2020年06月30日

パンデミックの可能性もある新型の豚のインフルエンザウイルス

中国の複数の地域で、人の細胞に感染する能力のある豚のインフルエンザウイルス(H1N1に由来)が見つかったとの研究結果が、中国の研究グループから発表されたそうです。人から人への感染を起こし、大流行(パンデミック)になる可能性もあるとのことで、感染が拡大しないように監視していく必要があるとのこと。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012489241000.html (https://www3.nhk.or.jp/)..
posted by スタッフ at 19:01

2020年03月13日

新型コロナウイルス(臓器移植への影響)

臓器移植を受けた患者は、免疫抑制剤を服用しているため、新型コロナウイルスに感染すると重症化する恐れがあるため、日本移植学会が、今後の移植医療の基本指針をまとめたそうです。待機可能な状態なら、感染状況が好転するまで、移植手術を停止することが望ましいとしているそうです。ただし、生死に関わる緊急時には、リスクを十分評価した上で実施を妨げないとしているそうです。その他、抗エイズウイルス薬や抗インフルエンザウイルス薬など、新型コロナウイルスへの有効性が指摘されている薬については、「免疫..
posted by スタッフ at 08:23

2019年12月13日

翌年流行するインフルエンザウイルス株の予測法

「ダイレクトPCA」によるDNA配列の関係性から、翌年流行するインフルエンザウイルス株の予測を、より正確に行う方法が確立されたとの記事が出ていました。 https://www.sankei.com/life/news/191212/lif1912120034-n1.html (https://www.sankei.com/l) インフルエンザ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83C%..
posted by スタッフ at 08:27

2019年12月02日

インフルエンザ(アルコール消毒では不十分)

9月にも関連記事を紹介しましたが、鼻水や痰など粘液に含まれるインフルエンザウイルスは、アルコール消毒では、十分な効果が期待できないようです。やはり、しっかり手洗いすることが肝心なようです。 https://mainichi.jp/articles/20191130/k00/00m/040/048000c (https://mainichi.jp/) https://www.sanyonews.jp/article/963154 (https://www.san..
posted by スタッフ at 08:57

2019年11月27日

ゾフルーザによる耐性ウイルスの強い感染力

インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」の服用による耐性ウイルスについての研究で、例年流行しているA型インフルエンザウイルスと同程度の強い感染力を持つことがわかったそうです。従って、服用は慎重にすべきとの見解のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191126-OYTET50000/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://..
posted by スタッフ at 07:55

2019年04月30日

インフルエンザ(ウイルス研究用の細胞を開発)

また、インフルエンザの感染が広がっていますが、インフルエンザのウイルスを、あまり変異が起こらないようにしながら、効率良く増やせる研究用の細胞が新たに開発されたそうです。イヌの腎臓の細胞に、ヒトのインフルエンザに感染しやすくする遺伝子を入れて作製した、「hCK細胞」という細胞だそうです。これにA香港型のインフルエンザウイルスを感染させても、変異がほとんど生じず、これまでよりも効率的に増殖できたそうです。これによって、効果的なワクチンの生産などに繋げられると期待されるそうです。 ..
posted by スタッフ at 06:07

2019年02月14日

腸内細菌(インフルエンザウイルスの排除に関係)

インフルエンザがまだ流行していますが、腸内細菌が作る「短鎖脂肪酸(酢酸、酪酸、プロピオン酸)」が、インフルエンザウイルスを排除する免疫反応を向上させる可能性があるとの研究結果が発表されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190213-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) インフルエンザ: http://..
posted by スタッフ at 07:15

2018年11月27日

インフルエンザ(ウイルスを高感度・高精度で検出)

感染初期のインフルエンザウイルスを、人工知能(AI)も使って、高感度・高精度で検出する技術が開発されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181126-OYTET50002/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) インフルエンザ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyw..
posted by スタッフ at 09:33

2018年07月05日

インフルエンザ(生きたままの状態で肺を観察)

インフルエンザウイルスに感染したマウスの肺を、生きたままの状態で観察する方法が開発されたそうです。インフルエンザに関する様々な研究や治療法の開発などに活用されそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL74566QL74UBQU00J.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) インフルエンザ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/sear..
posted by スタッフ at 10:28

2018年02月26日

インフルエンザウイルスの増殖メカニズム

インフルエンザウイルスが、遺伝子の一部が不足している場合、感染した細胞から不足した遺伝子を奪って、増殖することが明らかになったそうです。詳しいメカニズムがわかると、新しい抗インフルエンザ薬の開発に繋がることが期待されるようです。 https://this.kiji.is/339925236357743713?c=39546741839462401 (https://www.47news.jp/) インフルエンザウイルス: http://kumw-me.sees..
posted by スタッフ at 12:05

2018年01月12日

鳥インフルエンザ(香川県内で)

香川県内の養鶏場で、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)に感染した鶏が見つかり、殺処分が始まったそうです。毎年今頃の時期は、全国的に対策は取られているようですが、完全に防ぐことは難しいところがあるようです。3年前には笠岡市の養鶏場でも感染がありましたね。 https://www.asahi.com/articles/ASL1B5671L1BPLXB00P.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) htt..
posted by スタッフ at 09:00

2017年12月03日

ノロウイルスによる食中毒

インフルエンザウイルスだけでなく、ノロウイルスも注意が必要な時期ですが、栃木県でノロウイルスによる食中毒が発生したそうです。皆さんもしっかり手洗いなど予防ですね。 http://www.sankei.com/life/news/171202/lif1712020045-n1.html (http://www.sankei.com/) ノロウイルス: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83..
posted by スタッフ at 07:51

2017年03月29日

インフルエンザウイルスに運動能力

川崎医大の研究グループが、インフルエンザウイルスに細胞表面で運動する能力を有することを発見し、その仕組みも明らかにしたそうです。運動パターンを解析することで、流行の予測や新しい予防・治療法の開発に繋がると期待されているようです。 http://medica.sanyonews.jp/article/7338 (http://medica.sanyonews.jp/) インフルエンザウイルス: http://kumw-me.seesaa.net/pages/us..
posted by スタッフ at 19:01

2016年12月23日

鳥インフルエンザ(ヒトへの感染リスクは低い)

日本や韓国などで感染が拡大している高病原性鳥インフルエンザウイルスについて、WHОが「ヒトへの感染リスクは低いと考えられるが、ウイルスは変異するため引き続き警戒が必要だ」との見解を示したそうです。 https://this.kiji.is/184830149733221885?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 鳥インフルエンザ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/se..
posted by スタッフ at 22:06

2016年03月13日

豚インフルエンザ(患者の増加)

1週間ほど前にも関連記事を紹介しましたが、メキシコの保健省によると、豚インフルエンザウイルスに起因するH1N1型インフルによる感染者が、2408人、死者が140人に増加しているそうです。他にもH3N2型の感染者が2309人、死者が24人など他の型の感染者、死者も多いようです。 http://www.sankei.com/life/news/160312/lif1603120025-n1.html (http://www.sankei.com/) http://t..
posted by スタッフ at 08:36

2016年03月07日

豚インフルエンザ

メキシコで、豚インフルエンザウイルスに起因するH1N1型インフルエンザが流行していて、昨年10月以降68人が死亡したそうです。2009年4月以降には世界的に大流行し、1万8千人以上が死亡したそうです(2010年8月終息宣言)。 http://www.sankei.com/life/news/160305/lif1603050039-n1.html (http://www.sankei.com/) http://www.asahi.com/articles/ASJ..
posted by スタッフ at 00:10

2015年11月16日

手洗いの習慣

ノロウイルスやインフルエンザウイルスの感染予防に手洗いが有効ですが、手洗い習慣について消費者庁が実態調査したところ、食事前の手洗いは約5割、トイレ後には手洗いしない人が1割あまりいることがわかったそうです。調理をする前でも85%程だったようです。感染予防や食中毒予防のために、必ず手洗いするように呼びかけているそうです。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H4A_T11C15A1CR0000/ (http://www.nik..
posted by スタッフ at 09:24

2015年09月03日

増殖力の強いインフルエンザウイルスの製造

タイトルを見ると、「新しいタイプのウイルスが出てきて流行か?」という印象を受ける人もいるかと思いますが、これはワクチン製造のためのウイルスの作製の話で、効率的に新型インフルエンザワクチンの生産が可能になることが期待されているようです。 http://www.47news.jp/CN/201509/CN2015090201001572.html (http://www.47news.jp/) http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200..
posted by スタッフ at 08:54

2015年06月24日

歯周病菌がインフルエンザ感染を助長

歯周病の原因となる「ジンジバリス菌」が作る酵素が、インフルエンザウイルスに感染能力を持たせることがわかったそうです。また、抗ウイルス薬の効き目を低下させることもあるようで、口腔内のケアの重要性がさらに注目されることになりそうです。 http://mainichi.jp/select/news/20150624k0000m040051000c.html (http://mainichi.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20..
posted by スタッフ at 08:41

2015年03月26日

光るインフルエンザウイルス

インフルエンザウイルスやH5N1型の鳥インフルエンザウイルスを黄色や緑色に光らせる技術が開発されたそうです。感染場所の特定や広がりが視覚的に分かり、感染の病態解明に役立つと期待されているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150325/k10010027301000.html (http://www.nhk.or.jp/)
posted by スタッフ at 08:41

2015年01月24日

鳥インフルエンザ(笠岡、防疫措置完了)

笠岡の養鶏場で検出された鳥インフルエンザウイルスについて、処分した鶏の搬出、鶏舎の消毒など全ての防疫措置が完了したそうです。周辺の養鶏場に異常がないことが判明すれば、全ての制限が解除されるそうです。 http://www.sanyonews.jp/article/124842/1/ (http://www.sanyonews.jp/) http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024865261.html?t=1422051728..
posted by スタッフ at 07:25

2015年01月17日

鳥インフルエンザ(宮崎・山口と同型)

笠岡の養鶏場で検出された鳥インフルエンザウイルスは、宮崎や山口で検出されたのと同じH5N8型だったそうで、関連性を調べるとともに感染ルートの解明も進められています。 http://www.47news.jp/CN/201501/CN2015011701001483.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/lnews/okayama/4024757421.html?t=1421503428385 (h..
posted by スタッフ at 18:22

2014年12月16日

鳥インフルエンザ(宮崎の養鶏場で)

先月から全国各地で野鳥の高病原性の鳥インフルエンザウイルスへの感染の報告が相次いでいますが、宮崎県延岡市の養鶏場で、鶏3羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たそうです。簡易検査なので、これから高病原性かなどの詳しい検査をするようです。養鶏場への感染拡大が心配されます。 http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014121501002580.html (http://www.47news.jp/) http://www.sank..
posted by スタッフ at 00:13

2014年12月06日

鳥インフルエンザ(鹿児島)

先月末、鹿児島県出水市でマナヅルからH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたとのニュースが出ていましたが、そうしたツルのねぐらで採取した水からH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたそうです。周辺地域への拡散などの調査を始めたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201412/CN2014120601001233.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or...
posted by スタッフ at 21:59

2014年12月02日

鳥インフルエンザ(鹿児島、兵庫)

数日前に鹿児島県出水市で衰弱したマナヅルからH5N8型鳥インフルエンザウイルスが検出されましたが、その後の調査で周辺養鶏場では異常はなかったそうです。消毒など拡散を防ぐ対策がとられている様子が紹介されています。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014113001001343.html (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/409811613.html..
posted by スタッフ at 12:10

2014年11月30日

鳥インフルエンザ(鹿児島)

鹿児島県出水市で衰弱したマナヅルからH5N8型の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112901001408.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2014113000001.html (http://apital.asahi.com/) 先日、千葉や島根でも高病原性の..
posted by スタッフ at 05:37

2014年11月26日

鳥インフルエンザ(東京、千葉)

東京で見つかった鳥の死骸からは、高病原性鳥インフルエンザウイルスは検出されなかったようですが、千葉で採取した糞からはH5N8型ウイルスが検出されたそうです。 http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014112501002083.html (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141125/k10013479161000.html (http://www...
posted by スタッフ at 00:11

2014年11月22日

鳥インフルエンザ(高病原性ウイルス検出)

環境省によると、千葉で見つかった渡り鳥のふんから、高病原性鳥インフルエンザウイルス(H5亜型)が検出されたそうです。島根に続き2例目とのこと。そのため、環境省は全国の警戒レベルを最高の3に引き上げたそうです。 http://apital.asahi.com/article/news/2014112200001.html (http://apital.asahi.com/) http://www.sankei.com/life/news/141121/lif141..
posted by スタッフ at 05:58

2014年10月04日

エボラ出血熱(日本製の治療薬の効果)

先週、日本で開発された抗インフルエンザウイルス薬の「ファビピラビル」が、フランス人の治療のため提供され投与されたとのニュースを紹介しましたが、その後、快方に向かっているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/141003/lif1410030018-n1.html http://kumw-me.seesaa.net/article/406096520.html (国試まで残り148日)
posted by スタッフ at 00:02

2014年05月07日

H5N6型鳥インフルエンザ

中国で鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)によって初めて亡くなった方が出たとのニュース。ヒトへの感染自体としても初めてとのことです。 http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050601001838.html http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014050801001709.html
posted by スタッフ at 08:16

2014年01月22日

新型インフルエンザへの対応

新型インフルエンザ対策特別措置法に基づいて、新型インフルエンザの患者への対応の訓練などの対策が各地で行われました。中国では、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの患者が増えていますが、これが新型になる可能性も心配されています。 http://www.sanyo.oni.co.jp/news_s/news/d/2014012112471291/ http://iryo.sanyo.oni.co.jp/news_s/d/c2014012210451443 http..
posted by スタッフ at 07:01

2014年01月11日

再び鳥インフルエンザ

中国で鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)が再流行の兆しを見せているとのニュース。 http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011001002527.html
posted by スタッフ at 00:09

2014年01月07日

耐性ウイルス

今シーズンの流行っているインフルエンザウイルスの中に、抗ウイルス薬のタミフルとラピアクタが、効きにくいものがあるようです。まずは予防から。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140106/k10014297661000.html http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/513792.html
posted by スタッフ at 09:55

2013年09月19日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス

今年前半、何度もニュースで登場しました中国で感染者が出たH7N9型の鳥インフルエンザウイルスですが、ヒトからヒトへの感染が起こりやすいように遺伝子が変化してきているとのニュース。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130919/k10014648731000.html http://kumw-me.seesaa.net/article/367417132.html (国試まで164日)
posted by スタッフ at 05:12

2013年06月25日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス(24)

中国からのニュースで、H7N9型鳥インフルエンザウイルスで入院した人の約1/3が亡くなったとのこと。それでもH5N1型よりは低い死亡率だそうです。 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013062401002456.html
posted by スタッフ at 00:02

2013年06月10日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス(23)

H7N9型鳥インフルエンザウイルスについて、中国の衛星当局は、「感染拡大は抑制された」と発表したそうです。感染拡大が減速しているからのようで、既に鳥の取り引きの再開を認めている地方政府もあるそうですが、再び感染が拡大する可能性もあると懸念する専門家もいるようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130610/k10015183501000.html
posted by スタッフ at 05:41

2013年06月08日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス(22)

日本国内の野鳥について、H7N9型鳥インフルエンザウイルスの検査を実施したところ、いずれの野鳥からも検出されなかったそうです。中国で野鳥のハトから検出されたことからの調査だったようです。当分の間、注視する必要がありそうです。 http://www.47news.jp/CN/201306/CN2013060701002079.html
posted by スタッフ at 00:03

2013年05月30日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス(21)

H7N9型鳥インフルエンザの患者2名から、タミフルなどの抗ウイルス薬が効かない薬剤耐性ウイルスが検出されたとのニュース。今後、治療のためにこれらの薬品を使うことによって、耐性が引き起こされてしまう可能性が心配されています。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130529-00000002-jij_afp-int
posted by スタッフ at 00:10

2013年05月24日

H7N9型鳥インフルエンザウイルス(20)

H7N9型鳥インフルエンザウイルスについて、国際共同研究チームの研究結果が出ています。くしゃみなど飛沫感染する力は弱めだそうですが、呼吸器の奥でも増殖する特徴があるそうです。そして、ヒトへの感染が続くと変異して、大流行する可能性もまだあるようです。 http://www.47news.jp/CN/201305/CN2013052301001594.html
posted by スタッフ at 07:05

2013年05月21日

WHO総会

昨日からスイス・ジュネーブでWHOの総会が始まり、日本が初の議長国として、鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)、コロナウイルスの新種などについて議論されるそうです。このブログでもこれらのウイルスについてのニュースを紹介してきましたが、世界的な取り組みが重要となります。それから、北朝鮮でも農場で飼育されていたアヒルが別のタイプの鳥インフルエンザ(H5N1型)に感染したとのニュースが出ています。 http://www.47news.jp/CN/201305/CN20130..
posted by スタッフ at 06:18

2013年04月28日

発生源の特定?

中国国内で拡大しているH7N9型鳥インフルエンザウイルスは、上海市の市場で誕生した新種である可能性が高いとのニュース。渡り鳥ではないかとの見方もありましたが、まず中国国内で発生し、それが拡散しているとの見方です。いずれにしても、これ以上拡大しないことを願うばかりです。 http://sankei.jp.msn.com/world/news/130428/chn13042807010000-n1.htm
posted by スタッフ at 08:38

2013年04月15日

H7N9型鳥インフルエンザ(11)

鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の続報です。感染者61人、その中、死者13人(北京で2人)となっており、拡大が心配されます。 http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013041501001260.html
posted by スタッフ at 12:36

2013年04月13日

キット完成

厚労省の発表で、H7N9型鳥インフルエンザの検査キットが完成したそうです。また、タミフルなどの抗インフルエンザウイルス薬の有効性を確認する実験でウイルスの増殖を抑えることが出来たそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130412-OYT1T01072.htm
posted by スタッフ at 07:23

2013年04月05日

H7N9型鳥インフルエンザ(6)

WHOからの情報として、H7N9型の鳥インフルエンザウイルスに対して、タミフルやリレンザなどの抗ウイルス薬が有効な可能性があるとのことです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130405/n68987410000.html 日本国内でもワクチン製造に向けての準備が進んでいます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130405/k10013689961000.html
posted by スタッフ at 07:15

2013年04月04日

H7N9型鳥インフルエンザ(4)

H7N9型鳥インフルエンザウイルスですが、中国での死者が3名になり、ヒトからヒトへの感染が確認された場合に備え、昨日のニュースではアメリカのCDC(疾病対策センター)でワクチン製造に向けた準備が始まったということですが、日本でも国立感染症研究所が準備を始めたとの報道です。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130404/k10013662001000.html そのほか、厚労省が、中国への渡航者に向けて、不用意に動物に近寄らず、積..
posted by スタッフ at 07:01

2013年04月02日

H7N9型鳥インフルエンザ

中国の上海などで「H7N9型」の鳥インフルエンザウイルスによる感染が3名、その中2名が亡くなられたそうです。他の都市にも次第に拡散しているようです。ヒトにも感染し始めているのが気になりますね。しばらく注意深くニュースをチェックしましょう。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130402/t10013628631000.html
posted by スタッフ at 22:40

2013年03月09日

DHA

動脈硬化抑制効果が知られている青魚に含まれるDHA由来物質が、インフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果を持っているとのニュース。DHAをどのくらい摂取したら効果があるのか知りたいですね。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130307-OYT1T01721.htm?from=ylist
posted by スタッフ at 06:30