2019年10月07日

プラスチックごみ(日本とタイで実態調査)

プラスチックごみによる海洋汚染の問題に対して、日本とタイの研究者が連携して、本格的な実態調査を行うそうです。ドローンでごみの発生量の解析、陸から海への流出過程の検証、マイクロプラスチックの生態系への影響など多角的に調査するようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191006/k10012115361000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_005 (https://ww..
posted by スタッフ at 09:06

2019年08月21日

タピオカの流行

厳しい暑さも影響してか台湾発のタピオカドリンクが流行っていますが、タピオカの輸入量が、去年の同時期の20倍を超えたそうです。ほとんどが台湾からの輸入だそうです。先日も紹介したプラスチックごみの問題があるので、ストローを再利用できるものにしたり、紙製にしたりなどの取り組みも紹介されています。タピオカはキャッサバを原料としていて、ほとんどが糖質ということで、タピオカミルクティー1杯が、どんぶりのごはん1杯分に相当する400 kcalもあり、飲み過ぎに注意との話も出ています。 ..
posted by スタッフ at 08:17

2019年08月19日

プラスチックごみ(初の深海での調査)

6月のG20エネ・環境相会合で議題になりましたプラスチックごみによる海洋汚染の問題ですが、海洋研究開発機構が深海の汚染状況や生態系への影響を本格的に調査することにしたそうです。水深1200mから9200mにかけて堆積物を採取して、マイクロプラスチックの量や堆積した年代を測定したり、深海生物の胃の中にマイクロプラスチックがないかなどを調べていくそうです。深海については、まだわかっていないことが多いそうです。私たちも普段の生活で出すごみの量を減らす心がけも必要ですね。 ht..
posted by スタッフ at 08:39

2019年08月10日

大学初の脱プラスチック宣言

東京農工大学は、大学としては全国初のプラスチックごみ削減の取り組みを始めたそうです(農工大プラスチック削減5Rキャンパス)。自販機は、ペットボトルはなく全て缶にし、マイボトル用の給水器を使うことで、年間約15万本のペットボトルを減らしていくそうです。また、レジ袋の有料化し、廃止を目指していくそうです。その他にも啓発活動や素材開発なども進められているようです。 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3747705.html ..
posted by スタッフ at 08:56

2019年07月16日

プラスチックごみの問題と対策

昨日は「海の日」でしたので、それに合わせて連休中に海開きをした海水浴場も多かったようですが、海洋プラスチックごみの問題や取り組みについての記事が出ていました。 https://mainichi.jp/articles/20190714/ddm/010/040/021000c (https://mainichi.jp/) https://mainichi.jp/articles/20190714/ddm/010/040/030000c (https://main..
posted by スタッフ at 08:23

2019年07月13日

ペットボトル(再生素材の使用率9割に)

昨年末にも関連記事を紹介しましたが、プラスチックごみの問題に対して、日本コカ・コーラは、2030年までにペットボトルに使用する再生素材の比率を90%にすることにしたそうです。残りの10%も植物由来の素材などにして、石油由来の素材をゼロにするそうです。親会社のアメリカのコカ・コーラのグローバル目標は、平均で50%としているそうですが、日本では使用済みボトルの回収率が高く、再生技術も進歩しているため、独自の目標値を設定したようです。G20の話などを受けて、これから色々な形でプラス..
posted by スタッフ at 06:30

2019年06月27日

プラスチックごみ(保管量の上限を倍増)

プラスチックごみについて、環境省は、国内の廃棄物処理業者による保管量の上限規制を、現在の2倍に引き上げる方針を固め、パプリックコメントを募ることにしたそうです。「G20大阪サミット2019」が明日、明後日と開催されますが、海洋プラスチックごみの問題も主要なテーマの一つになっています。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190627/k10011970411000.html?utm_int=news-social_contents_li..
posted by スタッフ at 07:59

2019年06月20日

海洋プラスチックごみ削減の提言

先日のG20エネ・環境相会合で議題になった海洋プラスチックごみの削減について、政府の有識者会議が、環境に優しい新たな素材の研究開発を進めることや、国境に近い離島の保全などを強化するため、衛星画像を使って島の状況を定期的に確認し、海洋状況表示システムで情報共有を図ることなどを求める提言をまとめたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190619/k10011957671000.html?utm_int=news-culture_..
posted by スタッフ at 08:01

2019年06月17日

G20エネ・環境相会合が閉幕

長野県軽井沢町で開催されていた「G20エネルギー・環境相会合」ですが、海洋プラスチックごみ(廃プラ)削減に向けた国際枠組みの創設などを盛り込んだ共同声明を採択し、昨日、閉幕したそうです。 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46169680W9A610C1I00000/ (https://www.nikkei.com/) https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061600254&g=ec..
posted by スタッフ at 08:36

2019年06月16日

G20エネ・環境相会合が開幕

昨日、主要20か国・地域(G20)のエネルギー・環境閣僚会合が、長野県軽井沢町で開幕しました。海洋汚染の原因として世界的な課題になっているプラスチックごみ(廃プラ)の削減や地球温暖化対策などについて、2日間に渡って議論されるそうです。日本の取り組みとして、先日紹介した「プラスチック資源循環戦略」でレジ袋の有料化などをPRするようです。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20190615-OYT1T50136/ (https://ww..
posted by スタッフ at 08:11

2019年06月12日

プラスチックごみの削減に向けて

日本から大量のプラスチックごみが海に流出した場合のシミュレーションによると、アメリカの西海岸や東南アジアなど太平洋の広範囲に漂着するなどの影響(海洋汚染、生態系への影響など)を及ぼすことが明らかになったそうです。今週末に長野で始めるG20のエネルギーや環境の担当閣僚による会合でも議論される予定だそうです。東日本大震災の時にも、海外にたくさんの漂着物があったというニュースが流れましたね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190612/..
posted by スタッフ at 08:13

2019年05月15日

プラスチックごみ(調査と分析のプロジェクト)

プラスチックごみについてのニュースが続きます。海洋に流出するプラスチックごみについて、科学的なデータが不足しているということで、海洋汚染についての調査と分析を行うプロジェクトが立ち上がったそうです。3年後を目処に成果をまとめるそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190515/k10011916111000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_002 (http://w..
posted by スタッフ at 08:12

2019年05月13日

廃プラスチック問題の現状

一昨日、バーゼル条約改正案の採択のニュースを紹介しましたが、廃プラスチック問題の現状についての記事が出ていました。処理の仕方、量の削減など対応が急がれます。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190513/k10011913761000.html?utm_int=news_contents_news-main_005 (http://www.nhk.or.jp/) プラスチックごみ: http://kumw-me.seesa..
posted by スタッフ at 08:23

2019年05月11日

バーゼル条約改正案が採択

有害な廃棄物の国際的な移動を規制する「バーゼル条約の締約国会議が、スイスのジュネーブで開催されていて、汚れたプラスチックごみを輸出入の規制対象に加える条約改正案を採択したそうです。国連環境計画(UNEP)によると、プラスチックごみに関する初めての国際的な法規制になるそうです。2021年1月から運用が開始されるそうです。 マイクロプラスチックの問題など、生態系への悪影響が問題になっていますが、日本もリサイクル資源としての途上国へ輸出していましたが、国内でのリサイクルの対応..
posted by スタッフ at 08:36

2018年11月30日

ペットボトルのリサイクル100%へ

マイクロプラスチックの問題など、世界的な課題になっているプラスチックごみの削減に向けて、国内の飲料メーカーの業界団体が2030年度までに家庭などから回収するペットボトルを100%リサイクルするとした行動計画をまとめたそうです。再生ペットボトルの使用割合も各社とも引き上げていくようです。なお、ペットボトルに飲み残しやごみが入っているとリサイクルに回せないそうですので、皆さんも回収ボックスに入れるときには注意しましょう。 https://www3.nhk.or.jp/new..
posted by スタッフ at 08:14

2018年06月09日

プラスチックごみによる海洋汚染への対策

プラスチックごみ、特にマイクロプラスチックの問題については、何度か記事を紹介して来ましたが、6月8日は「国際海洋デー」だそうです。それに因んで、年間800万トンにも上るプラスチックごみが海洋投棄され、海洋汚染が深刻化しているとして、国際社会に対して対策に取り組むように、国連事務総長が呼びかけたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180609/k10011470331000.html?utm_int=news-new_cont..
posted by スタッフ at 13:20

2017年07月21日

プラスチックごみの総量

1950年以降に世界で製造されたプラスチック製品は83億トンに達し、そのうち63億トン(東京スカイツリーの重さで約17万個分)がゴミとして捨てられたそうで、2050年には120億トンに増加すると見られているそうです。 https://this.kiji.is/260466662684427767?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19..
posted by スタッフ at 00:05