2018年12月26日

アトピー性皮膚炎(幼稚園児で割合が最少に)

幼稚園児の中で、アトピー性皮膚炎にかかる子どもの割合が、平成18年度以降で最も少なくなったことが、文科省の調査で判明したそうです。乳幼児のころから保湿剤を塗るなどのスキンケアの重要性が浸透してきたためではないかと見られているようです。一方、中学校や高校では最も多くなっているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181226/k10011759421000.html?utm_int=news-culture_contents_l..
posted by スタッフ at 15:04

2018年05月03日

抗菌薬で乳幼児のアレルギー疾患の発症リスクが増加

抗菌薬を2歳までに服用した子どもは、ぜんそくやアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の発症リスクが高まることが明らかになったそうです。ぜんそくで1.72倍、アトピー性皮膚炎で1.4倍だったそうですが、その原因については、まだ明らかにはなっていないとのこと。ただし、抗菌薬によって、腸内環境が悪化したことが発症につながった可能性があると見られているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASL52552QL52ULBJ008.html?ire..
posted by スタッフ at 08:29

2017年07月20日

アトピー性皮膚炎(新しい治療法)

アトピー性皮膚炎の新しい治療法の「プロアクティブ療法」についての解説記事が出ていました。 http://www.asahi.com/articles/ASK7B4HWNK7BUBQU00X.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) アトピー性皮膚炎: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83A%83g%83s%81%5B%90%AB%94%..
posted by スタッフ at 06:24

2017年03月02日

アトピー性皮膚炎の治療薬

アトピー性皮膚炎の痒みを誘発する「IL-31」の作用を抑える「ネモリズマブ」という治療薬の候補が開発され、5カ国の約200人を対象とした治験で、効果が認められたそうです。早ければ2年後の実用化を目指しているとのこと。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170302/k10010895561000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (http://www.nhk.or.j..
posted by スタッフ at 07:29

2017年01月10日

アトピー性皮膚炎(かゆみを誘発するタンパク)

アトピー性皮膚炎で、かゆみを誘発する源となるタンパク質「EPAS1」が突き止められたそうです。 https://this.kiji.is/191144006255837193?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010834011000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_00..
posted by スタッフ at 07:35

2016年12月09日

卵アレルギー予防の新しいアプローチ

アトピー性皮膚炎に悩んでいる人達も多いかと思いますが、診断を受けた乳児が生後6ヶ月から卵を食べ始めると、1歳時点で卵アレルギーになるを約8割も減らせたそうです。アレルギーの原因となる食品を早く食べ始めた方がいいという考え方で、これまでの考え方とは違うアプローチで注目されます。ただし、専門医の下で実施することが重要とのこと。 http://www.asahi.com/articles/ASJD74GQFJD7UUPI006.html?iref=com_apitop (h..
posted by スタッフ at 17:30

2016年12月02日

アレルギー疾患の治療体制の整備

厚労省がアトピー性皮膚炎や花粉症などアレルギー疾患の患者が急増している現状への対策の基本指針案をまとめ、地域に関係なく適切な医療が受けられるように拠点病院とかかりつけ医の連携システムを整え、患者QOLの向上を目指すそうです。また、先進的な治療の研究を進める医療体制も整備していくそうです。 http://this.kiji.is/177159105325891585?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http:..
posted by スタッフ at 07:32

2016年11月15日

アトピー性皮膚炎の誘発の仕組み

アトピー性皮膚炎を誘発する仕組みの解明に繋がる研究についての記事が出ていました。大気汚染物質によってかゆみの感覚神経を伸ばす体内のタンパク質が増加するそうです。このタンパク質の増加を抑制することで治療に繋がることが期待されます。 http://this.kiji.is/170929054059578874?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) アトピー性皮膚炎: http://kumw-me.seesaa.ne..
posted by スタッフ at 07:44

2016年06月22日

自治体のアレルギー対策の現状

厚労省の調査によると昨年12月に施行されたアレルギー疾患対策基本法で対策をとるように求められている6疾患(気管支ぜんそく、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、花粉症、食物アレルギー)全てについて対策を行っている自治体は10%のみだそうです。37.7%の自治体(452カ所)で何も実施されていないという現状があるそうです。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG21HBD_R20C16A6CR8000/ (http..
posted by スタッフ at 08:47

2016年04月26日

アトピー性皮膚炎の原因遺伝子

マウスの実験で、アトピー性皮膚炎の原因遺伝子が突き止められたそうです。「JAK1」というタンパク質の遺伝子の一部が変化して、異常に活性化していたそうです。治療薬や治療法の開発に繋がるものと期待されます。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160425-OYT1T50120.html?from=ytop_top (http://www.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/ar..
posted by スタッフ at 09:30

2016年04月18日

被災したアレルギー疾患の子ども達への支援

地震の被災者の中、ぜんそく、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎などの子ども達の対応について、学会などが情報を出しているようです。また、ネットでの相談窓口が設けられたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ4K5SJ0J4KULBJ00R.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160419-OYTET..
posted by スタッフ at 06:42

2016年03月02日

震災のストレスでアトピー

2012〜2015年度に実施した調査で、東日本大震災の津波を経験した子はそうでない子に比べ、アトピー性皮膚炎の割合が1.23倍になっていたそうです。ストレスの影響と見られているようです。 http://this.kiji.is/77359698106761221?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/160305/lif1603050027-n1.h..
posted by スタッフ at 00:20

2015年09月19日

キスによるアレルギー抑制効果

今年のイグ・ノーベル賞の医学賞は、アレルギー反応(アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎)がキスによって抑制される効果について調べた日本人医師に授与されたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASH9K4276H9KUHBI014.html (http://www.asahi.com/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010240241000.html (http://ww..
posted by スタッフ at 06:11

2015年08月14日

電気刺激で痒みを抑制

アトピー性皮膚炎の記事は何度も紹介してきましたが、電気刺激で痒みが、緩和されることがわかったそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2015081300019.html (http://apital.asahi.com) http://apital.asahi.com/article/news/2015081400001.html (http://apital.asahi.com) http://www.yo..
posted by スタッフ at 08:20

2015年07月21日

アトピー性皮膚炎のかゆみの増幅

アトピー性皮膚炎のかゆみの増幅の仕組みの一端が解明されたそうです。STAT3というタンパク質による脊椎にある特性の細胞の活性化が原因しているようです。 http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015072001001922.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015072100005.html (http://apital.asahi...
posted by スタッフ at 07:25

2015年04月22日

アトピー性皮膚炎の原因

アトピー性皮膚炎については、これまでにも何度か記事を紹介してきましたが、国際共同研究グループによる研究成果として、皮膚表面での複数の細菌(黄色ブドウ球菌、コリネバクテリウム)の異常増殖が原因になっているのではないかとのことです。新たな治療法に繋がる可能性がありそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150422/k10010056361000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://www...
posted by スタッフ at 06:05

2015年02月24日

食物アレルギー(早期摂取で)

アトピー性皮膚炎や卵アレルギーがあり、ピーナツアレルギー発症のリスクの高い子供を対象にした研究の結果、生後5〜11カ月からピーナツを摂取した場合、摂取を避けていた子供よりも5歳時点でピーナツアレルギーを発症するリスクがかなり低かったそうです。今後さらに研究が進むことが期待されます。 http://www.47news.jp/CN/201502/CN2015022401001113.html (http://www.47news.jp/) http://apita..
posted by スタッフ at 07:46

2014年10月02日

アトピー性皮膚炎と食物アレルギー

アトピー性皮膚炎の記事がもう1件出ていました。同じ研究チームによる研究のようですが、アトピー性皮膚炎が食物アレルギーを引き起こしている可能性があるそうです。そのため、保湿でアトピーを抑える、つまり皮膚の保護ができると皮膚を介した原因物質の取り込みが抑えられ、食物アレルギーが防げる可能性があるようです。 http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014100100842 http://www.47news.jp/CN/201410/C..
posted by スタッフ at 07:09

2014年10月02日

アトピー性皮膚炎のリスク減

生後間もない赤ちゃんの皮膚に毎日保湿剤を全身に塗ることで、アトピー性皮膚炎になるリスクを30%減少できたとの研究についてのニュース。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141001/t10015039371000.html http://mainichi.jp/shimen/news/20141002ddm041040191000c.html http://www.47news.jp/CN/201410/CN20141001..
posted by スタッフ at 00:02

2013年09月17日

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎について、保湿効果のあるタンパク質を増やす物質を発見したとのニュース。治療薬の開発が期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130917/k10014582731000.html http://www.47news.jp/CN/201309/CN2013091601001870.html その他、最近紹介したアトピー性皮膚炎関係のニュース: http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 09:28

2013年08月06日

アトピー発症たんぱく質

アトピー性皮膚炎の発症にインターロイキン33(IL33)というタンパクが重要な働きをしていることがわかったそうです。IL-33を増やす実験をマウスでしたところ、ヒスタミン分泌細胞が増えて、好酸球も増加したそうです。治療薬の開発に結び付くことが期待されています。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130806-OYT1T00206.htm
posted by スタッフ at 08:55

2013年08月01日

汗の量

アトピー性皮膚炎で痒みが問題となりますが、それを引き起こすヒスタミンが発汗を抑制して肌を乾燥させることで、皮膚炎の症状を悪化させることが明らかになったそうです。 http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013073101002180.html
posted by スタッフ at 00:07

2013年06月07日

汗とアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎が汗で悪化することがよくありますが、皮膚に付着しているカビが作るタンパク質が原因になっているのではないかとのニュース。国内に40万人ほどいると推定されているアトピー性皮膚炎で悩む方々にとって、汗ばむ季節の対策として、新しい薬の開発に繋がる可能性もありそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130607/t10015132811000.html
posted by スタッフ at 07:26