2020年03月29日

新型コロナウイルス(人工呼吸器などの増産を支援)

西村経済再生担当大臣が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に使われている人工呼吸器など医療機器の増産や治療薬の開発の支援に全力を挙げる考えを示したそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200329/k10012356391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 (https://www3.nhk.or.jp/) https://www.nikk..
posted by スタッフ at 18:06

2018年08月27日

途上国向け医療機器開発の支援

アジアの途上国に医療機器の輸出を拡大するため、厚労省と日本医療研究開発機構(AMED)が、日本の医療関連企業5社に対して、こうした国々に向けた医療機器の開発の支援に乗り出したそうです。対象の製品は5年以内の実用化を目指すそうで、例として、高精度の尿検査キット、安価な携帯型の心電計などがあるそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180827-OYTET50018/?catname=news-kaisetsu_news ..
posted by スタッフ at 16:02

2016年08月23日

医療系ベンチャーの支援部署を新設

厚労省は、来年度、がん治療の新薬や再生医療製品などの研究開発を行う医療系ベンチャー企業を支援する部署「ベンチャー等支援戦略室(仮称)」を新設することにしたそうです。数日前にも再生医療関係企業への助成制度や革新的医療機器の早期承認制度についての記事も紹介しました。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160823-OYTET50019/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yom..
posted by スタッフ at 21:18

2016年08月17日

革新的医療機器の早期承認制度

厚労省が、補助人工心臓や装着型の動作支援ロボットなど、高い効果が期待される革新的医療機器を迅速に患者に届けるために、早期に承認する制度を創設する方針を決めたそうです。具体的には、従来より少ない患者を対象にした治験(臨床試験)のデータでも製品を承認できるようにするとのこと。規模が小さいベンチャーが多いので、早期に利益確保が見込め、開発しやすくなるというメリットもあるようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160817-OY..
posted by スタッフ at 17:27

2016年05月25日

日本の医療機器産業の国際展開

アベノミクスの3本の矢の中の一つの「成長戦略」の中に、医療機器産業の成長の後押しがありましたが、国際展開するための基本計画案がまとめられたそうです。手術支援ロボットシステム、人工組織や臓器、在宅医療機器などの分野にターゲットを絞り込み、研究開発を促進する必要性と体制作りを指摘しているようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160525/k10010533911000.html?utm_int=news-culture_conten..
posted by スタッフ at 06:17

2015年06月20日

日本医療研究開発機構(第1回予算配分)

4月に発足した日本医療研究開発機構(AMED)が、今年度1400億円の予算の中、「調整費」175億円の中、第1回の145億4000万円の配分を発表し、手術支援関係の医療機器開発、iPS細胞を使った創薬、エボラ出血熱関係、若年層の希少がんの治療法開発などに配分されるそうです。 http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020150619abar.html (http://www.nikkan.co.jp/) http://mainichi...
posted by スタッフ at 06:23

2015年05月26日

医療機器開発のアイデアの実現への支援

医師などが持っているアイデアを医療機器開発に繋げる支援事業が、日本医師会によって来月から始まるそうです。開発にさらに拍車がかかることが期待されます。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=118915 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/)
posted by スタッフ at 00:15

2015年05月23日

医療機器開発の重点分野

政府は、医療機器開発の強化策の一環として、以下の5つの重点分野を指定するそうです。 〈1〉手術支援ロボット・システム 〈2〉人工心臓や人工関節 〈3〉出来る限り身体に負担をかけない放射線治療や血管内治療など 〈4〉磁気共鳴画像装置(MRI)などの「画像診断装置」 〈5〉酸素濃縮装置などの「在宅医療機器」 開発の中心的な役割は、先月発足した「日本医療研究開発機構」が担っていくようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/p..
posted by スタッフ at 09:04

2015年03月24日

医療機器開発プロモートおかやま

先週の金曜日に「医療機器開発プロモートおかやま」の設立記念セミナーが開催されました。国も医療機器開発を強力に推進していますが、岡山県でも随分前から活発に推進してきていましたが、今回、この組織を作り地元企業の医療機器分野への新規参入や販路拡大の支援をより一層強化することにしたそうです。設立趣意書は、伊原木知事のお名前で出されていました。産学共同が中心的な活動の一つとなっており、もちろん、臨床工学(技士)も重要な役割を担い得ることになります。 1.「医療機器開発プロモートお..
posted by スタッフ at 10:09

2014年10月27日

医療機器開発支援ネットワーク

政府は、新たな医療機器の開発を支援する「医療機器開発支援ネットワーク」を明日発足させ、31日から業務開始だそうです。来年4月からは、以前「日本版NIH」として頻繁に登場した「日本医療研究開発機構」が事務局を担当するそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=107223 http://kumw-me.seesaa.net/article/401329095.html
posted by スタッフ at 12:15

2014年01月07日

血液と唾液から

経産省は、血液や唾液の中に含まれるマイクロRNAの解析で初期のガン細胞を見つけ治療する技術開発のために研究機関と医療機器メーカーを5年間支援することを決めたそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140107-OYT1T00029.htm?from=main6
posted by スタッフ at 10:16

2013年02月22日

健康・医療戦略室

政府が医療機器開発やiPS細胞などを使った再生医療など技術革新を更に支援・促進するために官房長官の下に「健康・医療戦略室」を設置するそうです。本学科の梶谷先生もずっとそうした活動に関係されてきましたが、更に加速されるようで期待されます。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130222/k10015698761000.html
posted by スタッフ at 06:33