2020年03月18日

がん(10年後の生存率が57.2%)

国立がん研究センターなどの研究班が、2006年までの4年間に全国の19の主ながん専門病院で診断された8万人あまりのデータを分析した結果、がん患者の10年後の生存率は、全体で57.2%だったそうです。 がんの種類別(高い順): ▼前立腺がんで97.8% ▼女性の乳がんが85.9% ▼甲状腺がんが84.1% ▼子宮体がんが81.2% など がんの種類別(低い順): ▼すい臓がんは5.3% ▼肝臓がんが15.6% ▼胆のうがん・胆道がんが18.0% ▼..
posted by スタッフ at 08:30

2019年12月14日

がん患者の5年後生存率

全国のがん患者の5年後の生存率の最新データが、国立がん研究センターから発表されました。全体で66.4%とのこと。種類別では、高い順に、前立腺がんが98.8%、乳がんが92.2%、子宮体がんが82.2%、咽頭がんが80.6%、腎臓がんが80.1%、子宮頸がんが75.0%、大腸がんが72.6%、胃がんが71.4%、膀胱がんが68.4%だそうです。一方、低い方では、膵臓がんが9.8%、胆のうがんが29.3%、肝臓がんが40.4%、肺がんが41.4%、食道がんが45.7%、腎盂尿管が..
posted by スタッフ at 15:57

2019年07月31日

肝臓がんを兵糧攻め

近畿大学などの研究チームによると、肝臓がんの治療で、抗がん剤(レンバチニブ)で小さくした後に、残ったがん細胞に栄養を運ぶ血管に、カテーテルを使って抗がん剤とスポンジのような物質を入れて血管を閉塞して、兵糧攻めにする方法によって、患者の生存期間が約2倍に伸びたそうです。 https://www.asahi.com/articles/ASM7Y5GJCM7YPLBJ00G.html?iref=com_api_med_mednewstop (https://www.asah..
posted by スタッフ at 17:27

2018年09月12日

がん患者の3年生存率

国立がん研究センターによると、平成23年に全国の「がん診療連携拠点病院」でがんと診断された患者の3年後の生存率は、がん全体で71・3%だったそうです。がんの種類別では、肺がんが49・4%、食道がんが52・0%、肝臓がんが53・6%と比較的低く、前立腺がんは99・0%、乳がんは95・2%、子宮体がんは85・5%と比較的高かった。そして、膵臓がんは15・1%に留まっていたそうです。 http://www.sankei.com/life/news/180912/lif1809..
posted by スタッフ at 08:50

2016年12月21日

がん死亡率(目標に届かず)

去年の前半にも関連記事を紹介しましたが、2015年までの10年間の75歳未満のがん死亡率を20%減少させるとしていた国の目標に対して、実際には15.6%の減少に留まったそうです。肝臓がんは減少が加速した一方、大腸がんや肺がんは減少が鈍くなったそうです。ここのところ話題になっているたばこ対策やウイルス感染制御、がん検診などの対策が十分に効果を上げていないためと見られているようです。こうした状況を踏まえて、「次期がん対策推進基本計画」が来年夏までにまとめられるそうです。 h..
posted by スタッフ at 19:25

2016年11月24日

不規則な睡眠で肝臓がんに

アメリカの研究グループによるマウスの実験で、睡眠が不規則になり体内時計が乱れることによって、肝臓がんになりやすくなるという結果が出たそうです。人でも同じような状態になる可能性があるようです。数日前に睡眠時間についての記事を紹介しましたが、やはり規則正しい睡眠もとても重要ということのようです。 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161124/k10010782051000.html?utm_int=news-culture_content..
posted by スタッフ at 07:44

2016年05月09日

脂肪肝の発症の仕組み

脂肪肝の発症や非アルコール性脂肪肝炎の進展に、肝臓のある酵素(PEMT)が関わっていることがわかったそうです。過剰な飲食などにより、この酵素が働かなくなるようです。治療薬の開発に繋がることが期待されます。 http://this.kiji.is/101939474658985465?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H3C_Y6A..
posted by スタッフ at 07:27

2016年04月12日

肝臓がん(遺伝子変異で6分類)

肝臓がんについての研究で、遺伝子変異の種類によって6群に分類され、群によって治療のしやすさ(再発や転移の危険性)に大きな違いがあることがわかったそうです。今後、治療の仕方の決め方にも活用される可能性がありそうです。 http://this.kiji.is/92274100219379720?c=39546741839462401 (http://www.47news.jp/) http://www.asahi.com/articles/ASJ4C4TS2J4CU..
posted by スタッフ at 10:43