2020年01月07日

ゲノム編集技術(法規制を求める報告書)

厚労省の専門委員会は、ゲノム編集技術を使って人の受精卵を改変し、子を誕生させる研究や治療について、法律で禁止するように求める報告書をまとめたそうです。 https://this.kiji.is/586962800759227489?c=39546741839462401 (https://this.kiji.is/-/units/39166665832988672) https://www.sanyonews.jp/article/973369?rct=glob..
posted by スタッフ at 06:34

2019年12月30日

ゲノム編集(双子を誕生させた研究者に懲役刑)

昨年末に中国で、ゲノム編集技術で遺伝情報を書き換えた受精卵から双子が誕生し、倫理的な問題になっていましたが、中国の裁判所は、この研究者に懲役3年の判決を言い渡したそうです。罰金も科されるようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191230/k10012232411000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (https://www3.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 21:22

2019年12月05日

ゲノム編集(規制の在り方を検討)

ゲノム編集の技術を使ったヒトの受精卵から、子どもを誕生させる行為の規制について、厚労省の専門家会議が開かれ、法的な規制が必要という意見が大勢を占めたそうです。現在は、指針で研究行為が禁止されているものの、罰則はない状況にあります。今後、具体的な規制の在り方を検討していくそうです。なお、ゲノム編集だけでなく、遺伝子組み換えなど受精卵の遺伝子を制御する全ての技術について規制の対象としていくようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/2019..
posted by スタッフ at 07:56

2019年08月03日

ゲノム編集(法規制の検討を開始)

ゲノム編集で、遺伝子操作したヒトの受精卵を母体に戻し、子どもを誕生させることについて、法律で規制を検討する厚労省の専門家会議が始まったそうです。秋頃を目処に方向性を示すそうです。現在も国内で研究として行うことが指針で禁止されているものの、罰則はないとのこと。昨年、中国で双子が誕生して、世界中から懸念が表明されています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190802/k10012019421000.html?utm_int=news-..
posted by スタッフ at 08:46

2019年04月16日

ゲノム編集技術(法規制の検討)

数日前に紹介しましたゲノム編集技術によってヒトの受精卵の遺伝子改変を行い、母胎に戻す臨床応用を防止する法規制について、昨日、政府が具体的に法規制を検討する方針を明らかにしたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM4H3F5HM4HULBJ003.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/articl..
posted by スタッフ at 08:02

2019年04月12日

ゲノム編集(受精卵の臨床応用防止の法規制を検討)

ゲノム編集技術によってヒトの受精卵の遺伝子改変を行い、母胎に戻す臨床応用を防止する法規制の検討に入ったそうです。これは昨年の中国での遺伝子改変の受精卵を使った双子誕生の問題に対する世界的な動きにも対応しています。 https://mainichi.jp/articles/20190412/ddm/001/040/128000c (https://mainichi.jp/) ゲノム編集+受精卵: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 08:12

2019年03月15日

ゲノム編集技術(子どもを誕生への応用を一時禁止を)

ゲノム編集の研究者らが、人の受精卵などを遺伝子操作して、子どもを誕生させる臨床応用について、全世界で一時的に禁止するようコメントが、英科学誌ネイチャーに掲載されるそうです。昨年、中国でこの技術によって生まれた「ゲノム編集ベビー」などを踏まえての動きのようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190314-OYTET50024/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomi..
posted by スタッフ at 07:57

2018年12月16日

ゲノム編集(国際基準作成へ)

中国の研究者が、ゲノム編集技術を受精卵に使って、双子を誕生させたとの主張が国際問題になっていますが、それに対して、WHOは研究指針となる国際的な基準を作るために専門委員会を設けることにしたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181215/k10011748541000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (https://www.nhk.or.jp/) ..
posted by スタッフ at 08:17

2018年12月07日

ゲノム編集(受精卵の遺伝子操作の規制)

中国でゲノム編集技術を用いて、人間の受精卵の遺伝子を操作して双子が誕生したとの発表を受けて、参議院の厚生労働委員会で国内での規制についての質疑が行われ、厚労相は、従来の方針の通り研究指針(ガイドライン)で規制して行くとの考えだそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASLD6675JLD6ULBJ014.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asahi.com/) また、文科..
posted by スタッフ at 08:29

2018年11月29日

ゲノム編集(国際学会で発表)

昨日、紹介したゲノム編集技術を受精卵に使って、双子の女児を誕生させたとのニュースについて、当該の研究者がゲノム編集の国際会議で研究について発表をしたとの記事が出ていますが、論文も発表されておらず、具体的な情報や証拠は提示されなかったようです。この件についての反応についての記事もいくつも出てきています。また、もう一人が妊娠している可能性もあるとのこと。 https://www.asahi.com/articles/ASLCX5VX6LCXULBJ00Z.html?iref..
posted by スタッフ at 07:48

2018年11月27日

ゲノム編集で双子女児が誕生?

中国の大学で、ゲノム編集技術を受精卵に使って、双子の女児を誕生させたとのニュースが流れています。このブログでも紹介している通り、ゲノム編集技術のこうした研究への応用は倫理、技術面において問題が指摘されており、また、この研究自体、倫理や安全性の審査を経ていなかったようです。 https://www.yomiuri.co.jp/science/20181126-OYT1T50095.html?from=ytop_main3 (https://www.yomiuri.co...
posted by スタッフ at 08:47

2018年09月26日

ゲノム編集(人の受精卵に使った基礎研究)

5月から議論が続けられてきたゲノム編集の技術を人の受精卵に使った基礎研究が、来春、国内でも解禁される見通しとなったそうです。今回解禁されるのは、生殖補助医療に役立つ基礎研究に限られるそうで、これまで通り、遺伝子改変した受精卵を人や動物の胎内に戻すことは認めないそうです。文科省と厚労省が、パブリックコメントを求めるなどして、来年4月の指針の施行を目指すそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180924-OYTET5000..
posted by スタッフ at 09:50

2018年05月16日

ゲノム編集した受精卵の議論開始

1ヶ月ほど前に紹介したゲノム編集技術で人の受精卵を改変する研究についての専門委員会が、議論を始めたそうです。受精卵を壊して難病やがんの発症の仕組みを解明することや、受精卵の段階で病気の原因遺伝子を改変することの倫理的な課題などについて議論するそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180515-OYTET50013/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri...
posted by スタッフ at 08:48

2018年03月13日

ゲノム編集した受精卵の禁止

厚労省の専門委員会が、ゲノム編集技術をヒトの受精卵に使って、それを胎内に戻す臨床研究を禁じる遺伝子治療の改正指針をまとめたそうです。4月から適用するそうです。これまでは、受精卵に別の遺伝子を導入するなどして改変することは禁じられていましたが、ゲノム編集は想定されていなかったための改正とのことです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180313-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (..
posted by スタッフ at 12:51

2017年08月03日

ゲノム編集(高効率で心臓病の遺伝子修復)

アメリカで、(アメリカでは初めて)人の受精卵をゲノム編集して、肥大型心筋症の原因となる遺伝子変異を高効率で修復できたそうです。ただし、子宮に戻して成長させることは避けたそうです。 https://this.kiji.is/265524741558928887?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170803/k10011085601000.ht..
posted by スタッフ at 06:55

2017年07月11日

ゲノム編集(法規制の提言)

先月末にも関連記事を紹介しましたが、ゲノム編集技術を人の受精卵や精子、卵子に使う医療は、倫理上の懸念もあり、法律での禁止を検討すべきとの提言を、日本学術会議の専門家委員会がまとめたそうです。先日の遺伝子検査についての問題もありましたが、遺伝子レベルでの医療関連のニュースにも注目していきましょう。 https://this.kiji.is/257103378880382457?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) ..
posted by スタッフ at 08:24

2017年06月27日

ゲノム編集(生殖医療への応用は否定)

日本学術会議の専門家委員会は、ゲノム編集を人の精子や卵子、受精卵に使う生殖医療は行うべきでないとする提言をまとめることで一致したそうです。 https://this.kiji.is/252044292728505852?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) ゲノム編集: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%83Q%83m%83%80%95%..
posted by スタッフ at 07:39

2017年04月19日

ゲノム編集(審査委員会の解散)

先月、ゲノム編集による受精卵に関する指針改正についての記事を紹介しましたが、4つの学会が、これまで関係してきた「ゲノム編集」による受精卵の基礎研究の可否を審査する委員会を解散する意向を内閣府に伝えたそうです。国との間で審査体制についての認識の相違が表面化しているようですが、ゲノム編集に関する研究の進展に影響することなので、今後の展開が注目されます。 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H4Q_Y7A410C1CR0000/ ..
posted by スタッフ at 09:33

2017年04月13日

ゲノム編集(受精卵への規制)

先週紹介した「ゲノム編集」で遺伝子を修復した受精卵での出産の臨床研究についての規制について、厚労省が専門委員会を設置して、禁止するための議論を始めたそうです。年度内に指針改正を目指すとのこと。新しい技術や手法が出てくると現行の法律や指針では対応できない場合がありえますので、今後もこうした話が出てくると思われます。 http://www.sankei.com/life/news/170412/lif1704120043-n1.html (http://www.sanke..
posted by スタッフ at 08:34

2017年04月08日

ゲノム編集(受精卵で初の規制指針)

厚労省は、「ゲノム編集」で遺伝子を修復した受精卵での出産の臨床研究を、国の遺伝子治療の指針で禁止する方針を固めたそうです。これまで、受精卵に別の遺伝子導入による改変は禁止されていますが、ゲノム編集による受精卵の研究を対象にした初の国内規制となるそうです。海外では、条件付き容認、基礎研究の実施例などがあり、その是非について、国際的な議論となっているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170407-OYTET50019/..
posted by スタッフ at 06:57

2017年03月13日

ゲノム編集(正常な人の受精卵で)

中国でゲノム編集を人の正常な受精卵に使って、病気の原因となる遺伝子の修復に成功したそうです。正常な受精卵では世界初となり、改変した受精卵は子宮には戻さないとしているそうですが、より一層倫理面での議論を呼びそうです。 https://this.kiji.is/212757423335440389?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/2017..
posted by スタッフ at 12:52

2016年12月15日

ゲノム編集(人の受精卵を使った基礎研究)

政府の生命倫理専門調査会は、「ゲノム編集」技術を人の受精卵に使う基礎研究について、関連学会などが設置する合同委員会で研究内容や実施体制などを審査し、登録制にする方針を固めたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/161214/lif1612140024-n1.html (http://www.sankei.com/) ゲノム編集: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?ke..
posted by スタッフ at 08:02

2016年04月23日

ゲノム編集への初見解(指針作成へ)

先日、中国で「ゲノム編集」によるヒトの受精卵の遺伝子の改変の2例目が行われたとの記事が出ていましたが、国の生命倫理専門調査会は、ゲノム編集で遺伝情報を変えた受精卵を母体に戻すことは認めないが、基礎研究については、認められる場合があるとの初めての見解を示したそうです。これに合わせて、国内の4つの学会が、ゲノム編集が認められる基礎研究について、どのような研究が認められるのかを盛り込んだ指針を国が速やかに作成すべきとの提言を発表したそうです。 http://www3.nhk...
posted by スタッフ at 05:48

2016年04月11日

ヒト受精卵のゲノム編集(2例目)

中国で、ヒトの受精卵の遺伝子を「ゲノム編集」で改変したとの発表があったそうです。約1年前にも中国での報告がありましたので、2例目だそうです。ただし、ヒト受精卵のゲノム編集については、倫理的な問題も指摘されています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160411-OYTET50001/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) http://t..
posted by スタッフ at 12:12

2016年02月28日

ゲノム編集(ルール作り)

昨年4月に中国の研究グループが、ヒトの受精卵でゲノム編集(genome editing)を実施したというニュースがあり、その後、倫理面についての議論が活発にされてきましたが、日本学術会議は、ゲノム編集についての国内研究のルール作りを検討する分科会を設置することにしたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ2V62NMJ2VULBJ013.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 07:49

2015年08月02日

ヒト受精卵のゲノム編集の禁止

4月に中国で「ゲノム編集」技術を使って、ヒトの受精卵の遺伝子の改変を行ったとのニュースを紹介しましたが、日米の関係学会が、「人間の受精卵で利用することは、技術的、倫理的問題が解決され、社会的な合意が得られるまで厳しく禁止すべきだ」とする声明を科学誌に発表したそうです。 http://www.47news.jp/CN/201508/CN2015080101001249.html (http://www.47news.jp/) http://mainichi.jp/..
posted by スタッフ at 06:12

2015年05月03日

ゲノム編集についての反応

一週間ほど前に、中国の研究チームが、「ゲノム編集(genome editing)」技術を使って、ヒトの受精卵の遺伝子を改変したとのニュースを紹介しましたが、それに対して、安全性や倫理面などについての議論が沸騰している状況が紹介されています。 http://apital.asahi.com/article/news/2015050200022.html (http://apital.asahi.com/) http://kumw-me.seesaa.net/art..
posted by スタッフ at 06:10

2015年04月24日

ゲノム編集(ヒトの受精卵で)

中国の研究チームが、「ゲノム編集(genome editing)」技術を使って、ヒトの受精卵の遺伝子を改変したとのニュース。ヒトの受精卵では世界初の事例と見られているようです。倫理的な問題も含めて、議論が活発化すると思われます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150424/k10010059051000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://apital.asahi.com/article/..
posted by スタッフ at 06:54