2020年01月31日

オプジーボ(有効性を見分ける手法)

がんの治療薬「オプジーボ」について、効く患者と効かない患者を、血液中のT細胞から高精度で見分ける新たな手法が開発されたそうです。高価な薬なので、効く患者のみに使用することで、医療費削減にも寄与すると期待されているようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200131/k10012266471000.html?utm_int=news_contents_news-main_005 (https://www3.nhk.or.jp/)..
posted by スタッフ at 11:15

2019年12月19日

来年度の診療報酬の改定

来年度の診療報酬の改定で、薬価を1・01%引き下げ、人件費などの本体を0・55%引き上げ、診療報酬全体では0・46%のマイナス改定とするそうです。全体の医療費が約500億円抑制できることになるそうです。 https://www.sankei.com/life/news/191217/lif1912170043-n1.html (https://www.sankei.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/201912..
posted by スタッフ at 08:18

2019年11月20日

後期高齢者医療制度の年間保険料の上限額の引き上げ

厚労省は、後期高齢者医療制度の年間保険料の上限額を現行よりも2万円値上げて、64万円にする案をまとめたそうです。高齢化が急速に進んでいるため、医療費が増大していることに対する対応の一環で、後期高齢者医療制度の保険料は2年1度見直していていて、来年度からの見直し案とのことです。国民健康保険についても保険料の2万円引き上げ案が、すでに出ているそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183491000.htm..
posted by スタッフ at 08:40

2019年11月15日

75歳以上の医療費の窓口負担

先月にも関連記事を紹介しましたが、医療制度改革で、75歳以上の人たちの医療費の窓口負担について、現在原則1割負担になっているのに対して、2割負担を導入するかどうかで攻防が激しくなっているそうです。収入で区分する、年齢で一律に対応するといったところで、意見が分かれているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASMCG51JTMCGUTFK00S.html?iref=comtop_8_06 (https://www.asahi.com/..
posted by スタッフ at 08:33

2019年11月14日

一般病院の利益率、診療報酬改定

厚労省による医療経済実態調査の結果が発表され、昨年度の病院の利益率が出ていました。医療法人運営の一般病院は2.8%の黒字、国公立の一般病院は、いずれも赤字で国立がマイナス2.3%、公立がマイナス13.2%だったそうです。人件費の増大が主な原因のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20191113-OYTET50015/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri..
posted by スタッフ at 08:07

2019年11月13日

病床数と高額医療機器の数(OECDの中でトップ)

一昨日、OECD(経済協力開発機構)の2019年版の医療に関する報告書から、女性医師についての記事を紹介しましたが、同じ報告書によると、日本の医療機関の病床数(1000人あたり13.1;平均4.7)や高額な医療機器の数が、加盟国中で最多だったそうです。CTは100万人あたり112.3台、MRIは55.2台と、いずれも加盟国平均の3倍以上だそうです。後発薬(ジェネリック)の利用も平均より低いそうです。さらに医療費を抑制するためにも、さらに効率を高める必要があると指摘されているそ..
posted by スタッフ at 08:12

2019年09月29日

2018年度の医療費

厚労省によると、2018年度に医療機関に支払われた医療費の概算総額が、42兆5713億円だったそうです。前年度比0.8%増で、過去最高を更新したそうです。高齢化と医療技術の高度化が要因とのこと。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190927-OYTET50012/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www.nikkei..
posted by スタッフ at 10:23

2019年08月23日

医療費削減のための提言(一部の花粉症を公的医療保険対象外に)

健康保険組合連合会が、医療費の抑制のための政策提言をまとめ、その中で医療機関を受診して処方される花粉症薬のうち、同じような効果の市販薬で代わりができる薬については、公的医療保険の対象外とするように求めているそうです。もし、認められると年間約600億円の削減に繋がるそうです。もちろん、服用する人たちの自己負担は増えることになります。その他にも生活習慣病の薬も、ジェネリック医薬品を優先的に処方すれば、3000億円以上も削減できるとの試算も示されているそうです。 https:..
posted by スタッフ at 14:43

2019年08月19日

予防医療の聖地

予防医療によって、病気の予防だけでなく、医療費の抑制にも効果があると言われますが、具体例としてよく取り上げられるのが、広島県呉市だそうです。予防医療の「聖地」になっているそうですが、その様子を紹介した記事が出ていました。特に糖尿病の重症化予防に力を入れ、6年間で新規に透析導入する患者数を6割も減少させて、国民健康保険の医療費を大幅に減らしたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM8H4RCDM8HULFA00Z.html?iref..
posted by スタッフ at 08:12

2019年05月15日

白血病の新型治療薬の薬価

厚労省は、有効な治療法がない一部の白血病患者らに効果が期待される「CAR−T細胞療法」の新型治療薬の「キムリア」の薬価を3349万3407円とすることにしたそうです。これから中央社会保険医療協議会に諮り、了承されると22日に公的医療保険の適用となる見通しだそうです。治療への期待とともに、高額な治療薬として医療費への影響が懸念されそうです。 https://www.sankei.com/life/news/190514/lif1905140046-n1.html (ht..
posted by スタッフ at 08:07

2019年03月28日

訪日外国人の医療費未払い

1年ほど前にも関連記事を数件紹介しましたが、外国人が日本で医療機関を利用した際の医療費の未払いの問題について、その後の状況についての記事が出ていました。厚労省によると、昨年10月の1ヶ月間で全国で約2千の病院が外国人患者を受け入れ、2割近くの372病院で医療費が回収できていないそうです。予期しない受診で全額自己負担となることや意思疎通がうまくいかないことが一因と見られていて、厚労省は外国人患者の受け入れ体制を整備していく方針だそうです。今年は、ラグビーのワールドカップがあり、..
posted by スタッフ at 08:32

2019年03月21日

抱える病気が多いほど医療費・介護費とも増加

約3万人を対象とした調査で、慢性的な病気を多く抱える高齢者ほど、年間の医療費と介護費(介護度も)が高くなるとの研究結果が発表されたそうです。「多くの病気にかかる高齢の患者を減らせれば、医療費だけでなく、介護にかかる費用も減らせる可能性がある」と指摘されています。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20190320-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news_senior-news (https:..
posted by スタッフ at 08:13

2019年02月27日

高額治療方法の費用対効果

1週間ほど前に、CAR−T細胞療法の承認についての記事を紹介しましたが、大変高額な医療費がかかるということも話題になっていました。厚労大臣が、こうした治療方法が医療保険財政に影響を与えないように、「費用対効果」の面も考慮して適正な価格設定に努める考えであることを表明されたそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190226/k10011828721000.html?utm_int=news-culture_contents_li..
posted by スタッフ at 08:18

2018年11月24日

オプジーボの効果を早期に予測する方法を開発

がん関係の記事が続きます。オプジーボを皮膚がん患者に投与して有効に作用しているかどうかを、血液中にある可溶性タンパク質「CD163」に着目して、早期に予測できる方法が開発されたそうです。オプジーボによる治療は高額医療費でもよく知られていますが、早期に目処をつけられるようにすることで、効率的に使え、また副作用のリスクも低減できるものと期待されているようです。 https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201811/20181124_13012..
posted by スタッフ at 08:59

2018年11月21日

廃棄される抗がん剤が738億円分も

薬関係の記事が続きます。日本国内で使われている抗がん剤のうち、使わずに廃棄されるのが、年間738億円に上っているそうです。バイアル単位で売られているため、残ってしまう分が廃棄されてしまうためというのが主な理由のようです。3年ほど前に紹介した記事で、ドラッグ・バイアル・オプティマイゼーション(DVO:Drug Vial Optimization)という言葉が出て来ましたが、単回使用後に廃棄されるのを複数回利用する体制を整えることで、大幅な医療費削減に繋がりそうです。 ht..
posted by スタッフ at 08:27

2018年11月12日

就業中の禁煙

就業時間中、禁煙としている企業が増えているそうです。健康の問題、生産性の低下などを解消でき、医療費などの社会保障負担の軽減にも繋がることから、こうした動きになっているようです。学生の皆さんの中でも喫煙習慣のある人は、早めに卒煙しましょう。 https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181110-OYT1T50145.html?from=ytop_main6 (https://www.yomiuri.co.jp/) 禁煙: http..
posted by スタッフ at 08:26

2018年11月08日

新薬と既存薬での年間治療費の大きな差

中医協(中央社会保険医療協議会)による検証で、抗がん剤などの新薬を使った場合の治療費について、既存薬を使った場合と比べて、年間500万円以上高くなることがわかったそうです。この結果を受けて、厚労省で薬価の見直しをするかどうかの検討を行って行くようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181107/k10011701711000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_006 (..
posted by スタッフ at 08:15

2018年10月15日

がんの治療薬(有効な投与期間の臨床研究)

がん治療略について、肺がんの患者を対象に、投与する適切な期間を調べるための大規模な臨床研究が開始されるそうです。ノーベル賞の受賞でさらに注目されているオプジーボなども含まれるようですが、投与期間が短縮できれば、副作用の抑制や医療費の削減に繋がると期待されているようです。先日も、オプジーボの投与を中止してからもしばらく効果が持続するという研究もありましたね。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181013/k10011670571000..
posted by スタッフ at 09:28

2018年10月05日

オプジーボ(使用中止後も効果持続)

本庶先生のノーベル賞受賞で注目されている「オプジーボ」ですが、使用を中止してからも、肺がん患者の免疫を高める効果が20週間以上続くとする研究結果が発表されたそうです。高額な医療費負担が問題になっており、今後、こうした研究を積み重ねて、中止期間が設けられるようになるかもしれないとのこと。その一方で、副作用も続く可能性も指摘されているようです。 https://www.asahi.com/articles/ASLB44FNWLB4PLBJ001.html?iref=com_..
posted by スタッフ at 08:37

2018年08月09日

たばこによる損失が2兆円超

厚労省の研究班が、平成27年度のたばこの害による損失を推計したところ、医療費を含めて2兆500億円に上ることがわかったそうです。その中には、たばこが原因で病気になり、それに伴い必要になった介護費用2600置円、たばこが原因で発生した火災による損失980億円、吸い殻の処理などの清掃費用なども含まれているそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180808/lif1808080041-n1.html (http://www.sankei..
posted by スタッフ at 08:23

2018年07月06日

病気腎移植(条件付きで先進医療に)

厚労省によると、「病気腎移植」について、条件付きで医療費の一部に保険が適用される「先進医療」とすることが、承認されたそうです。実施条件として、ドナーだけでなく、レシピエントの適格性についても第三者を交えて審査することを前提にしているそうです。来月以降に確認作業を踏まえて告示され、手術が実施されるようです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180705/k10011511061000.html (https://www.nhk.or..
posted by スタッフ at 10:56

2018年06月25日

抗がん剤の廃棄量を減らして医療費削減

以前、DVO(Drug Vial Optimization)という考え方を紹介しましたが、注射用抗がん剤について、厚労省は安全に複数回使用するための注意点をまとめ、全国の医療機関に通知したそうです。高額な抗がん剤の残薬の廃棄により、年間738億円が無駄になっているそうで、その量を減らすことで、大幅な医療費削減が期待されます。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180625-OYTET50019/?catname=news-ka..
posted by スタッフ at 14:49

2018年06月15日

自分の医療情報をネットで確認可能に

政府は新たなIT戦略の一環として、個人の医療情報を自分自身で把握できるように、過去の特定健診のデータや医療費、投薬などの履歴をネット上で確認できるシステムを構築することにしたそうです。2020年度以降、順次始める方針だそうです。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180615/k10011478921000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_001 (https://www...
posted by スタッフ at 11:21

2018年06月14日

医療費未払いの再入国拒否

海外から日本を訪れる観光客数は、昨年1年間で3000万人近くだったそうですが、滞在中に病院を受診して、医療費を払わずに出国するケースが相次いでいるため、そうした外国人の再入国を拒否する方針を固めたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20180613-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) https://www...
posted by スタッフ at 08:53

2018年04月30日

外国人観光客の未払い医療費

ゴールデンウイーク前半が始まりましたね。日本全国、どこも混雑していると思います。そんな中、外国人観光客が日本国内で受診した時の医療費が未払いにされたままになるケースがあり、観光客が増える中、問題が広がっているようです。未払い記録のある人が再入国しようとしても入国を拒否するなどの対策案が出ているそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASL4W3Q6ZL4WULBJ002.html?iref=com_api_med_mednewstop ..
posted by スタッフ at 07:32

2018年04月12日

社会保障費抑制に向けての具体策

財務省の財政制度等審議会で、社会保障費の抑制に向けて、医療関係でいくつか具体策を提示されたそうです。費用対効果が低い新薬の保険適用を見送ること、少額の受診については一定の追加負担を求めることなどが含まれているそうです。今後、高額の新薬や医療技術が出てくることが予想され、それ以外の費用の増加を抑えたいという考えのようです。臨床工学技士にも関係することですね。 https://www.asahi.com/articles/ASL4D2DB4L4DUBQU001.html?i..
posted by スタッフ at 08:35

2018年03月20日

経済状態と炭水化物の摂取量

経済状態と食事の関係についての研究で、経済的に苦しい人ほど、炭水化物中心の食事に偏りやすいことがわかったそうです。欧米では、以前からよく言われてきたことですが、日本でも同じような状況であることがわかったと言うことのようです。偏食でもそう言うことは起こり得ると思われますが、炭水化物の摂り過ぎは、肥満や生活習慣病に繋がりやすく、経済的に苦しい方々は、病気になっても医療費の負担がしにくい場合があり、状態を悪化してしまう可能性も懸念されます。 https://www.asahi..
posted by スタッフ at 09:35

2018年01月19日

受動喫煙対策についてのアンケート結果

今週初めに、喫煙や受動喫煙で、合計で1兆4900億円もの医療費がかかったとの記事を紹介しましたが、受動喫煙対策について、20歳以上の男女千人に対するアンケートで、以下の通りの結果となったそうです。 「飲食店の広さに関係なく全面禁煙とするべきだ」が、49・9% 「広さによって禁煙、一部禁煙(喫煙)、喫煙と分けるべきだ」が、33・5% 「広さに関係なく全面喫煙とするべきだ」が、6・3% 何らかの規制を求めている人たちが多いということのようですが、厚労省での検討の結..
posted by スタッフ at 09:29

2018年01月15日

喫煙・受動喫煙で医療費1兆4900億円

厚労省の研究班によると、たばこが原因で平成26年度に100万人以上が、がんや脳卒中、心筋梗塞などになり、直接的な喫煙で1兆1700億円(79万人)、受動喫煙も3200億円(24万人)、合計で1兆4900億円もの医療費がかかったそうです。内訳では、がんが最も多く、7千億円を超えていたと見られるようです。 http://www.sankei.com/life/news/180115/lif1801150022-n1.html (http://www.sankei.com/..
posted by スタッフ at 08:52

2017年12月30日

抗がん剤の廃棄分を減らして医療費節減

先月にも関連記事を紹介しましたが、高額な抗がん剤の廃棄量を減らすことが、医療費削減のための課題の一つとなっているようです。そこで、閉鎖式接続器具を使うことで廃棄分を減らし無駄なく使用することで、年間560億円の節減の可能性があるとの研究結果が出たそうです。年間7566億円の出荷実績の中、推計で年間738億円分が廃棄されているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171229-OYTET50007/?catname=ne..
posted by スタッフ at 08:26

2017年12月03日

たばこ税の増税

政府・与党は、8年ぶりに「たばこ税」を1本あたり3円増税する方針を固めたそうです。ただし、2018年度から2021年度まで3回に分けての実施の方針のようです。また、「加熱式たばこ」も増税する方針だそうです。税収増だけでなく、喫煙率の低下、そして医療費削減にも繋がるでしょうか。 http://www.asahi.com/articles/ASKD26R5JKD2ULFA009.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) ..
posted by スタッフ at 08:19

2017年11月28日

メタボ対策に積極的だと公費を配分

厚労省は、国民健康保険の財政を改善するために、メタボリック症候群(メタボ)予防を目的として、特定健診の受診率やジェネリック医薬品の使用割合、保険料の収納率などの評価指標を設定して点数化し、医療費抑制に努めている自治体は点数が上がり、優先的に公費(総額1000億円規模)が配分される仕組み(インセンティブ制度)を構築するそうです。すでに2016年度から「保険者努力支援制度」を実施しているそうですが、2018年度から本格的に実施するそうです。 https://yomidr.y..
posted by スタッフ at 16:51

2017年11月25日

薬価制度の抜本改革案

厚労省は、中央社会保険医療協議会(中医協)に薬価制度の抜本改革案を示したそうです。ジェネリック(後発医薬品)が普及している先発薬の価格を大幅に引き下げること、薬価改定を原則2年に1度から、毎年実施することなどを盛り込んだそうです。今後、業界団体からのヒアリングを行って、年内にまとめるそうです。実現すると、かなりの医療費削減効果が見込めるようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20171124-OYTET50019/?catn..
posted by スタッフ at 00:10

2017年11月18日

抗がん剤(年間720億円が廃棄)

抗がん剤は高価なものが増えていますが、総額の約7%、すなわち年間約720億円分が、廃棄されているとの試算が出たそうです。8月にも関連記事を紹介しましたが、より効率良く使うことで、医療費の削減につながる可能性があるようです。こうした状況に対して、厚労省は今月から、抗がん剤の残薬を他の患者に安全に活用する調査研究を始めたそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASKCJ52P0KCJULBJ00G.html?iref=com_apitop ..
posted by スタッフ at 06:30

2017年11月17日

ジェネリック医薬品の値下げ

5月にも関連記事を紹介していますが、2020年9月までにジェネリック医薬品(後発薬)の使用割合を80%にする目標が掲げられています。そこで、厚労省は、医療費抑制のため、年末にまとめる薬価制度改革の原案として、ジェネリック医薬品が普及している薬を大幅に値下げし、画期的な新薬への加算を厳格化することを柱としていくそうです。 https://this.kiji.is/303937987270591585?c=39546741839462401 (http://www.47n..
posted by スタッフ at 07:45

2017年10月25日

新薬の費用対効果

厚労省は、医療費抑制策の一環として、高額な新薬の薬価に「費用対効果」を反映させようとしていますが、既存の薬と比べて1年間の延命に500万円以上多くかかる場合は、薬価の引き下げの対象とする方針を固めたそうです。既に2016年度から試行的に導入されていますが、2018年度の薬価改定で価格の引き下げが行われるようです。ただし、関係業界からの反発も想定され、今後の展開が注目されます。 https://this.kiji.is/295493716614825057?c=39546..
posted by スタッフ at 08:44

2017年10月21日

75歳以上の医療費の窓口負担

現在、75歳以上の人は、窓口負担が原則1割となっていますが、2割に引き上げる改革案が出ているそうです。いろいろな課題も含んでいるようですので、実施に向けては調整が難しそうです。 https://this.kiji.is/294068703103665249?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 高齢者+医療費: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keywo..
posted by スタッフ at 08:27

2017年10月21日

残薬問題への取り組みの現状

残薬の問題は、正しく服用されていないために、治療効果が出ない、症状が悪化するということだけでなく、多くの医療費が無駄遣いになることにもなり、こうした問題に関する記事を何度か紹介してきました。現在、薬剤師を中心とした取り組みが進んでいる様子を紹介した記事が出ていました。 http://www.sankei.com/life/news/171020/lif1710200008-n1.html (http://www.sankei.com/) 残薬: http://..
posted by スタッフ at 08:21

2017年09月28日

iPS細胞(腎性貧血の改善)

ヒトiPS細胞から、エリスロポエチン(EPO)を産生する細胞を作製し、マウスに移植して腎性貧血を改善することに成功したそうです。EPOの定期的注射による治療には、年間1千億円ほどの医療費がかかっているそうです。今回の結果は、細胞移植による治療法の開発に繋がる可能性があるようです。なお、4年前に腎性貧血のマウスが開発された時の記事も紹介しています。 http://www.asahi.com/articles/ASK9W4GBCK9WPLBJ001.html?iref=co..
posted by スタッフ at 08:41

2017年09月27日

手術不要な乳がんの判定マーカー

これまでにも乳がんについての記事を紹介してきましたが、手術が不要で完治するタイプの乳がんの判定に役立つ遺伝子「HSD17B4」が世界で初めて発見されたそうです。効果が確認されると、5%くらい(年間3000〜5000人ほど)は手術が不要になるそうで、患者負担の軽減、医療費抑制にも繋がると期待されているようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170926-OYTET50000/?catname=news-kaisetsu_n..
posted by スタッフ at 08:21

2017年09月16日

2016年度の概算医療費(14年ぶりに減少)

一昨日、2015年度の国民医療費についての記事を紹介しましたが、2016年度の概算医療費(国民医療費の約98%に相当)が厚労省から発表され、前年度より2千億円少ない41兆3千億円で、14年ぶりに減少に転じたそうです。高額治療薬の薬価引き下げなどが主な要因のようですが、75歳以上の医療費は伸び続けていて、再び増加する可能性がありそうです。今後、医療費を抑制するための取り組みも進んでいくと思われます。 http://www.asahi.com/articles/ASK9G6..
posted by スタッフ at 21:14

2017年09月14日

2015年度の国民医療費が42兆円超

厚労省によると、2015年度の国民医療費が、前年度比1兆5573億円増(3.8%増)の42兆3644億円だったそうで、9年連続で過去最高を更新したそうです。要因として、高齢化の進行、オプジーボなどのがん治療薬など超高額薬の保険適用があげられています。 https://this.kiji.is/280591649482524151?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/n..
posted by スタッフ at 09:00

2017年08月28日

高齢者の医療費

高齢者への医療費の増大についての記事が出ていました。例として、学生の皆さんも講義を受けている「経カテーテル的大動脈弁留置術(TAVI)」が取り上げられていますが、費用は約700万円。2013年から保険適用となっているので、自己負担は少ないけれども、保険料や公費の負担が大きいとのこと。超高齢者に対して、どこまで使うのかという議論はこれからのようです。 http://www.asahi.com/articles/ASK8T4VY3K8TUTFL009.html?iref=c..
posted by スタッフ at 08:41

2017年08月25日

日本版NICEで費用対効果を評価

医療費削減のために、医薬品や医療機器の費用対効果についての議論が進んでいますが、政府はイギリスの国立医療技術評価機構(NICE)をモデルにした組織を設けて、評価の低い高額薬を値下げする仕組みを来年度から本格導入するそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK8Q7G0TK8QUTFL00Y.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 費用対効果: http://kumw-me.se..
posted by スタッフ at 09:45

2017年08月15日

バイオ後発薬で医療費削減

厚労省は、医療費削減のため、オプジーボなどのバイオ医薬品の後発薬になる「バイオシミラー(バイオ後続品)」で、公的医療保険の適用対象が、現在5種類のところを2020年度末までに10種類に倍増する計画にしたそうです。 https://this.kiji.is/269732090437877769?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) バイオ医薬品: http://kumw-me.seesaa.net/pages/u..
posted by スタッフ at 05:37

2017年08月13日

抗がん剤の残薬対策

残薬についての記事を何度か紹介してきましたが、厚労省が抗がん剤の残薬を他の患者にも有効活用できるように多角的な調査研究を行い、安全基準を作るそうです。うまく行けば、数百億円規模の医療費削減が期待されるそうです。 http://www.sankei.com/life/news/170812/lif1708120010-n2.html (http://www.sankei.com/) 残薬: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user..
posted by スタッフ at 08:07

2017年07月18日

医療機器の再利用

医療機器で、シングルユース(single use)、ディスポ(disposable)、使い捨てなどの言葉を耳にすると思いますが、1回の使用で廃棄する医療機器について、厚労省は、許可を得た製造業者が洗浄・滅菌などをして、医療機関に再出荷・再活用できるようにするために、品質や安全性に関する審査基準を新たに作り、今月下旬から実施を目指しているそうです。医療費削減に繋げられることが期待されますし、医療廃棄物を減らすことも出来そうです。 https://yomidr.yomiur..
posted by スタッフ at 17:07

2017年06月28日

指定難病(患者などからの申請でも検討)

指定難病についての記事は、何度か紹介してきましたが、厚労省は、その他の極めて稀な病気についても、患者や家族などからの申請があれば、医療費助成の対象の指定難病への追加の検討を行う方針を固めたそうです。これまでに330の疾患が指定されています。 https://this.kiji.is/252344393527967745?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) https://yomidr.yomiuri.co.jp..
posted by スタッフ at 08:34

2017年05月31日

世界禁煙デー

今日は「世界禁煙デー」です。受動喫煙対策の問題がクローズアップされていますが、WHОによると、喫煙による死者は年間700万人以上もいて、その8割以上が低・中所得国に集中しているそうです。また、医療費によって、1兆4千億ドル(約155兆円)もの経済損失を与えているそうです。 https://this.kiji.is/242224334571472381?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3...
posted by スタッフ at 07:21

2017年05月09日

子どもの健康づくり(生活保護世帯)

厚労省が生活保護世帯の子どもに対する健康づくり支援に乗り出すそうです。子どもの貧困の問題が注目されていますが、こうした子ども達には肥満や虫歯が多く、生活習慣病の発症のリスクも高いとして、適切な生活習慣を身につけられるように指導し、健康維持と医療費抑制に繋げることが目標のようです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170509-OYTET50009/?catname=news-kaisetsu_news (https://y..
posted by スタッフ at 12:35

2017年05月07日

受動喫煙(必要な医療費3233億円)

厚労省の研究班の推計によると、非喫煙者が受動喫煙によって肺がんや脳卒中、虚血性心疾患になって必要とした医療費が、2014年度1年間で3233億円に上っていたそうです。受動喫煙対策の議論で、重要な資料となりそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASK4W6H5JK4WULBJ00L.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) https://yomidr.yomiuri.co.jp/a..
posted by スタッフ at 06:24

2017年04月24日

所得が低いほど治療中断の可能性大

日本医療政策機構が行った調査によると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病の治療を中断した252人を対象に、その理由を尋ねたところ、「医療費の負担が大きかった」が25%、「通院の手間」が31%、「仕事や家庭環境の変化」が27%だったそうです。「医療費の負担」について世帯収入別で見たところ、400万円未満は34%で、治療中断の理由のトップだったそうです。400万円以上800万円未満は24%、800万円以上は17%となり、所得に応じた負担感の違いが反映されているようです。 htt..
posted by スタッフ at 13:03

2017年04月21日

メタボ健診(罰金対象の大幅拡大で)

厚労省は、特定健康診断(メタボ健診)の受診率の低い健康保険組合や共済組合への「罰金(75歳以上が加入する後期高齢者医療制度への支援金)」を増やすとともに、対象範囲も大幅に広げる方針を固めたそうです。現在は0.1%以下が対象となっているところ、2018年度以降は57.5%未満を対象とするそうです。こうした対策で受診率を上げて、将来的に医療費削減に繋げていくのが狙いのようです。 http://www.asahi.com/articles/ASK4N53Y2K4NUTFK00..
posted by スタッフ at 08:12

2017年04月15日

遠隔診療の保険適用を拡大

厚労省は、2018年度の診療報酬改定で、保険適用になる遠隔診療の対象を拡大することにしたそうです。この中で目玉となるのが、重症化すると透析などで医療費が高額となる糖尿病患者を遠隔でモニタリングして、かかりつけ医の指導を受けられるようにして、重症化を予防することだそうです。また、日常的な健康指導や疾病管理も進めていくそうです。また、医師不足が深刻な地域への対応にもなるということのようです。 http://www.asahi.com/articles/ASK4G03P8K4..
posted by スタッフ at 08:20

2017年04月12日

メタボ対策で罰則と報奨を強化

厚労省は、医療費抑制を目指して、メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)対策、すなわちメタボ対策のための特定健診の受診者が少ない企業の健康保険組合に対して、高齢者医療への拠出金を増やすなど財政的なペナルティーを大幅に強化する方針にしたそうです。すなわち、社員の保険料が上がる可能性があるということですが、逆に成果を上げれば報奨も強化されるそうです。 https://this.kiji.is/224574914560622596?c=39546741839462401..
posted by スタッフ at 07:22

2017年01月27日

費用対効果も重視

日本医療研究開発機構(AМED)は来年度から、支援対象の研究の選定基準について、医療費の高騰を抑えるために、これまでの「治療効果」に加えて、「費用対効果」も重視する方針にするそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170126-OYTET50025/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 日本医療研究開発機構: http://kum..
posted by スタッフ at 00:20

2017年01月11日

喫煙による経済損失が116兆円超

WHOがたばこの世界経済に与える影響についての報告書を発表し、医療費などで年間1兆ドル(116兆円)以上の損害を与えているとのこと。各国にたばこへの課税強化などの対策を求めているようですが、日本も喫煙人口は約2500万人で世界7位になっているそうです。 https://this.kiji.is/191719548808134658?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 喫煙: http://kumw-me.se..
posted by スタッフ at 12:06

2016年12月31日

セルフメディケーション(スイッチОTC薬で減税)

去年の夏に紹介した「セルフメディケーション」を具体的に奨励するシステムが始まるようです。「スイッチОTC薬」と呼ばれる薬の購入費が年間1万2千円を超えた場合、税負担が軽減される医療費控除の特例制度が、明日からスタートするそうです。 https://this.kiji.is/187828656944956924?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.townnews.co.jp/0601/20..
posted by スタッフ at 17:02

2016年12月16日

高齢者の医療費負担

高齢者の高額療養費制度の見直しで、医療費負担についてのニュースがいろいろと出てきていますが、70歳以上の中間所得層の外来医療費の負担限度額は、来年8月には現行から2千円引き上げて、月1万4千円とする案のようです。また、新たに年間の自己負担にも上限を設定し、来年度から上限額を14万4千円とする案のようです。そして、再来年8月には1万8千円に引き上げるようです。これによって、来年度は、410億円ほどの支出抑制効果が見込まれているそうです。 http://this.kiji...
posted by スタッフ at 09:24

2016年12月13日

指定難病(24疾患の追加決定)

10月はじめに関連記事を紹介しました「無虹彩症」や「前眼部形成異常」などの24の疾患を指定難病に追加する方針が決まったそうです。既に306疾患の症状が重い患者に限って、医療費助成が行われています。今回追加の疾患については、来年度から助成が始まるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161212/k10010804231000.html?utm_int=news-culture_contents_list-items_004 (..
posted by スタッフ at 07:58

2016年12月08日

健康ポイント制度で医療費削減効果

昨年度から各自治体で導入されてきている「健康ポイント制度(ヘルスケアポイント)」で、医療費を抑制する効果があることが初めて実証されたそうです。これまでにも健康作りへの動機付けになることは確認されていたようですが、この制度の事業費を上回る医療費抑制効果があるということがわかったことで、更に導入する自治体が増えそうです。加えて、健康になると生産性も上がりますし、もっと経済効果はありそうですね。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161208..
posted by スタッフ at 13:00

2016年12月07日

高脂血症で年700億円以上の損失

高脂血症の患者が心臓病を発症した場合、医療費や生産性低下による社会的損失は、少なくとも年間700億円に上るとの調査結果が発表されたそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161207-OYTET50010/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 高脂血症: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/s..
posted by スタッフ at 12:18

2016年11月29日

後期高齢者の保険料の引き上げ

厚労省は医療費抑制のための2017年度から公的医療保険制度の見直し案として、後期高齢者の所得が比較的低い、あるいは扶養家族になっている人たちの保険料の特例軽減を廃止して段階的に引き上げるそうです。327万人が対象になるそうです。高額療養費制度でも70歳以上の優遇措置を縮小する計画だそうです。 http://this.kiji.is/176015066209140743?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) htt..
posted by スタッフ at 07:44

2016年10月23日

2023年に医療費51.2兆円?

政府の有識者調査会によると、保険診療による国民医療費が、このままのペースでいくと2023年には51.2兆円に達するとの推計値が出たそうです。先日紹介したように2014年度が40兆8071億円でしたので、10兆円以上増えることになってしまいます。効率的なベッドの使い方、ジェネリック医薬品の普及、糖尿病対策などで、削減できる部分もあるようですが、生活習慣の改善など普段からの対策も重要ですね。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/2016..
posted by スタッフ at 08:10

2016年10月12日

糖分の多い飲料に課税すれば

飲料に含有される糖分の問題について、これまでにも何度か記事を紹介しました。メキシコではジュース税を導入したところ、飲料の消費量を減らすことに成功した例も紹介されましたが、WHOは、糖分の多い清涼飲料水に20%以上課税すれば、摂取量が減り、肥満や糖尿病そして医療費を減らせるとの報告書を発表したそうです。メキシコに続いて、イギリス、フィリピン、南アフリカも導入を検討しているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161012/k100..
posted by スタッフ at 07:17

2016年10月07日

立って仕事して健康に

仕事中の座り過ぎを防止するため、立って作業したり、なるべく歩くようにするなどの取り組みを行っている企業の様子が紹介されています。今年から経産省と東証が、「健康経営銘柄」を選定したとの記事を以前紹介しましたが、こうした取り組みで、健康増進、医療費抑制、仕事の効率アップすなわち業績アップ、コミュニケーションの改善、企業イメージアップなどが期待されるようです。私たちも普段の生活で、多少の“不便”を取り入れておくのが良さそうですね。 http://www.sankei.com/..
posted by スタッフ at 06:19

2016年09月29日

医療費(一昨年度分、40兆8071億円)

2014年度にかかった医療費(患者自己負担、公費負担、保険からの給付の合計)は、40兆8071億円であったそうです。高齢者の増加、高額な医療機器や薬剤の増加が要因と見られているようです。1人当たりでは平均で32万1100円だったそうですが、やはり高齢者がそれ以外の人達の約4倍かかったそうです。2週間ほど前に紹介しました2015年度の速報値は41兆5千億円でした。今後も増加が続くと見られています。 http://www.asahi.com/articles/ASJ9X51..
posted by スタッフ at 07:21

2016年09月28日

後期高齢者の保険料軽減廃止を検討

厚労省によると、増え続ける医療費を賄うために、75歳以上の後期高齢者医療制度で、低所得者の保険料を軽減している特例を来年度から段階的に廃止する方向で検討に入ったそうです。2014年頃にも関連する記事を紹介しました。 http://this.kiji.is/153547266827175414?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 現行の後期高齢者の保険料軽減措置について(厚労省): http://www.mhl..
posted by スタッフ at 06:04

2016年09月24日

メタボリックシンドローム(生活保護で高い割合)

数日前に所得と高血圧との関係についての記事を紹介しましたが、厚労省によると、生活保護を受けている男性の32.7%がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)で、喫煙者が43.0%だったそうです。保護を受けていない場合は、メタボが21.0%、喫煙が33.7%だったそうです。健康への関心の低さ、安くて高カロリーのジャンクフードなどに食事の偏りなどが原因と見られているようです。生活保護費の約半分が医療扶助が占めていて、医療費を減らすために受給者への対策をまとめていくそうです。学生の..
posted by スタッフ at 06:44

2016年09月14日

医療費(昨年度41.5兆円で過去最高)

厚労省から昨年度の医療費の速報が発表され、前年度比3.8%増の41.5兆円で、13年連続で過去最高を更新したそうです。調剤の伸びが顕著だったようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ9F569FJ9FUTFK00P.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://this.kiji.is/148361346325956090?c=39546741839462401 (h..
posted by スタッフ at 07:52

2016年08月29日

保健医療費のGDP比

OECD(経済協力開発機構)に加盟する先進35カ国について、GDPに占める保健医療支出の割合のデータが公表され、日本は11.4%で加盟国中3位にだったそうです。ただし、1人あたりで見ると15位でした。今後も高齢化や高額薬剤の影響でさらに増加していく可能性があるとのこと。 http://www.sankei.com/life/news/160828/lif1608280036-n1.html (http://www.sankei.com/) 医療費: http:..
posted by スタッフ at 08:59

2016年08月26日

病気腎移植(継続審議に)

今月初めに「病気腎移植」の可否について審査が始められるという記事を紹介しましたが、厚労省は腎臓を丸ごと摘出する基準が不明確だとして、医療費の一部を保険診療とする「先進医療」への指定の可否を継続審議とすることに決めたそうです。 http://this.kiji.is/141486244579966979?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/article/440..
posted by スタッフ at 06:44

2016年08月25日

オプジーボの値下げを提案

最近何度もニュースで登場していますがん治療薬「オプジーボ」について、厚労省が次回の薬価改定を待たずに、特例的に見直すことを提案したそうです。1ヶ月ほど前に、薬価を引き下げる仕組みの導入の検討に入るという記事を紹介しました。当初の皮膚がんだけでなく、昨年12月から肺がんも保険適用になり、一気に患者数が増えたための検討のようです。 http://www.sankei.com/life/news/160824/lif1608240029-n1.html (http://ww..
posted by スタッフ at 08:58

2016年08月21日

AIが糖尿病の改善・予防のアドバイス

医療への応用が推進されている人工知能(AI)ですが、経産省が、医療費削減のため、AIを使って糖尿病の改善や予防に繋げる助言システムの開発を始めるそうです。個人ごとに運動や食事などの最適な生活習慣の改善方法などをアドバイスしてくれるそうです。これから糖尿病患者のいろいろなデータを収集してデータベース化して、2017年度中の完成を目指しているそうです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160820-OYT1T50026.html (h..
posted by スタッフ at 09:16

2016年07月29日

オプジーボの効果見極めの臨床研究

一昨日も関連した記事を紹介した肺がん治療薬の「オプジーボ」は、大変高価であり医療費の面から話題になっていますが、治療効果のあまり見込めない患者への投与を抑えることで、医療費の抑制につなげようと、効果を見極めるための約300人を対象とした大規模な臨床研究を始めることになったそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160729/k10010612831000.html?utm_int=news-culture_contents_lis..
posted by スタッフ at 06:29

2016年07月23日

生活保護者の健康管理を強化

厚労省のよると、現在、生活保護の受給者の医療費は年1.7兆円を超えているそうで、受給者の方々は、運動不足、安価で高カロリーかつ低栄養価の食事(ジャンクフード:junk foodなど)を摂取しがちなので、健康管理を強化する方針を固めたそうです。調査によると、受給者の健康診断を実施している自治体は6割、健診の結果を健康管理に活用していたのは2割に満たなかったそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160722-OYTET50..
posted by スタッフ at 08:33

2016年07月22日

高額新薬の使用指針

厚労省は、高額な新薬について、その薬剤に適した患者を選んで使用する仕組み(薬ごとの患者や医師の条件を定めた適正使用の指針策定)を新設する方針を固めたそうで、医療費と同様に薬剤費についても抑制が検討されているようです。今月下旬の有識者会議で原案を示して、今年度からの導入を目指しているそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160721-OYTET50020/?catname=news-kaisetsu_news (htt..
posted by スタッフ at 07:36

2016年07月12日

糖尿病の重症化防止実験(ウェアラブル端末)

経産省が、今月から大手企業や自治体、医療機関が参加して、糖尿病予備軍の人らの運動量をウェアラブル端末で分析し、重症化を防ぐ実験を始めるそうです。それによって、医療費削減に繋げる狙いがあるようです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ7D2JHGJ7DUBQU004.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http://www.asahi.com/articles/ASJ7C4RL6..
posted by スタッフ at 12:12

2016年06月26日

MRSAで医療費増加

厚労省の研究班によると、薬剤耐性菌の「メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)」のため、年間医療費約1900億円増加し、死者も1万4千人増加しているとの推計結果が出たそうです。 http://www.asahi.com/articles/ASJ6K42NGJ6KULBJ003.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) 耐性菌: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search..
posted by スタッフ at 07:25

2016年06月23日

糖尿病の外来医療費

厚労省によると、糖尿病の一人あたりの外来医療費を比べると、都道府県間で最大1・7倍の開きがあったそうで、今後、各都道府県に生活習慣の改善などを促していくそうです。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160623-OYTET50038/?catname=news-kaisetsu_news (https://yomidr.yomiuri.co.jp/) 糖尿病: http://kumw-me.seesaa.net/pa..
posted by スタッフ at 21:44

2016年06月20日

健康長寿社会のための研究を本格推進

文科省は、健康長寿社会の実現のため、老化の仕組みの解明、加齢に関連した病気の予防などの研究を本格的に進める方針を固めたそうです。健康寿命の延長とともに、医療費や介護費の削減にも繋がると期待されます。 http://this.kiji.is/117308111704080389?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) 健康寿命: http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search..
posted by スタッフ at 06:29

2016年05月07日

健康増進に交付金配分

ここ数年、医療費抑制の高まりと相まって、健康増進の取り組みが進んでいますが、厚労省は、メタボ対策や糖尿病予防、ジェネリックの使用割合の向上などの健康増進などで成果を上げた自治体に交付金を配分する制度を開始する方針にしたそうです。今秋にも制度の詳細を提示して、年度内に始めるそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160507/k10010511441000.html?utm_int=news-new_contents_list-it..
posted by スタッフ at 07:18

2016年04月28日

医薬品と医療機器の費用対効果を検討

昨年末に厚労省が医薬品と医療機器の価格について、「費用対効果」を確認し医療費増加を抑制する仕組みの導入を検討しているとの記事を紹介しましたが、今年度からこの仕組みを導入することになり、医薬品7品目、医療機器5品目が試験導入の対象に決まったそうです。対象になったのは、肺がんなどの免疫治療薬、C型肝炎治療薬、大動脈の生体弁など革新的で価格が高く、売上高が大きい薬や医療機器だそうです。臨床工学技士を目指す皆さんも、経済性についてのしっかりした視点を持つことも大切ですね。 ht..
posted by スタッフ at 00:30

2016年04月08日

健康経営優良法人の認定制度

経産省と厚労省は、医療費抑制のため、今秋から社員や職員の健康作りに力を入れている中小企業や医療法人を認定する制度を創設するそうです。2020年に1万社の申請と500社あまりの認定を目指していくそうです。要件として、 〈1〉有給休暇の取得や敷地内での禁煙を推進している 〈2〉社員全員が健康診断を受診している などがあるようです。 大企業については、経産省と東京証券取引所が連携して、「健康経営銘柄」の制度が既に実施されているそうです。 https://yomid..
posted by スタッフ at 06:48

2016年03月31日

医療分野での来年度からの変化

明日から新年度でいろいろと変わることが多いですが、医療費も大病院の受診で紹介状なしの初診では5000円以上の定額負担が発生したり、入院時の食事代の負担がアップしたりするようです。また、一昨年末から話の出ていた混合診療において、「患者申し出療養制度」がスタートします。 http://www.asahi.com/articles/ASJ3Y3WK7J3YUTFL004.html?iref=com_apitop (http://www.asahi.com/) http..
posted by スタッフ at 13:22

2016年03月23日

子どもの医療費の助成制度

厚労省の「子どもの医療制度の在り方等に関する検討会」が、子どもの医療費を助成している地方自治体に、国が国民健康保険の国庫負担を減額する措置について、見直すよう求める報告書を了承したそうです。昨年7月にも関連した記事を紹介しましたが。ただし、減額措置を廃止した場合の財源をどうするかという課題を解決する必要があります。 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160323-OYTET50044/?catname=news-kaisets..
posted by スタッフ at 12:43

2016年03月14日

心膜を使った僧帽弁膜症の手術

心膜を使った僧帽弁膜症患者の新しい手術方法が開発されたそうです。これまでは弁形成手術や人工弁置換が行われてきましたが、合併症や血栓などの問題があったそうです。新しい方法では、自己組織で拒絶反応がなく、服薬も不要で、医療費もかなり節約できるとのこと。現在、臨床研究が行われている段階のようです。 http://www.yomiuri.co.jp/science/20160313-OYT1T50073.html?from=ytop_main9 (http://www.yom..
posted by スタッフ at 00:10

2016年02月03日

禁煙治療を受けやすく

昨年後半頃から検討が進められてきた禁煙外来の保険適用について、35歳未満の人については現在の基準の対象外として禁煙治療を受けやすくして、健康増進、肺がんなどの医療費抑制に繋げる案が、中医協(中央社会保険医療協議会)で了承されたそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160203/k10010395671000.html (http://www.nhk.or.jp/) http://this.kiji.is/67517786..
posted by スタッフ at 17:40

2015年12月31日

医薬品と医療機器の費用対効果

厚労省は、医薬品や医療機器の価格について、特に高額で革新性の高いものを対象に「費用対効果」を確認し、医療費増加を抑制する仕組みを導入するそうです。 http://mainichi.jp/articles/20151231/k00/00m/040/121000c (http://mainichi.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%88%E3%97%C3%94%EF
posted by スタッフ at 08:59

2015年12月25日

禁煙治療の対象の拡大

10月に関連記事を紹介しましたが、厚労省が禁煙治療について保険適用対象者を20歳代にも広げる検討を始めたそうです。喫煙関連の病気の減少で最大350億円の医療費削減が見込まれているそうです。決定されると来年の診療報酬改定から運用されるようです。 http://www.yomiuri.co.jp/national/20151224-OYT1T50103.html (http://www.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.ne..
posted by スタッフ at 07:10

2015年12月18日

在宅医療患者数が15万人超

厚労省の調査によると、昨年、在宅医療を受けた外来患者数は15万人あまりと推計されたとのことです。医療費抑制のために在宅医療が推進されていますが、対応できる施設が増えてきたと考えられているようです。 http://this.kiji.is/50158331285685753?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASHDK4WQQHDKULBJ00G.ht..
posted by スタッフ at 00:20

2015年12月16日

ジェネリックの薬価引き下げ拡大

厚労省は、医療費抑制のため、最近よく話の出てくるジェネリック医薬品への転換を更に拡大する方針を固めたとのこと。発売後5年経過しても置き換え率が60%未満だったところを70%未満の医薬品まで対象にして、価格を引き下げるとのこと。また、販売額が大きな医薬品についても特例的に価格を引き下げるそうです。こうして捻出した財源を基にして医師の人件費や技術料などを引き上げる方向で調整しているそうです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151216/..
posted by スタッフ at 19:47

2015年12月04日

薬価引き下げ

来年度の診療報酬改定で、高齢化のための社会保障費の増額分の捻出のため、医薬品と医療材料を合わせた「薬価部分」を引き下げる方針を固めたそうで、医療費を6千億円あまりを圧縮できるようです。 http://this.kiji.is/45192982558868983?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151204/k10010328901000.h..
posted by スタッフ at 07:34

2015年12月02日

ジェネリック医薬品(原則5割に引き下げ)

中央社会保険医療協議会(中医協)で、ジェネリック医薬品の販売価格が、来年度から新薬の原則5割に引き下げることが大筋了承されたそうです。医療費抑制に繋がることが期待されています。 http://this.kiji.is/44718341934089716?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010326851000.html ..
posted by スタッフ at 19:51

2015年11月25日

診療報酬改定に向けて

2016年度の診療報酬改定に向けて、政府は厳しい胃財政状況を踏まえて、引き下げる方向で調整に入ったそうです。マイナス改定は2008年以来の8年ぶりだそうです。しかし、前回も実質マイナスでしたので、2回連続のマイナス改定となるようです。 http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015112401002122.html (http://www.47news.jp/) http://www.yomiuri.co.jp/politics/20..
posted by スタッフ at 08:54

2015年11月06日

日本の医療費(GDPに占める割合の急増)

医療費に関連したニュースがもう一つ。OECD(経済協力開発機構)の報告書によると、日本のGDPに占める医療費の割合が急増しているそうです。医薬品費の伸びが最大の原因とのこと。ジェネリック医薬品の普及率が他の国々に比べてかなり低く、更なる使用の推進が必要なようです。入院費用も大きく、在宅や病院以外の施設における長期療養の検討も必要なようです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=125978 (http://www.y..
posted by スタッフ at 06:05

2015年11月06日

複数回に分けて調剤可能に

厚労省が処方箋による調剤を数回に分けて受け取れる仕組みの検討に入ったそうです。残薬を減らせる、通院回数を減らせるなどのメリットがありそうです。決まれば、来年度から導入されるようです。最近、ジェネリック医薬品の話も頻繁に出てきていますが、医療費削減にも貢献しそうです。 http://www.47news.jp/CN/201511/CN2015110501001770.html (http://www.47news.jp/) http://kumw-me.seesa..
posted by スタッフ at 00:03

2015年11月05日

日本医療研究開発機構(6テーマが採択)

日本医療研究開発機構(AMED)によって2015年度事業として採択された6テーマが発表されました。合計で2億1000万円程度だそうです。 要素技術開発タイプ ● 酵素阻害アプタマーを用いた高感度簡易迅速疾病診断法の開発、東京農工大学池袋一典 ● メチル化DNAオートコレクターの開発、東京大学岡本晃充 ● 電子顕微鏡技術に基づくがん診断法の開発、浜松医科大学菊池寛利 先端機器開発タイプ ● 次世代乳がんスクリーニングのためのマイクロ波散乱場断層イメージングシ..
posted by スタッフ at 06:22

2015年10月20日

補助人工心臓の年間医療費

補助人工心臓を使っている患者が、1年間健康に暮らせる指標(QALY=クオリー)の計算式を使い、必要な1年間の医療費を算出したところ、1人当たり1104万円だったそうです。透析が688万円だったそうです。 http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=125154 (http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/) http://kumw-me.seesaa.net/pages/user/search/?..
posted by スタッフ at 07:38

2015年10月08日

医療費が40兆円超

2013年度の医療費が40兆610億円に達したそうです。7年連続での記録更新で、40兆円を超えたのは、統計を取り始めた1954年度以来初めてだそうです。高齢化、医療技術の高度化などが要因と見られています。 http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100701001412.html (http://www.47news.jp/) http://apital.asahi.com/article/news/2015100700014...
posted by スタッフ at 06:54