2020年03月18日

がん免疫総合研究センター(来月、発足)

先ほどの記事に関連して、1年ほど前にも紹介した国内初となるがん免疫療法の研究拠点「がん免疫総合研究センター」が、京都大学内に4月1日、発足するそうです。センター長は、ノーベル生理学・医学賞受賞者の本庶佑・京都大特別教授が就任するそうです。免疫治療薬「オプジーボ」の効果を高めたり、事前に効果を予測したりする研究などに取り組んでいくそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20200317-OYTEW472291/?catname..
posted by スタッフ at 08:37

2020年01月31日

オプジーボ(有効性を見分ける手法)

がんの治療薬「オプジーボ」について、効く患者と効かない患者を、血液中のT細胞から高精度で見分ける新たな手法が開発されたそうです。高価な薬なので、効く患者のみに使用することで、医療費削減にも寄与すると期待されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012266471000.html?utm_int=news_contents_news-main_005 (https://www3.nhk.or.jp/)..
posted by スタッフ at 11:15

2019年09月26日

PD−1の血中濃度を高感度で測定

昨年のノーベル医学生理学賞を受賞された京大の本庶佑先生らが発見した「PD−1」の血中濃度を高感度で短時間(約17分)で測定する技術が開発されたそうです。オプジーボの治療効果や副作用の予測に役立つと見られているようです。 https://mainichi.jp/articles/20190925/k00/00m/040/313000c (https://mainichi.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/us..
posted by スタッフ at 07:50

2019年08月28日

遺伝子組み換えウイルスで皮膚がん治療

がん細胞だけを破壊するように遺伝子を組み換えたウイルス(ヘルペスウイルス)を使った皮膚がん(悪性黒色腫(メラノーマ))の治療の臨床試験(治験)が来月にも始まるそうです。オプジーボを併用した効果も調べるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190828-OYTET50008/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://ww..
posted by スタッフ at 17:21

2019年06月27日

REIC製剤とオプジーボの組み合わせで治験

岡山大学の研究グループが発見したがん抑制遺伝子「REIC」を用いた「REIC製剤」と免疫チェックポイント阻害薬「オプジーボ」を組み合わせた治験が、来月にもアメリカで悪性胸膜中皮腫の患者に対して実施されるそうです。新しい複合免疫療法となる可能性があるそうです。 https://www.sanyonews.jp/article/912886/ (https://www.sanyonews.jp/) https://www.asahi.com/articles/ASM..
posted by スタッフ at 17:45

2019年06月27日

オプジーボ(胆道がん治療の医師主導治験)

オプジーボ(免疫チェックポイント阻害薬、ニボルマブ)を職業関連性胆道がんを対象にした治療に応用するための、有効性と安全性を調べる医師主導治験が開始されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190626-OYTET50015/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/..
posted by スタッフ at 07:49

2019年02月23日

がん免疫療法の効果を事前に評価する方法

がん細胞と免疫細胞の両方に結合する性質を持った物質を使って、がん細胞の死滅する割合を調べ、免疫細胞の攻撃力を評価する方法が開発されたそうです。この方法によって、オプジーボやキイトルーダなどのがん免疫療法の「免疫チェックポイント阻害剤」の効果を事前に予測することが可能になるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASM2P7JRLM2PPLBJ005.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://w..
posted by スタッフ at 12:58

2019年01月24日

腸内細菌でがん治療薬の効果が向上

健康な人が持っていることがある腸内細菌11種類をマウスに投与すると、オプジーボなどのがん治療薬の効果が高まる可能性があることがわかったそうです。これらの細菌によって、免疫細胞の一種「CD8T細胞」が増えるそうです。 https://this.kiji.is/460866903633757281?c=39546741839462401 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190128-OYTET50024/?catname=..
posted by スタッフ at 09:50

2019年01月11日

iPS細胞(NKT細胞で頭頸部がん治療)

人のiPS細胞から、NKT(ナチュラルキラーT)細胞を作製し、 頭頸部がんの患者の血中に投与する臨床試験(治験)が年内にも開始されるそうです。頭頸部がん治療については、オプジーボなどについての記事は以前紹介しましたが、iPS細胞を使ったがん治療の治験は、国内では初めてのようで、新しい免疫療法となるか注目されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190110-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu..
posted by スタッフ at 08:39

2018年11月24日

オプジーボの効果を早期に予測する方法を開発

がん関係の記事が続きます。オプジーボを皮膚がん患者に投与して有効に作用しているかどうかを、血液中にある可溶性タンパク質「CD163」に着目して、早期に予測できる方法が開発されたそうです。オプジーボによる治療は高額医療費でもよく知られていますが、早期に目処をつけられるようにすることで、効率的に使え、また副作用のリスクも低減できるものと期待されているようです。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181124_13012..
posted by スタッフ at 08:59

2018年10月30日

高額な医薬品

オプジーボで注目されるようになった超高額な医薬品(超高額薬)についての記事が出ていました。アメリカでは、1回1億円ほどかかる眼病薬も出ているそうです。国もこうした現状への対応を検討しているようですが、経済性だけでは判断できないところもあるようです。 https://www.sankei.com/life/news/181029/lif1810290046-n1.html (https://www.sankei.com/)
posted by スタッフ at 08:46

2018年10月16日

オプジーボ(世に出るようになった経緯)

オプジーボが世に送り出されるようになる弾みをつけた出来事を紹介した記事が出ていました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20181015-OYTET50040/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%83v%83..
posted by スタッフ at 08:53

2018年10月15日

がんの治療薬(有効な投与期間の臨床研究)

がん治療略について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べるための大規模な臨床研究が開始されるそうです。ノーベル賞の受賞でさらに注目されているオプジーボなども含まれるようですが、投与期間が短縮できれば、副作用の抑制や医療費の削減に繋がると期待されているようです。先日も、オプジーボの投与を中止してからもしばらく効果が持続するという研究もありましたね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011670571000..
posted by スタッフ at 09:28

2018年10月07日

再生医療の監視を強化

厚労省は、再生医療完全性確保法による再生医療などの細胞を使った治療の監視体制を強める方針を決めたそうです。「がん免疫療法」も対象になるそうです。ただし、本庶先生の研究から開発されたオプジーボも免疫療法の一部ではありますが、今回の規制対象の免疫細胞を使った治療法とは関係なく、混同されてしまっているところがあるようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLB56WRKLB5ULBJ02F.html?iref=com_api_med_medn..
posted by スタッフ at 08:31

2018年10月06日

オプジーボ(受賞のニュースを受けて)

本庶先生のノーベル賞受賞で、オプジーボを使った治療を受けたいという問い合わせが相次いでいるという記事が出ていました。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181004/k10011658361000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_008 (https://www.nhk.or.jp/) それに対して、オプジーボなど免疫チェックポイント阻害剤について、「全国がん患者団体..
posted by スタッフ at 08:33

2018年10月05日

オプジーボ(使用中止後も効果持続)

本庶先生のノーベル賞受賞で注目されている「オプジーボ」ですが、使用を中止してからも、肺がん患者の免疫を高める効果が20週間以上続くとする研究結果が発表されたそうです。高額な医療費負担が問題になっており、今後、こうした研究を積み重ねて、中止期間が設けられるようになるかもしれないとのこと。その一方で、副作用も続く可能性も指摘されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLB44FNWLB4PLBJ001.html?iref=com_..
posted by スタッフ at 08:37

2018年10月02日

ノーベル医学・生理学賞

昨夜からトップニュースを飾っていますが、今年のノーベル医学・生理学賞に京都大学特別教授の本庶佑先生が選ばれましたね。このブログでも関連記事を何度も紹介してきましたがんの免疫療法の薬のオプジーボの開発に繋がる研究が、受賞理由とのことです。 https://www3.nhk.or.jp/news/special/nobelprize2018/jyusho/ (https://www.nhk.or.jp/) https://www3.nhk.or.jp/news/ht..
posted by スタッフ at 08:33

2018年08月23日

オプジーボ(約4割値下げ)

厚労省が、がん治療薬のオプジーボの薬価を約4割値下げすることにしたそうです。さらに投与量が増えたことによるものだそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL8R2442L8RUBQU001.html?iref=com_apitop (https://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180823-OYTET50004/?catname=news-kai..
posted by スタッフ at 09:00

2018年04月19日

オプジーボの適用範囲の拡大申請

高額ながん治療薬として、何度も関連記事を紹介してきたオプジーボですが、今年度中に、食道がんと肝細胞がん、小細胞肺がんへの保険適用の申請が予定されているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180418/lif1804180032-n1.html (http://www.sankei.com/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%..
posted by スタッフ at 07:11

2018年03月06日

オプジーボの価格改定

これまで何度も紹介したがん治療薬の「オプジーボ」の価格が、薬価改定でさらに20%あまり引き下げられるそうです。薬価改定時期ではない去年2月に半額になりましたね。適用になるがんの種類も増え、海外との価格差を考慮しての対応だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180305/k10011352131000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (https://www..
posted by スタッフ at 00:30

2017年09月14日

2015年度の国民医療費が42兆円超

厚労省によると、2015年度の国民医療費が、前年度比1兆5573億円増(3.8%増)の42兆3644億円だったそうで、9年連続で過去最高を更新したそうです。要因として、高齢化の進行、オプジーボなどのがん治療薬など超高額薬の保険適用があげられています。 https://this.kiji.is/280591649482524151?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/n..
posted by スタッフ at 09:00

2017年09月08日

オプジーボ(胃がんにも適応)

昨年末に関連記事が出ていましたが、厚労省の部会が「オプジーボ」を胃がんにも適応拡大することで了承したそうです。具体的には、再発や遠隔転移が起きた抗がん剤治療後の胃がん患者が、対象になるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170908/lif1709080029-n1.html (http://www.sankei.com/) https://this.kiji.is/278778326873128962?c=3954674..
posted by スタッフ at 22:46

2017年08月19日

オプジーボ(副作用で重症筋無力症)

先日、バイオシミラー(バイオ後続品)についての記事でも登場した「オプジーボ」ですが、副作用として「重症筋無力症」があるそうで、PМDA(医薬品医療機器総合機構)に寄せられた副作用報告を調査したところ、頻度は低いものの重症化することが多いとの分析結果がまとめられたそうです。 https://this.kiji.is/271368247641718789?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomi..
posted by スタッフ at 06:36

2017年08月15日

バイオ後発薬で医療費削減

厚労省は、医療費削減のため、オプジーボなどのバイオ医薬品の後発薬になる「バイオシミラー(バイオ後続品)」で、公的医療保険の適用対象が、現在5種類のところを2020年度末までに10種類に倍増する計画にしたそうです。 https://this.kiji.is/269732090437877769?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) バイオ医薬品: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 05:37

2017年05月12日

オプジーボ(小児がんの治験)

がん免疫治療薬「オプジーボ」を使う臨床試験(治験)が始まったそうです。ただし、対象が小児や若い世代(1〜24歳)の患者で、国内初とのこと。神経芽腫など固形の小児がん(脳腫瘍は除く)とホジキンリンパ腫のうち、化学療法で十分な効果が得られなかった場合を対象としているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170511-OYTET50006/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomid..
posted by スタッフ at 07:35

2017年05月10日

皮膚がん抑制物質の発見

皮膚がんの一種である悪性黒色腫(メラノーマ)細胞の増殖を抑制する化合物「ACA―28」が発見されたそうです。オプジーボも適用になっていますね。 https://this.kiji.is/234606387948537337?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/170509/lif1705090047-n1.html (http://www.san..
posted by スタッフ at 06:51

2017年03月04日

オプジーボ(頭頸部がんにも)

オプジーボを頭頸部がん(再発や遠隔転移の症例)の治療にも拡大することが了承され、約1カ月後に正式承認、保険適用されるそうです。 https://this.kiji.is/210324009227994615?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASK3352WSK33ULBJ00M.html?iref=com_apitop (http://www.a..
posted by スタッフ at 22:10

2017年01月24日

オプジーボ(希少がんの治験開始)

患者が極めて少ない2種類の悪性腫瘍(明細胞肉腫、胞巣状軟部肉腫)の患者に対して、オプジーボを使った臨床試験(治験)が開始されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170124-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/se..
posted by スタッフ at 12:52

2017年01月17日

高脂血症薬でオプジーボの作用を高める

オプジーボと同じような作用のある抗体(PD1阻害抗体)に、高脂血症薬(ベザフィブラート)を一緒に使うと治療効果が高まることがマウスを使った実験で確認されたそうです。オプジーボの使用量を減らしたり、効果が弱い、あるいは認められなかった場合でも効果が高められる可能性がありそうです。 https://this.kiji.is/193817370281543163?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://ww..
posted by スタッフ at 07:29

2016年12月28日

オプジーボ(胃がんにも)

オプジーボを胃がんの治療にも使えるように、AМED(医薬品医療機器総合機構)に申請されたそうです。来年度に承認される見通しだそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJDW656CJDWPLFA00Y.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%83v%..
posted by スタッフ at 00:21

2016年12月26日

がん免疫療法の指針

がん治療で、手術、抗がん剤、放射線に次ぐ、「がん免疫療法」の指針が、日本臨床腫瘍学会によってまとめられたそうです。オプジーボなどの「免疫チェックポイント阻害剤」の登場を受けての対応のようです。主要な18種類のがんの中、推奨されるのは、肺がん、血液がん、腎細胞がんなどの6種類だそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJDR4JSVJDRULBJ001.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com..
posted by スタッフ at 07:34

2016年12月15日

オプジーボ(適正使用のためのガイドライン)

厚労省が、「オプジーボ」の肺がん患者への適用使用を促すために、患者や病院の条件を定めたガイドライン(案)を中医協に提示したそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJDG5R84JDGUBQU00G.html (http://www.asahi.com/) http://www.yomiuri.co.jp/national/20161214-OYT1T50093.html (http://www.yomiuri.co.jp/)..
posted by スタッフ at 00:30

2016年12月09日

薬価改定(2年から毎年へ)

オプジーボで注目されている薬価改定について、現行の2年毎の改定から、毎年改定に変更する方向で政府の基本方針がまとめられるようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJD73VXMJD7UTFK005.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://this.kiji.is/182176416666255364?c=39546741839462401 (http://www...
posted by スタッフ at 08:48

2016年11月30日

オプジーボ(血管肉腫に有効?)

最近、頻繁に登場する「オプジーボ」ですが、皮膚がんの一種の血管肉腫でも効果がある可能性が明らかになったそうです。1年以内に患者への効果を確認する治験を始める予定だそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJC94HL2JC9PLBJ002.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search..
posted by スタッフ at 19:10

2016年11月26日

薬価改定の制度改革案

オプジーボの薬価改定に関連して、塩崎厚労大臣から柔軟に薬価を引き下げられるように最大年4回見直しする機会を設ける制度改革案が示されたそうです。 http://this.kiji.is/174835794591237629?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJCT655MJCTUTFK01V.html?iref=com_apitop (http:..
posted by スタッフ at 12:29

2016年11月24日

オプジーボ(値下げの告示)

本日、厚労省がオプジーボの価格を現行の100ミリグラム1瓶約73万円から半額の約36万5千円に改めることを告示したそうです。適用は来年2月1日からとのこと。原則2年毎の薬価改定を待たずに価格改定は、初めてのことになります。 http://this.kiji.is/174347579499888641?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/page..
posted by スタッフ at 17:13

2016年11月16日

オプジーボ(来年2月から半額)

本日開かれた厚労省の中央社会保険医療協議会(中医協)で、「市場拡大再算定」というルールに基づいて、オプジーボの薬価を来年2月からの50%減額する提案が了承されたそうです。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS16H0P_W6A111C1MM0000/?dg=1&nf=1 (http://www.nikkei.com/) http://www.sankei.com/life/news/161116/lif1611160032..
posted by スタッフ at 16:26

2016年11月12日

オプジーボ(悪性リンパ腫にも適用)

薬価引き下げが検討されている「オプジーボ」についてのニュースで、厚労省の部会で新たに悪性リンパ腫の一種(古典的ホジキンリンパ腫)の治療への使用が了承されたそうです。皮膚がん(悪性黒色腫)、非小細胞肺がん、腎細胞がんに続いての適用になるそうです。さらに引き下げのきっかけになると思われます。 http://www.sankei.com/life/news/161111/lif1611110036-n1.html (http://www.sankei.com/) ht..
posted by スタッフ at 07:37

2016年11月10日

オプジーボ(50%引き下げで調整)

昨日も関連記事を紹介しましたが、オプジーボの薬価見直し議論で、政府は本年度中にも50%引き下げる方向で最終調整に入ったそうです。 http://this.kiji.is/169133470845222921?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/161110/lif1611100002-n1.html (http://www.sankei.com/..
posted by スタッフ at 07:29

2016年11月09日

オプジーボ(引き下げで一致)

安倍総理と日本医師会の横倉会長が会談し、薬価引き下げが検討されている「オプジーボ」の価格について、必要な患者に提供できるよう、適正な水準に引き下げるべきという認識で一致したそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161109/k10010761821000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_006 (http://www.nhk.or.jp/) オプジーボ: ht..
posted by スタッフ at 23:09

2016年11月01日

オプジーボ(海外との比較)

高額ながん治療薬「オプジーボ」について、海外との薬価の大きな違い、そうした薬価に設定されたいきさつなどを具体的に紹介した記事が出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/161030/lif1610300015-n1.html (http://www.sankei.com/) オプジーボ: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83I%83v%83W%81..
posted by スタッフ at 08:40

2016年10月29日

オプジーボ(25%超の値下げを検討)

いろいろと話題になっています新型がん治療薬「オプジーボ」について、厚労省は来年度の薬価を25%超値下げする方向で検討に入ったそうです。 http://this.kiji.is/164684153206407169?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/161030/lif1610300015-n1.html (http://www.sankei.c..
posted by スタッフ at 05:23

2016年10月24日

オプジーボの効果判別方法

高額な治療費が懸念されている「オプジーボ」の効果を、採血で判別できる方法(リンパ球の一種「Th9細胞」の増殖状況)が開発されたそうです。今回は、メラノーマ(悪性黒色腫)の患者に対してのようですが、肺がんなど他のがん患者もこのメカニズムが作用するか検証していくそうです。オプジーボについては、先日、心筋炎など重大な副作用についての報道もありましたね。 http://this.kiji.is/162938905800982536?c=39546741839462401 (h..
posted by スタッフ at 06:35

2016年10月19日

オプジーボ(重大な副作用)

高額な治療費で話題になっているがん治療薬である「オプジーボ」ですが、心筋炎を起こした患者が6名おり、うち1名が亡くなったそうで、厚労省は半数は因果関係が否定できないとして、異常が見られた場合は投与中止を添付文書に記載するように指示したそうです。これ以外にも、「免疫性血小板減少性紫斑病」や「横紋筋融解症」を発症した場合もあり、重大な副作用とされたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161018/k10010734101000.h..
posted by スタッフ at 07:38

2016年10月16日

オプジーボ(首相が値下げ指示)

高額がん治療薬「オプジーボ」の値下げの議論の中で、安倍首相は経済財政諮問会議で、「高額薬剤について対応策を具体化してもらいたい」と指示したそうです。塩崎厚労大臣も緊急値下げの実施の方針を示したそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161015-OYTET50004/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://www.asa..
posted by スタッフ at 07:15

2016年10月05日

オプジーボ(2段階値下げを検討)

3日前にも関連記事が出ていましたが、厚労省は高額な新型がん治療薬「オプジーボ」の薬価を2017年度と2018年度の2段階で値下げする方向で検討に入ったそうです。 http://this.kiji.is/156086282710302723?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.sankei.com/life/news/161005/lif1610050011-n1.html (http:/..
posted by スタッフ at 07:41

2016年10月02日

オプジーボ(値下げを要求)

8月にも関連の記事が出ていましたが、財務省は、肺がんなどの治療薬の「オプジーボ」の価格を、次回(再来年4月)の薬価改定を待たずに、臨時に引き下げる措置を実施するよう厚労省に求める方針を固めたそうです。患者1人あたり年間約3500万円もかかり、当初想定されていた30倍以上の患者に使われるようになったためのようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161001/k10010713881000.html?utm_int=news-cult..
posted by スタッフ at 00:30

2016年08月25日

オプジーボの値下げを提案

最近何度もニュースで登場していますがん治療薬「オプジーボ」について、厚労省が次回の薬価改定を待たずに、特例的に見直すことを提案したそうです。1ヶ月ほど前に、薬価を引き下げる仕組みの導入の検討に入るという記事を紹介しました。当初の皮膚がんだけでなく、昨年12月から肺がんも保険適用になり、一気に患者数が増えたための検討のようです。 http://www.sankei.com/life/news/160824/lif1608240029-n1.html (http://ww..
posted by スタッフ at 08:58

2016年08月06日

オプジーボで腎細胞がんの治療

最近頻繁に登場する抗がん剤「オプジーボ」を手術不能か転移性の腎細胞がんの治療にも使用を認めることが、厚労省の専門部会で了承されたそうです。年間4500人が対象になる見込みだそうです。オプジーボについては、ホジキンリンパ腫と頭頸部がんについても使用の承認申請が出ているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/160805/lif1608050026-n1.html (http://www.sankei.com/) http://w..
posted by スタッフ at 08:52

2016年07月29日

オプジーボの効果見極めの臨床研究

一昨日も関連した記事を紹介した肺がん治療薬の「オプジーボ」は、大変高価であり医療費の面から話題になっていますが、治療効果のあまり見込めない患者への投与を抑えることで、医療費の抑制につなげようと、効果を見極めるための約300人を対象とした大規模な臨床研究を始めることになったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010612831000.html?utm_int=news-culture_contents_lis..
posted by スタッフ at 06:29

2016年07月27日

高額な薬の価格引き下げの仕組み作り

厚労省は、がん治療薬「オプジーボ」などの高額の薬が相次いで登場していることから、患者数が増えた場合、2年に1度の薬価改定を待たずに、薬価を引き下げる仕組みの導入に向けて検討に入ったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160727-OYTET50005/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://yomidr.yomiu..
posted by スタッフ at 17:31