ASGCB3HFWGCBULBJ004.html?iref=..
posted by スタッフ at 06:03

2014年07月09日

アルツハイマー病発症予測の検査法

近い将来にアルツハイマー病を発症するかどうかを見分ける血液検査方法が開発されたとの記事。実用化にはもう少しかかるようですが、かなりの高い確率で予見できたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201407/CN2014070801002062.html
posted by スタッフ at 06:10

2014年06月05日

アルツハイマー

アルツハイマー病の原因と考えられている「アミロイドベータ(Aβ)」を無害な物質に分解する働きを持っている「ILEI」というタンパク質が特定されたとのニュース。予防法の開発に繋がることが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014060401001696.html http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG04046_U4A600C1CR8000/
posted by スタッフ at 06:43

2014年01月22日

アルツハイマー病の検査

血液1滴の検査で、アルツハイマー病などの検査ができる装置が開発されたとのニュース。従来方法と比べて、大幅に検査時間が短縮されるそうです。 http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014012101002367.html
posted by スタッフ at 06:55

2013年10月10日

アルツハイマー病抑制物質

アルツハイマー病の原因であるアミロイドベータの生成を抑制する物質が開発されたそうです。予防や治療への応用が期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100901001736.html (国試まで143日)
posted by スタッフ at 11:13

2013年10月07日

大規模研究

アルツハイマー病の発症のメカニズムの解明を目指して、大規模な研究が3年間かけて行われるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131007/k10015076401000.html
posted by スタッフ at 12:06

2013年09月03日

アルツハイマー病発症メカニズム

イギリスの研究グループが、アルツハイマー病発症に関係する異常型たんぱく質の生じるプロセスを明らかにしたそうです。治療法や診断法の開発に繋がることが期待されます。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130902eaae.html
posted by スタッフ at 06:28

2013年08月28日

糖尿病治療薬とアルツハイマー病

以前、アルツハイマー病と糖尿病の関連についてのニュースを紹介しましたが、薬品メーカーが糖尿病治療薬で、アルツハイマー病の発症抑制効果があるかどうかの検証(国際共同第3相臨床試験)を始めたそうです。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130828cban.html http://kumw-me.seesaa.net/article/359564620.html
posted by スタッフ at 07:30

2013年08月25日

脳血管を光らせる

三重大学で熱帯魚を使った実験で脳血管を光らせる蛍光色素を発見したとのニュース。アルツハイマー病や認知症などで診断や新薬開発などで応用の可能性がありそうです。 http://www.isenp.co.jp/news/20130824/news01.htm
posted by スタッフ at 07:54

2013年06月05日

歯周病予防

歯周病は大人の間での問題と思われますが、子ども達の中にも歯周病が増えているそうで、全国の小学校をネットで結んで、歯周病予防の歯磨き教室を行なったとのニュース。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130604/k10015067201000.html つい数日前にも歯周病がアルツハイマー病を悪化させるというニュースがありましたが、小さい頃からの注意と予防が必要ということのようですね。 http://kumw-me.seesaa..
posted by スタッフ at 00:08

2013年06月02日

歯周病とアルツハイマー病

アルツハイマー病のマウスの実験で、歯周病に感染させるとアルツハイマー病を悪化させることがわかったそうです。すなわち、歯周病治療がアルツハイマー病の進行を遅らせる可能性があるようです。 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013060101001323.html
posted by スタッフ at 00:18

2013年05月08日

アルツハイマー病と糖尿病

アルツハイマー病の患者の脳内の遺伝子が、糖尿病の患者と同じような状態に変化しているとのニュース。糖尿病治療でアルツハイマー病の治療にも繋がる可能性があるようです。 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013050701001738.html
posted by スタッフ at 07:16

2013年03月19日

新しい予防接種

アルツハイマー病の原因となるタンパクを分解する酵素の遺伝子を血管内投与し作用させることに成功したとのニュース。予防接種として応用できる可能性があるそうです。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130318-00000159-jij-sctch
posted by スタッフ at 12:10

2013年02月25日

過剰反応

大阪大学の研究で、過剰に免疫反応が働くことによって、リウマチなどの自己免疫疾患が発症したり、メタボリック症候群やアルツハイマー病などの病気の発症にも関わっている可能性があるとのニュース。予防や治療に繋がる可能性が期待されます。 http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20130224-OYO1T00249.htm?from=main2
posted by スタッフ at 12:15

2013年02月24日

DHAとアルツハイマー

iPS細胞を使った研究で、青魚に含まれるDHAにアルツハイマー病を抑制する効果があるとのニュース。DHAはサプリメントでも有名ですが、またその効果の証となりそうですね。iPS細胞は再生医療だけでなく、こうした研究でも活躍しているのですね。 昨日、受動喫煙とアルツハイマーの記事を紹介しましたが、あちらは悪い影響でしたが、この研究は抑制効果を示しています。肉ばかり食べている人達は、積極的に魚料理も取り入れて、栄養バランスを考えた食事に切り替えましょう。これも生活習慣の一部で..
posted by スタッフ at 09:17

2013年02月23日

受動喫煙とアルツハイマー病

アメリカの研究で、受動喫煙によってアルツハイマー病が悪化する可能性があるというマウスの実験データが示されました。 http://www.asahi.com/tech_science/update/0221/TKY201302210463.html
posted by スタッフ at 12:10